クイックルワイパーは掃除機と併用することで部屋をよりキレイにします!

花王のベストセラー商品「クイックルワイパー」。今回は、このフローリング掃除の便利アイテムの効果的な使い方を取り上げます。クイックルワイパーの特徴をうまく掴めば、掃除の効率が格段に上がるだけでなく、より綺麗にフローリングを掃除することができるようになるはずです。ぜひ参考にして実践してみましょう。

クイックルワイパーがあれば掃除機はいらない?

床拭きをする女性、ワイパー、部屋、ソファー

クイックルワイパーは掃除機の代用になるのでしょうか? その疑問に答えます。

クイックルワイパーだけでフローリング掃除はできる

まず結論から言うと、クイックルワイパーだけでフローリングの掃除を完結させることは可能です。掃除機がなくとも、クイックルワイパーのヘッド(先端)部分にシートを使い分けて大きなゴミ取りから水拭きまですべて出来ます。掃除機はフローリングを傷つけやすいので、気になる人はクイックルワイパーですべて代用したほうがいいでしょう。

そもそもクイックルワイパーとは?

クイックルワイパーは、フローリングを掃除する時に使う「フロアワイパー」の一種です。花王が販売している掃除道具のベストセラー商品で、多くの人に愛用されています。

最大の特徴は、クイックルワイパーのヘッド部分に使い捨てタイプのシートを取り付ける仕組み。ウェットシートタイプとドライシートタイプがあり、それを使い分けて掃除をすることができるのが魅力です。

また、使い捨てタイプなので、クイックルワイパーの手入れがいらないというのもポイント。ヘッド部分にシート型のワックスを付ければ簡単にワックスがけを行えるということから、非常に便利です。

クイックルワイパーのメリットとは?

クイックルワイパーはとても軽くて丈夫なので、女性でも簡単に扱うことができます。場所を取らないので、置き場所にも困りません。また、音もなく、ホコリが舞わないので、そういう点でも掃除機以上のメリットがあります。さらに、クイックルワイパーはヘッド部分のシート(ウェットタイプ・ドライタイプ)を付け替えるだけでシチュエーションに応じた掃除ができます。

持ち手が縮小するので、小回りが利き、伸ばして天井掃除も可能です。一人暮らしの方は、掃除する面積も少ないので、クイックルワイパーだけでだいたいの掃除ができます。掃除機いらずです。

クイックルワイパーのデメリットとは?

クイックルワイパーは、掃除機と比べると、大きなゴミを除去する能力は劣っています。

もちろん、クイックルワイパーをチリトリのように使えば、ホコリや髪の毛などの大きなゴミを集めて掃除することはできますが、すぐに付け替えシートが汚れてしまうので少々手間がかかりますし、コストパフォーマンスも悪くなります。

基本的にクイックルワイパーはゴミを取る量には限界があると考えてください。また、フローリングの溝に入り込んだ細かいゴミなども取りにくいです。その場合は、掃除機で吸い込むか、別の方法でゴミを掻き出す必要があります。

クイックルワイパーと掃除機の併用

掃除機,コピースペース

掃除機と併用したほうが、実はクイックルワイパーの良さが引き立ちます。その理由を説明します。

併用したほうが効果が高い

クイックルワイパーだけでフローリングの掃除を完結させることはできますが、掃除の質を高めるという意味では、クイックルワイパーと掃除機を併用するのがもっともベストな方法です。

大きなゴミは掃除機、取りこぼしたゴミや掃除機でフォローしきれなかった箇所はドライタイプのシートを装着したクイックルワイパー。この使い分けがコツです。また、掃除機はフローリングのシミや皮脂汚れを除去できないので、ウェットタイプのシートで対応します。

併用する際の手順やコツ

最初はフローリングに落ちているホコリや髪の毛などの大きなゴミを取り除きましょう。

ここでは掃除機が活躍します。ここでクイックルワイパーを使うと、大きなゴミがシートをあっという間に汚してしまい、すぐに取り換えなくてはならなくなります。大きなゴミは壁際に溜まりやすいので、掃除機をかける時は「壁際→部屋の中心」の順番にかけると効率よくゴミを吸い込むことができます。

掃除機をかけ終わったら、フローリングの木目や溝に細かいゴミが挟まっていないかチェックしましょう。もしも挟まっていたら、もう一度掃除機をかけて吸い込むか、それでも取れない場合はヘラや使い古しの歯ブラシ、つまようじなどで取り出しましょう。この細かいゴミを放っておくと、そこがダニの住処となり、アレルギー症状を引き起こしてしまうので要注意です。

掃除機がけと挟まったゴミとりが終わったら、クイックルワイパーでフローリング全体を乾拭きします。その際は、ドライタイプのシートでOKです。飲み物をこぼしたシミや皮脂汚れが目立つなら、ウェットタイプのシートに付け替えて拭きましょう。

クイックルワイパーのドライシートとウェットシート

フローリングワイパー

ドライシートとウェットシートは、それぞれどのような特徴やメリットがあるのでしょうか。

ドライシートの特徴

クイックルワイパー フロア用掃除道具 ドライシート出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B00EOHQPHC/

クイックルワイパー フロア用掃除道具 ドライシート 40枚

ドライタイプのシートとウェットタイプのシート、比較するとそれぞれにどんな特徴があるのでしょうか? ドライシートは、汚れを絡めとる機能があります。細かいチリや髪の毛がシートの繊維に絡みつき、ゴミを集めることができます。

ウェットシートの特徴

クイックルワイパー フロア用掃除道具 立体吸着ウエットシート 出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B01GTEEYCK/

クイックルワイパー フロア用掃除道具 立体吸着ウエットシート 32枚

ウェットタイプのシートは、飲み物をフローリングにこぼした時に付いたシミや、生活の過程で付着した皮脂汚れを拭き取る際に役立ちます。なので、順番的には「ドライシート→ウェットシート」が理想です。最初にウェットシートを使ってしまうと、フローリングに落ちているゴミが付着してしまうので、効果が損なわれてしまいます。

クイックルワイパーを効率良く使うために

床拭きをする女性、ワイパー、部屋、ソファー

クイックルワイパーを実際に使うとわかるのですが、実は普通に使用すると、シート部分は「端」のほうにゴミが集中します。それは、力がシートの端にかかるからです。シートの中央部分は、力が伝わりにくく、効率よくゴミを集められないのです。それではシートを無駄遣いしているようで嫌ですよね。

そんな時は、クイックルワイパーのヘッドとシートの間に、段ボールの切れ端や引っ越しによく使う「プチプチ」を挟むテクニックを駆使しましょう。シートの表面に凸凹が出来るので、フローリングに触れる面積を増やすことができるのです。これで効率よく掃除が可能となります。ぜひ実践してみてください。

ワイパー掃除機

シャープ コードレスタイプワイパー掃除機 EC-FW18-B出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B078YV51YV/

シャープ コードレス スティック型クリーナー 拭き掃除機 EC-FW18-B

先程も説明したように、フローリング掃除の理想は、掃除機とクイックルワイパーの併用です。

しかし、二つの掃除道具を使うのはやや面倒ですよね。時間を確保できるタイミングなら問題はありませんが、忙しい時は大変です。そんな悩みを解消する便利なアイテムをみなさんに紹介しましょう。シャープから発売されている掃除機「EC-FW18」は、なんと掃除機とワイパーが合体した画期的な掃除道具。

市販のフローリング用のシートを掃除機のヘッドに装着するだけで、掃除機がけとワイパーがけが同時に出来てしまうんです。しかもハンディ型なので、どんな場所でもスイスイと掃除可能。まさに主婦の味方と言わんばかりのスグレモノです。

最後に

床拭きをする女性、ワイパー、部屋、ソファー

クイックルワイパーは、軽くて丈夫、騒音の心配も一切ないので非常に便利なアイテム。仕事で帰宅が遅くなった夜も問題なし。汚れに気づいた時にサッと掃除ができるのが嬉しいところです。

とはいえ、クイックルワイパーだけでは取り切れない汚れもあるので、週末などの時間を確保できるタイミングで掃除機と併用してクイックルワイパーを使いましょう。

床拭きをする女性、ワイパー、部屋、ソファー

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる