外付けHDDの処分方法!正しい廃棄の仕方や費用、NG行為まで

パソコンを使う際外付けHDDを使う方も少なく無いですよね。新しいパソコンを買うときにHDDもついでに買い替えてしまおうと考える方も多いのではないでしょうか。しかし、買い換えるときに、きちんとしたHDDの処分方法を知っている方はどのくらいいるでしょうか?「ただゴミに捨てるだけじゃないの!?」と思ったあなたは要注意です。今回は、外付けHDDのデータの消去方法から処分の方法まで詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にして正しく外付けHDDを処分できるようにしましょう。

外付けHDDは処分する前に「データ削除」が必須

壊れたHDD

外付けHDDを処分するときには必ず「データ削除」をしましょう。HDDはパソコンにつなげればデータを見ることができます。そのまま捨ててしまい、悪い人に拾われてしまった場合悪用されてしまう可能性があります。

個人情報が漏れてしまえば自分自身はもちろん周りの家族や友人までも危険に晒してしまうことになります。とても怖いですよね。手間にはなってしまいますが、きちんとデータを削除することはとても大切になってきます。

また、物理的に破壊してデータ消去する場合はきちんと徹底的に壊すようにしましょう。外付けHDDは意外と頑丈できちんと破壊しておかないとすぐにデータが復活してしまいます。手順は以下でお伝えするので、手順を守ってデータを削除するようにしてくださいね。

処分したいcのデータ削除方法

外付けHDD

外付けHDDを処分する方法は2つあります。2つの方法をどっちもおこなって処分することが望ましいですが、状況に応じて選ぶようにしましょう。

ソフトウェアを使ってデータを削除する方法

  1. HDDに削除ツールが入っている場合はそのツールを起動する
  2. HDDにツールが入っていない場合は販売元のHPからダウンロードする
  3. 手順に沿って削除する
  4. 作業が終わったら完了

外付けHDDには元からデータを削除するツールが入っている場合と入っていない場合があります。入っている場合はそのツールを利用しましょう。入っていないときは、HPからダウンロードしてください。

削除の方法が説明書を読んでもわからない場合は、販売元に直接問い合わせをしてみるなどして手探り状態で削除作業をしないようにしましょう。

また、今はHDDを消去してくれる業者もあります。失敗するのが怖かったり、自分でやりきる自信が無い方は思い切って業者に頼むのも1つの手です。

物理的に壊してデータを削除する方法

  1. ネジを外して外のプラスチックを取る
  2. 蓋を開ける
  3. 円盤を叩いて壊す
  4. 基盤を硬いもので叩いて壊す
  5. 完了

まずはネジを取って中身を直接叩ける状態にしましょう。外側からいきなり叩いても中のデータを記録する部分まで破壊することは難しいです。きちんとネジで外して、中身が見える状態で叩いて壊すようにしてください。円盤を叩くのみだとデータを復活させることができてしまいます。

基盤がくっついているので基盤の部分もドライバーなどを使って破壊するようにしましょう。円盤や基盤を破壊するときは、プラスチック片や金属片が飛び散ります。破壊作業をするときは、外で長袖・長ズボン・軍手・目を保護する眼鏡をかけて作業するようにしましょう。

小さいお子さんやペットが周りにいるところで作業をしないように気をつけるようにしてください。手を出してケガをしてしまう可能性もあります。

外付けHDDの処分方法とそれぞれの費用

作業着をきている男性

ここからは外付けHDDの処分方法をご紹介します。方法は全部で4種類です。自分に合った方法を選んで処分するようにしましょう。

粗大ゴミとして出す方法

外付けHDDは粗大ゴミとして処分することができます。地域によっては小型家電として処分する地域もあるので事前にきちんとHPや電話で問い合わせをしてから処分するようにしましょう。

小型家電として処分する場合はゴミの集積所に持っていくのではなく、市役所などに置いてあるボックスに入れて処分するので注意してください。この方法はお金もかからず手軽ですが、自分で責任を持ってデータを削除するようにしましょう。

オークションやフリマサイトを使った方法

オークションやフリマサイトに出品するという方法もあります。出品するときはきちんとデータを消去するようにしてください。掲載用の写真は前・裏・(傷があったら)傷のところを撮っておくのがおすすめです。

特に傷は事前に言っておかないと後々トラブルの原因になるので慎重にしましょう。商品の詳細を入力する際も、細かく書いておくと買う側も安心するので、買い手が付きやすくなります。自分で価格を付けられるためリサイクル店よりも高値で買い取ってもらえる可能性が高くなります。

値段を付ける際には少し調べて、同じものを出品している人はどのくらいの値段を付けているのか調べてみて参考にすると良いでしょう。

パソコン・家電量販店に依頼する方法

パソコン・家電量販店に依頼するという方法もあります。この方法は特に買い替えを考えている方におすすめしたい方法です。パソコン・家電量販店ではデータ削除のサービスをおこなっているところがたくさんあります。

プロにやってもらえるので削除漏れの心配もなく、安全に処分してもらうことができます。また、不安なことをすぐに相談できるのも安心できるポイントです。値段は1,000〜2,000円程度でやってもらうことができます。

買い換える場合にも何らかの割引やサービスを受けられる可能性が高いので、買い換える場合はパソコン・家電量販店に依頼してみてください。

不用品回収業者に依頼する方法

外付けHDDを回収している不用品回収業者もいます。データを削除してくれる業者もいれば、自分で行わなければいけない業者もいるので注意しましょう。データ削除してくれないところに頼む場合は、自分でデータを削除してください。

料金も業者によって無料でできるところもあれば、処分費用が掛かってしまうところもあります。見積もりをきちんと出してもらって業者を選ぶようにしましょう。また、見積もりは2〜3社取るのがベストなので覚えておきましょう。

外付けHDDを処分する際の注意点は?

HDDをトンカチで壊そうとしている

ここからは処分する際の注意点をご紹介します。

  • 物理的に壊す場合は外でやる
  • データはきちんとバックアップを取っておく

物理的に外付けHDDを壊すときは、外で行うようにしましょう。叩いていると知らず知らずのうちに破片が飛び散ってしまいます。もしも室内で破壊してしまうと遠くに飛び散った破片を家族の誰かが踏んでしまい、ケガに繋がってしまう可能性があります。

家族の安全のためにも外で周りの安全に気をつけながら作業するようにしましょう。外付けHDDのデータを消去するときにはきちんとデータのバックアップを取っておくようにしてください。

何もしないままデータを消してしまうと必要になったときに困ってしまいます。きちんとバックアップを取ってからデータを消去するようにしましょう。

さいごに

基盤を持っている女性

今回は外付けHDDの処分方法についてご紹介しました。最後にもう1度おさらいします。外付けHDDのデータ消去は必須です。個人情報を守ることに繋がるのでちゃんと責任を持って消去するようにしましょう。

また、データの削除方法は2パターンあります。ソフトウェア利用と物理的に破壊する方法です。自己流でやったりせずに手順に沿ってデータ削除するようにしましょう。外付けHDDの処分方法は以下の4つです。

  • 粗大ゴミとして出す
  • オークションやフリマサイトに出す
  • パソコン・家電量販店に依頼する
  • 不用品回収業者に依頼する

どの方法もメリット・デメリット両方あるので自分に合った方法を選ぶようにしましょう。処分するときに注意する点は以下のとおりです。

  • 物理的に壊す場合はケガに注意する
  • データはきちんとバックアップを取っておく

きちんと守って処分するようにしてください。この記事を参考に正しく外付けHDDを捨てられるようになりましょう。

HDDとパソコンのキーボード

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる