遺品整理業者の料金相場!料金を安くする方法

遺品整理は、ふだんなかなか関わることのできない業界です。しかし、親族の不幸に際して、ある日突然「遺品整理」の問題と向き合うときがやってきます。そこで遺品整理業者に依頼をするわけですが、いったいどのような料金体系でおこなわれているのか、わからない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、遺品整理の相場や、すこしでも価格を抑えて安くする基本的なコツをお伝えしていこうと思います。本記事を参考にして、遺品整理業務への理解を深め、安心して故人とのお別れをできるようになっていただければ幸いです。

遺品整理業者の料金相場

遺品 整理 相場
遺品整理業者の料金は間取りや作業人数によって相場が決まります。わかりやすく以下のように表にしました。

料金相場

間取り 料金相場 作業人数
ワンルーム 約4万円~ 1~2名
1DK 約6万5千円~ 2名
1LDK・2DK 約10万円~ 2~3名
2LDK・3DK 約20万円~ 3名
3LDK・4DK 約24万円~ 5名
4LDK・5DK 約25万円~ 4~8名

遺品整理の料金の決め方

遺品 整理 相場

荷物の量

みなさんもよくご存じのように、「遺品整理」は基本的に故人の荷物や家財を「処分」する業務です。故人の荷物や家財は、もちろんすべてが思い出の品です。しかし現実問題、そのすべてを保管しておくわけにはいきません。

ですので遺品整理業者は、形見としてぜったいに捨てて欲しくない故人の思い出の品を、業務開始前に、ご遺族の方から事前にヒヤリングしておき、整理の際には廃棄処分をせずに直接渡します。一方では、ご遺族のご意向により指定された荷物や家財を廃棄として処理を行います。このとき廃棄される荷物の量によって、料金が大きく左右されます。トラックを用意したり、荷物の廃棄に人員をたくさん割く必要が生じるからです。

ですので、たとえ同じ部屋の広さでも、廃棄する荷物や家財の量によって、料金が異なってきます。狭い部屋であっても、処分しなければならない荷物の量が多ければ、そのぶんだけコストがかさみます。また一方では、一見して広い部屋であっても、処分する荷物量が少なければ、そのぶんだけ割安になります。

処分品の種類

遺品整理業者は、ただ単に、ご遺族に処分を頼まれた荷物や家財を廃棄するだけではありません。一部は処理業者に任せて完全に廃棄することになりますが、一部は再利用品としてリサイクル業者に買い取りを依頼しているのです。それゆえ、ご遺族に処分を依頼された荷物のなかに「買取」の見込めそうなものがあれば、そのぶんだけ遺品整理料金から割引してくれることもあります。

遺品整理業者が買い取りの見込めそうな品と定めるものには、おおまかに以下のように定義できます。

  • 車やバイク
  • 家電や家具
  • 楽器類
  • レコードやDVD
  • 農具や工具
  • なんらかのブランド品
  • 時計類
  • パソコン機器
  • 着物類
  • 美術品・骨董品
  • 本・書籍(医学書などはかなりポイント)
  • 切手や金券類
  • 貴金属や宝石類

ただし、ここのリストアップした品物は、状態や保証書の有無などの状況によって、遺品整理業者が買い取りに踏み出さない場合もあります。遺品整理業者は、あくまでも最終的に買い取ってもらう「中古市場」の様子をかんがみて判断するのです。無条件でご遺族から上記のリストに該当する品物を買い取ってくれるわけではありませんので、注意が必要です。

作業希望日や対応期日

遺品整理業者に依頼する場合は、当然ではありますが、ご遺族がその遺品整理業務に立ち会える日程を前提に話をすすめていかねばなりません。どうしてもご遺族がその場に立ち会えず、それでいて諸事情により早々に遺品整理をしなければならない状況(たとえば早々に退去手続きをする必要に迫られたり)であるならば、その限りではないです。しかし、できるなら、ご遺族が最低でも一人、遺品整理業務に立ち会う日程をお願いしたほうがいいことには間違いありません。

遺品整理業者は、いくらプロとはいえ、業務をいざ開始すれば、自分たちだけで判断しかねる状況としばしば直面します。ご遺族からの依頼の品には指定されていなかったものの、「形見」として価値のありそうな遺品がひょっこり出てくることもあるのです。だから、そうした場にご遺族が居合わせてくれれば、遺品整理業者も、即座に判断をあおぐことができるのです。

建物や道路の状況

一軒家を前提とする場合、平均的な日本の間取りはおおよそ「3LDK」や「4DK」ですので、この間取りの家での見積もりが、遺品整理業者の平均的な料金価格になると言われています。先ほども説明したように、遺品整理の料金価格は、たとえ同じ広さでも、処分する荷物や家具によって大きく異なっていきますので、一概には言えませんが、「3LDK」や「4DK」の広さの家にかかる料金は、だいたい「20万円前後~70万前後(荷物量によって左右される)」です。

一方で、アパートやマンションの場合は、遺品整理業者が業務を遂行する「場所」が一軒家とくらべて位置的に高くなってしまうため、負担がかかりやすいです。一軒家はたいてい2階くらいまでしかありませんが、アパートやマンションは、5階以上のフロアに部屋があるケースもあるため、遺品整理業者の作業効率や体力的にかなり負担となってしまいます。そのため、遺品整理の料金体系には、アパートやマンションは、一軒家にくらべて割高になることがしばしばあります(もちろん荷物量によってはその限りではないですが)。

また、アパートやマンションの場合、遺品整理業者が、依頼された廃棄遺品を搭載するための大型トラックを停車するスペースが確保できないこともあり、そのぶんだけさらに料金が割高になってしまいます。その点もまた、くれぐれもご注意ください。

オプションサービス

遺品整理業務には、さまざまなオプションサービスが追加できます。それにあわせて料金が加算されますが、参考にしてぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

家の解体工事

家主がお亡くなりになれば、その方の持ち家はいずれなんらかの形で処理しなければならなくなります。遺品整理業者は、ご遺族の判断次第で、遺品の回収・整理が済み次第、そのまま家を解体する業務を請け負うことも可能です。というのは、遺品整理業者のなかには、建設解体業も並行して営んでいる場合が往々にしてあるからです。あるいは、遺品整理業務のみを単体で行っている場合は、提携している建設業に外注することもあります。

どちらにせよ、遺品の処理のあとに家を解体するご予定のご遺族は、このサービスについて遺品整理業者に相談することをおすすめします。

遺品の供養ならびにお焚き上げ

遺品を単に廃棄処分するのではなく、故人の大切な想いを尊重するということで、遺品の「供養」を業者にお願いすることもできます。ようするに「供養の代行サービス」と考えていただければわかりやすいかと思います。写真や人形、あるいは長いあいだ故人が身につけていたものなどは、そのまま廃棄処分することにうしろめたさを感じるご遺族は多いです。なので、そうした遺品たちを、しっかりとお寺や神社で「供養」してもらえば、安心ですよね。

エアコンの取り外し

自分たちでも出来なくはないですが、室外機の処理をふくめて、エアコンの取り外しを遺品整理業者に委託することもできます。ホコリや汚れが溜まっていますので、アレルギーなどをお持ちの方は、やはり遺品整理業者に任せたほうがよいかと思われます。

自動車やバイクの処分

自動車やバイクなどの大きな“遺品”は、しばしばご遺族の方々が直面する悩ましい問題です。形見としてもらいうけることができればいいのですが、すでに自家用車がある方はそうもいきません。なので遺品整理業者は、故人の自動車やバイクを処分する行政的な手続きもふまえて、すべて代行してくれるサービスがオプションとして用意されています。場合によっては、買い取ってくれることもあるので、業者に遺品整理を依頼する際には、あわせて自動車やバイクの件を相談するとよいでしょう。

特殊清掃

たいていの遺品整理業者は、孤独死などで汚れてしまった部屋をクリーニングする「特殊清掃サービス」を実施しています。特殊な技術や知識の必要な業務ですので、ご遺族だけで行うのはかなり難しいです。故人宅がアパートやマンションだった場合には、依頼しておくのがやはりベターです。

遺品買い取りサービス

これはさきほど説明した通りの内容です。後述しますが、少しでも遺品整理業務の料金価格を安く済ませるために、こうした遺品の買い取りサービスを積極的に利用することをおすすめします。

遺品整理の料金を安くする方法

遺品 整理 相場

相場の見積もりを取る

どの業界にも同じことが言えますが、まずは遺品整理業者に仕事を依頼するまえに、一社だけでなく、複数の会社から見積をだしてもらいましょう。そうして、自分たちの望む条件のなかで、最適な料金価格を提示する業者に依頼すれば、もっとも安くなるはずです。良心的な業者は、他者の見積もり書と比較しながら料金を相談することを推奨しています。できるなら、やはりそうした業者に依頼するのがよいかと思われます。

遺品を買い取ってもらう

遺品整理をしてもらうことに決まったら、まずはわかる範囲でいいので、故人の遺品から、買い取りに見合うような遺品の検討をつけておきましょう。タイミングは遺品整理業者に仕事を依頼する前後でも構いません。スムーズに業者と買取りの相談ができるようになります。買取りが成立すれば、そのぶんだけ費用の足しになるでしょう。

事前に片付けておく

じつはこれがもっとも料金価格を安くするコツだと言われています。処理する遺品の量(荷物量)は、料金を大きく左右するので、ご遺族だけで整理できるものは、できるだけ積極的に処理しましょう。業者の仕事量を減らしてあげると、必然的に料金は下がっていきます。取り急ぎ、遺品整理をしてもらわなければならないようなケースもありますが、時間に多少のゆとりがあるのならば、業者に頼むまえに、自分たちで遺品の整理は済ませておくのをおすすめします。

遺品整理の業者を選ぶポイントと注意点

遺品 整理 相場

遺品整理士が在籍しているか

「遺品整理士」が業者にいるかどうかは、ある程度、信頼度のバロメーターとして役立ちます。ただし、遺品整理士がいるからといってすべてが良質な業者とは断言はできませんが、「一般社団法人遺品整理士認定協会」という権威によって保証された資格は判断材料になります。

訪問見積もりに応じてくれるか

必ずしもそうとは言い切れませんが、現場に足を運ばないのに見積書を出す業者は、やや信頼性に欠けます。仕事の依頼で忙しい場合は仕方ないかもしれませんが、故人の住まいによっていろいろと事情の異なる遺品整理業務は、やはり現場訪問なしに見積もりを出すことは基本的に難しいはずです。なので、訪問見積もりに快く応じてくれるような業者のほうが、仕事を任せる側としても十分に安心材料になります。

見積もり書の記載が明確か

どの業界にも言えることですが、質の良くない業者の見積書は、記載内容が曖昧で透明性に欠けるものがしばしば見受けられます。なので、まずは見積書にしっかりと目を通して、少しでも疑問に思った点は、遠慮せず質問をすることをぜひともおすすめします。もしも明確な答えが返ってこなかったり、お茶を濁すようであれば、質は良くないと判断するべきでしょう。そういう業者は、後になって見積もりが変更されて以前よりも高い請求をしてくることがありますので、要注意です。

不用品を適切に処分しているか

質の悪い業者は、遺族の相談を通さずに、自分たちの判断だけで勝手に遺品を処理してしまうことがあります。ひどい場合には、金銭的に価値のありそうな遺品を、無断で持って帰ることもあるといいます。そうした不誠実な遺品整理業者にひっかからないように、くれぐれも注意しましょう。遺品整理の際のルールなどを、事前に業者と確認して打ち合わせをしておく必要があります。

対応が丁寧か

遺品整理業務は、単なる「ゴミ処理」ではありません。故人の生前を尊重し、遺品を整理することで、ご遺族の気持ちを整理する大切なお仕事です。だから業者には、ご遺族と故人に最大限の敬意を払ってもらいたいものですよね。そうした誠実さの欠けている業者は、たとえ知識や技術が確かであっても、依頼するべきではありません。

さいごに

遺品 整理 相場
今回は、遺品整理業者に関するお話をテーマにさせていただきました。ふだんはなかなか縁のない業界ですので、やはり「料金」は気にならずにはいられませんよね。なにかひとつでもお役に立てれば幸いです。最後にひとつだけアドバイスを。料金は安ければ安いほど良いことには越したことがないのですが、ときとして料金以外の部分で業者を決めることも大切になります。つまり、「この人たちに依頼してよかった」と言えるような、スタッフの人間性や礼儀も忘れずにチェックしておきましょう。良い業者がたくさんいるなか、ときには悪質なケースもあるので、業者スタッフの質もふまえて料金が見合っているかどうかを判断することはとても大切です。

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる