石油ファンヒーターを処分する方法と注意点

冬の暖房器具として活躍してくれる石油ファンヒーターですが、いざ棄てるとなると他の大型ゴミなどと違って、灯油や火を使うものだけにどう扱ってよいかわからないという事はありませんか?そこで、本記事ではこの石油ファンヒーターをどのように処分すればよいか、また棄てるだけでなく売るなどの手段も含めて紹介します。

ファンヒーターを処分する方法

石油ファンヒーター 処分

ファンヒーターを処分する方法は、主に「お金を払って廃棄してもらう」「お金を払って回収・リサイクルしてもらう」「中古品として買い取りしてもらう」などがあり、ファンヒーターの状態によってもどの手段が取れるかは変わってきます。

自治体

自治体ごとにゴミの分類や出し方については詳しく取り決められており、ファンヒーターもどのようにすれば回収・処分をするかなどが地方自治体のホームページなどで告知されている場合があります。

概ね回収しやすい状態にし、粗大ごみであることを示す券やシールなどを購入して貼り付けて所定の日時に所定の場所に置くことで回収してもらえます。

家電量販店

家電量販店などでは、同系統の商品を買った場合に直前まで使用していた製品を回収している店舗が多く、石油ファンヒーターを購入したのであれば前の古い型のものを回収してもらえる事があります。

回収業者

粗大ごみ回収業者であれば料金を支払う事ですぐに引き取ってもらえるため、持っていく手間暇や時間や日付といったことを意識せずに、思い立った時すぐに処分することができます。事前に棄て方などを調べる時間などの一切の面倒を省けるため、忙しい時に頼りになる方法です。

売る

処分しようとしているファンヒーターがまだ現役で稼働出来る状態であるなら、中古品として買い取りしてもらう事も可能です。中古販売店に持ち込む他にも、回収業者が品目と状態によっては買い取りをしてくれるという所もあるので、ファンヒーターの状態に問題がないのであれば特に良い手段になりえます。

石油ファンヒーターを処分する際の注意点

石油ファンヒーター 処分

ファンヒーターを処分に出す時は、必ずファンヒーター内に灯油が残ったままの状態にはしないようにしましょう。運搬や分解の際に灯油が漏れるととても危険です。

灯油を空にする

ファンヒーターがまだ動く状態であるのなら、可動させて中の灯油を使い切るようにします。故障して動かない場合は、灯油ポンプなどで組み上げて空にします。

またこの際に余った灯油を来年使うのも概ね問題ないケースも多いのですが、メーカー側からは各家庭の保存環境の違いから場合によっては灯油が変質してしまい、変質した灯油に拠って危機の故障を招く事もあるようです。

出来ることならば余った灯油は購入した販売店や、ガソリンスタンドなどに持ち込んで処分してもらうと良いでしょう。残った量が少量である場合はペットボトルなどに入れると持ち込みが簡単になります。

安易に捨てないよう注意

灯油廃棄の際には新聞紙に染み込ませて燃えるゴミで出したり、庭などの端の土に棄てたりするケースもあるようですが、これは危険なので絶対にしないようにしましょう。

地面に染み込ませても灯油は長い期間可燃性を保ったままなので、タバコや直射日光の集中などで火がつくと火災の原因となり大変危険ですし、燃えるゴミとして出す場合でもやはりゴミ収集車内での火災の原因となります。

リサイクルショップで買取対象になるファンヒーター

石油ファンヒーター 処分

ファンヒーターが故障しておらず製品として問題のない状態ならできることならお金に替えたい所ですが、買い取りして貰うためにはいくつかの条件があります。

買取はここを抑えよう

業者やお店によってそのラインは違いますが、おおよそ一般的な物を次に挙げていきます。まず「稼働品かどうか」、買い取りしてもらおうと決めたら最終チェックとして念のために一度稼働テストをしておきましょう。

「製造5年以内であるかどうか」も多くの業者で取り入れられている判断基準です。古いものとなると燃焼効率や性能の悪さ、経年劣化などの点からほとんど売れないため、5年以内に販売された比較的新しい物だけを買い取る所が多いようです。

付属品や説明書などもポイント

「付属品が揃っているかどうか」、当然ながら説明書や予備パーツなどが付いている方が商品価値も高くなります。残していても使いみちは無いので付属品類はすべてまとめて一緒に査定に出すようにしましょう。他には「傷や凹み、動作の不具合はないか」も重要です。

いくら稼働すると言っても燃焼開始が通常より遅くなっていたり、子供の貼ったシールが大量に残っていたりすると、ひっかき傷の後が多いとなると査定額は低くなりますし、場合によってはいくら動いても買い取り不可能になる場合もあります。

汚れに関してはクリーニングしてあげればある程度にリカバリーは聞きますので、なるべく綺麗にして持ち込みたい所です。

不用品回収業者に依頼するメリット

石油ファンヒーター 処分

お金はかかりますが、なるべく面倒事がなく早く済ませたい場合に一番良いのが不用品回収業者への依頼です。多くの業者では電話一本で場合によっては当日すぐに駆けつけてくれますし、部屋から対象のファンヒーターを持ち出してくれるので肉体労働や男手なども必要ありません。

廃棄や買い取りの場合必要だった灯油抜きなども業者が行ってくれるので、本当にそのままですぐに処分できるのが大きな強みと言えます。日程の都合等がある場合でも事前予約が可能な場合が殆どです。

また回収業者によっては製品の状態によって、逆にお金を出して買い取りをしてくれる場合もあり、ファンヒーターが新しい・動作や状態に問題がないという場合には最も手間もコストもかからない手段となりえます。

業者ホームページや電話での問い合わせで買い取りになる条件に一致しているかどうか事前に確認しておけばスムーズにいきますし、見積もり無料の業者であればとりあえず確認して見積もりを出してもらうのも良いでしょう。

石油ファンヒーターを買取してくれるお店3選

石油ファンヒーター 処分

一重に買い取りしてくれるお店と言っても、店によって強みが違ってきます。買取店の中でも特に有名なものを3つあげましたので、自分の条件にあうのがどのお店か確かめてみましょう。

ハードオフ

ハードオフ出典:https://www.hardoff.co.jp/sell/

全国に展開している大型の買取店で、ファンヒーターに限らずありとあらゆる家電などを取り扱っています。店頭買取の他にも宅配便で送るオファー買取や、スタッフに家に来てもらう出張買取等があり、自分にあった方法を選ぶことが出来ます。

また宅配便で送る際や出張買取をしてもらう場合でも、どちらも無料で行ってもらえるので気軽に依頼することができます。

売りたい | 親切丁寧な買取ならハードオフ
https://www.hardoff.co.jp/sell/

セカンドストリート

セカンドストリート出典:https://www.2ndstreet.jp

全国に500店舗以上を展開するリサイクルショップで、こちらも店頭買取の他、出張買取や送料無料の宅配買取に対応しています。

ただし、注意点として全店舗で出張買取をしているわけではないので、出張希望の場合は自分の地域を担当する店舗がそれを行っているか事前に確認する必要があります。

このセカンドストリートは定期的に買取金額が割増になるキャンペーンなどを行っているので、タイミングが良ければ他の店舗よりお得に利用できるかもしれません。

セカンドストリート
https://www.2ndstreet.jp/

トレジャーファクトリー

トレジャーファクトリー出典:

こちらも大手の買取店で、店頭買取、送料無料の宅配買取、出張買取にも対応しています。出張買取に際して数量や年数に条件は在るものの出張費・査定料・搬出代金・買取成立しなかった場合のキャンセル料などは一切かからないので安心です。

また引っ越し業者との提携もあり、引っ越しの際に出る不用品をまとめて買取、引越し費用を安くするサービスなどもあります。

さらに公式アプリが公開されており、このアプリを使ってトレジャーファクトリーで買取をしてもらうとポイントがたまり、次回買取額が最大50%アップするサービスなどもあるようです。売りたいものが定期的に出る場合に良い選択肢になります。

トレジャーファクトリー|リサイクルショップ
https://www.treasure-f.com/

壊れていない場合は買取してもらうととってもお得

石油ファンヒーター 処分

故障などであればきちんと手順を踏んで処分する他ありませんが、もしまだ稼働する、買ってからそこまで古くなっていないなどがあれば綺麗にクリーニングをして買取に出すと予想外の臨時収入になるかも知れません。

各業者が査定のチェックポイントや条件などを公式サイトに載せている事も多いので、捨てる前に一度チェックしてみましょう。

石油ファンヒーター 処分

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる