生ゴミの処理方法7選!消臭対策や意外なモノを使った捨て方

黒いゴミ箱に入った生ゴミ

毎日出る生ゴミの処理方法どうしていますか?ただゴミ箱に捨てるだけなら楽なのですが生ゴミはニオイの問題もありますよね。とくに暑い日には生ゴミのニオイが発生しやすく、きついニオイがしますよね。毎日のことなので正しい生ゴミを処理方法を知って、ニオイやコバエなどが発生することを予防しましょう。生ゴミの正しい処理方法と消臭方法を合わせてご紹介します。

生ゴミの処理方法!意外と知られていない方法も!

生ゴミ、バナナの皮

①新聞紙に包んで捨てる

生ゴミって水分が出ますよね。その水分をしっかり吸ってくれる新聞紙に生ゴミを包んでからゴミ箱に捨てます。あまり水分のない生ゴミならチラシで包んで捨てるのも良いです。

生ゴミは水分を吸ってくれない袋に入れて捨てるとニオイが発生しやすいのですが、なぜか新聞紙に包んでから捨てるとニオイが軽減されるんです。やはり水分を吸ってくれるというところに消臭効果もあるのではないでしょうか。

②緑茶の出がらしなど、消臭効果のあるものを混ぜて捨てる

ゴミとして出る消臭効果のあるものって想像できますか?たとえば、緑茶の出がらしや抽出した後のコーヒーの粉です。どちらにも消臭効果があることで知られていますよね。

緑茶やコーヒーは毎日飲むという人も多いのではないでしょうか。生ゴミと緑茶の出がらしや抽出した後のコーヒーの粉を一緒に新聞紙に包んでからゴミ箱に捨てれば、より生ゴミから発生するニオイを軽減させることができます。事前にゴミ袋の底に入れておいても良さそうです。

③生ゴミが臭わない袋に入れて捨てる

コストがかかってしまうので懸念される人もいらっしゃるかもしれませんが、劇的に生ゴミのニオイを抑えることができる袋があります。

生ゴミが臭わない袋として売られているものなのですが、生ゴミを処理するために作られた袋なので、しっかりニオイを抑えてくれます。実際に使って見ると、こんなにも臭わなくなるのかと驚くほどの消臭効果があります。

驚異の防臭袋 BOS (ボス) 生ゴミが臭わない袋 生ゴミ処理袋【袋カラー:白】 (Mサイズ 90枚入)

④生ゴミ用の消臭防臭スプレーを拭きかけて捨てる

ゴミ箱から生ゴミのニオイが臭ってきたらシュッと拭きかけるだけでニオイを消してくれる、生ゴミ用の消臭防臭スプレーがあります。

ドラッグストアやスーパーなどの身近なお店で売られています。キッチンの三角コーナーにシュッと拭きかけておいても良いですし、生ゴミが出る度にシュッと拭きかけておくと防臭することができます。

消臭力 生ゴミ用 スプレー 消臭剤 シトラスミントの香り 200ml

⑤生ゴミ用の消臭芳香剤を使う

生ゴミのニオイを強力に消してくれる芳香剤があります。ゴミ箱のフタの裏の部分に張り付けて使用します。

芳香剤の香りが苦手な人の場合、甘い香りのものを選ぶとムッとしてしまうかもしれませんが、フルーティーな爽やかでスッキリとした香りのものを選ぶとそれほど気にならないと思います。

【まとめ買い】ゴミ箱の消臭力 消臭芳香剤 ゴミ箱用 生ごみ コバエよけ効果プラス メントールスカッシュの香り6個 (2個入×3個)

⑥家庭用の生ゴミ処理機を使う処理方法

数万円ほどする効果なゴミ箱ですが、家庭で簡単に生ゴミを処理することができる処理機があります。

熱で処理してくれるタイプやバイオで処理してくれるタイプなど様々なタイプがあります。処理機によって処理された生ゴミは肥料としてリサイクルすることもできますので、家庭菜園をされている人にもおすすめです。

外に生ゴミ用のゴミ箱を置くことができない場合にも家庭用の生ゴミ処理機ならキッチンに置いて使用することができるので便利です。

島産業 家庭用生ごみ減量乾燥機 【パリパリキューブ ライト】 トリコロール PCL-31-BWR

⑦おむつ用の防臭袋に生ゴミを入れて捨てる

ママならではの生ゴミの処理方法なのですが、おむつのニオイをしっかり防臭してくれる袋なので、生ゴミのニオイも驚異的に防臭しながら捨てることができます。

おむつを捨てるとき、ついでに生ゴミも一緒に入れて捨てると無駄がありません。

子育て中のママがおむつ用の防臭袋をたくさんまとめ買いすることがあると思いますが、おむつを卒業して袋だけが余ってしまうこともありますよね。

そんなときは捨ててしまわずに生ゴミの処理に使うようにすると良いのではないでしょうか。

驚異の防臭袋 BOS (ボス) おむつが臭わない袋 赤ちゃん用 おむつ 処理袋 【袋カラー:ピンク】 (SSサイズ 200枚入)

まとめ

黒いゴミ箱に入った生ゴミ

生ゴミのニオイって本当にイヤなニオイですよね。魚料理の後など処理方法に困ってしまうような、もともとニオイのきつい生ゴミもあります。

生ゴミ用のゴミ箱を外に置いていても、窓から入ってくる風と一緒に生ゴミのニオイが臭ってくることもあるのではないでしょうか。

消臭効果や防臭効果のあるアイテムを上手く使って、イヤなニオイやコバエの発生を防ぎたいですよね。

この記事のタイトルとURLをコピーする

よくある質問

  • 物を捨てられない人はなぜ?

    ・「後で使うかもしれない」と思ってしまう
    ・物を捨てることは悪いと感じてしまう
    ・物が近くにあると満足する

    >> 詳しくはこちら

  • 断捨離のやり方は?

    1、物を分類する:必要な物・不要な物・保留する物、と3つに分類していきます。
    2、捨てるルールを作る:「〇年以内に使わなかったら捨てる!」「壊れたものは捨てる」などのルールを自分で作り、そのルールを守る意思を持ちましょう。断捨離では手放す基準は「1年間使わなかったもの」だそうです。
    3、意識を変える:物を捨てることは「物への執着を減らすことになり心が自由になる」、不要な物を捨てることは「大切なものだけが残る」などと、捨てることに対する意識を変えていくのもおすすめです。
    4、一度に全部捨てようとしない:一度に物を減らそうとすると挫折しやすくなります。少しずつ片付けて、小さな目標から達成させていきましょう。

    >> 詳しくはこちら

黒いゴミ箱に入った生ゴミ

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る