自転車の処分方法と処分するときの注意点

自転車を処分する際、まず思い浮かぶのは粗大ゴミに出す方法でしょう。特に自転車はいくらバラバラにしてもタイヤのリムやフレームなどは小さくすることができず、不燃ゴミとして処分することは不可能に近いです。それでは、どのように自転車を処分すれば賢いのでしょうか。この記事では、自転車の上手な処分方法や処分する際の注意点についてをわかりやすくご紹介します。

自転車の処分方法

自転車 処分

自転車の処理にはどういった処分方法があるのでしょう。一般的に粗大ゴミとして出すことが挙げられるでしょう。具体的な処理方法について考察します。

粗大ごみ

手っ取り早い方法は、粗大ゴミとして捨ててしまうことでしょう。粗大ゴミとして処分するには、地域の地方自治体に連絡して粗大ゴミチケットを購入するのが一般的です。

全国平均すると1,000円程度のチケットを購入することになると言われています。処分する際も、チケットをつけて指定日に自宅前においておくか、ごみ収集所に置いておくなどの手軽な方法です。

ごみ処理場に持ち込む

不要な自転車を車で運ぶことができたり、ゴミ処理場が近かったりする場合は直接自転車を持ち込むという方法もあります。この方法では、何キロで数百円という単位で処分してくれますので、比較的安く処分することが可能です。

譲り渡す

自転車が壊れているというわけではない場合は、人に譲り渡すのも一つの手段です。なお、防犯登録をしている自転車であれば、譲り渡す際に一緒に防犯登録カードを渡すことも忘れないようにしましょう。

買い替え

新しい自転車に買い替える場合は、購入する自転車店に古い自転車の引き取りをしていないか相談してみましょう。店舗によっては引き取りをしている場合があります。

回収業者

時より家の前に「不用品はありませんか」と放送しながら走っている不用品回収業者を見たことはないでしょうか。これらの業者を利用しても自転車を処分できます。この場合の費用は1,000円から3,000円程度となるでしょう。

リサイクルショップ

まだまだ自転車が調子良く動く状態でも、子どもの場合は体が大きくなることで自転車が体に合わなくなり、手放すこともあるでしょう。

もし、調子の良い自転車であれば、リサイクルショップなどに持ち込んではいかがでしょうか。処分料金がかかるどころか、販売することができて逆にお金がもらえるかもしれません。

自転車を処分するときの注意点

自転車 処分

自転車は簡単に捨ててしまっても良いのでしょうか。特に防犯登録をしている場合は処分する際に注意が必要です。防犯登録の処理方法について紹介します。

防犯登録の抹消手続きする

自転車に防犯登録シールが貼ってあるのであれば、防犯登録をしているはずです。必ず登録を抹消しておきましょう。登録抹消していないと自転車が犯罪で使用された時に疑いがかけられる可能性があります。

また、捨てたはずの自転車がまだ誰かによって使われてしまう可能性もあり、その時に何か問題が発生した場合はあなたの元に連絡が来てしまいます。なお、登録の抹消は、地域の警察の窓口や自転車販売店にて行えます。

防犯登録の抹消手続きに必要な書類

防犯登録の抹消手続きでは、買った本人が身分証と防犯登録の控えを持参することが必要です。さらに、自転車の保証書もあった方がスムーズに手続きが進むこともあります。

他にも、保証書は何かしら必要になることが多いので大切に保管しておいた方が良いでしょう。本人がいけない場合は、委任状が必要です。地域によっては登録抹消手数料が発生することがありますので、多少の現金は持って行った方が良いかもしれません。

また、自転車本体に防犯登録シールが貼ってある場合は、番号さえわかれば書類がなくても登録が抹消できることもあります。ちなみに、誰かに譲る場合は、譲渡証明書を作成し、防犯登録を変更するか、登録を抹消して譲り手が新たに登録することが必要です。

防犯登録の抹消手続き方法

防犯登録の抹消は、地域の警察か自転車を購入した自転車販売店にて手続きをすることができます。なお、自転車の防犯登録の期限は10年間です。もし、防犯登録の有効期間が過ぎているのであれば、抹消する手続きは必要ないでしょう。

買取専門店で売却する場合に必要なもの

自転車 処分

専門店に自転車を売却する場合には、防犯登録の控えを持っていくのが良いでしょう。ただし、中古自転車として販売され、新しい持ち主が事件を起こした時に、あなたの元に連絡が来てしまうかもしれません。

できることなら、防犯登録を解除してから売却する方が良いでしょう。さらに、自転車をリサイクルショップなどに持ち込む場合は、運転免許証や保険証などの身分証明書が必要です。未成年の場合であれば、保護者同意書も必要ですので覚えておきましょう。

自転車の相場を知っておこう

なお、積極的にリサイクルショップで売りたいと考えているのであれば、ある程度相場を知っていると安心です。

例えば、現在人気のロードバイクタイプは、5万円で買えるものから100万円を超えるものまでありますが、このようなロードバイクの場合は購入額の40%程度が買取相場になります。

また、マウンテンバイクについては、ピンキリの値段ですがおおよその買取相場を紹介すると1万円程度です。そして、最近人気の電気自転車の買い取り価格の相場は5万円程度と言えるでしょう。

電気自動車の三大メーカーはヤマハ、ブリジストン、パナソニックと言われていますが、中でもパナソニックは比較的高値がつく可能性があり、買い取り価格は1万円から10万円前後です。

そして、ヤマハは4万5千円程度、ブリジストンは4万円前後と言われています。ちなみに、子ども用の中古自転車は状態が良ければ、2千円前後です。

査定の時に重要になる自転車の状態

自転車 処分

リサイクルショップなどに自転車を出すのであれば、少しでも高値買取を目指したいところです。高値買取を目指すにはどうしたら良いのでしょうか。

まずは、自転車の整備状況を確認することが必要です。特に、パンクをしていないか、反射板やベルなどに不具合はないか、漕いでいて基本動作に問題がないかを確認しましょう。

また、目立つ傷がある場合は、コンパウンドなどで傷を消しておくと高値がつく可能性があります。購入時に付属品があった場合は、それも揃えて買取に出した方が高値がつくでしょう。

さらに、自転車は綺麗にしておいた方が高値がつきます。錆や腐食など自分で綺麗にできるところはしっかりと掃除しておきましょう。例えば、錆はコンパウンドで綺麗に落とせることが少なくありません。

他に、高く買取してもらえる方法としては、型落ちになる前早めに売ってしまうのも手です。自転車は流動性が高いもののため、年式が新しいほど高く売ることができます。

そして、もし複数の自転車があるのであれば、複数の自転車をまとめて売るのもいいでしょう。ショップによっては、2台から3台まとめて買取することで、査定額を上乗せするサービスを実施しているところもあります。

自転車を上手に処分しよう

自転車 処分

不要になった自転車を処分するには、粗大ゴミとして出す方法があります。しかし、これは壊れている場合の方法になるでしょう。

もし、まだ動く自転車であればリサイクルショップなどに買取に出すことで、ゴミ処理料金を取られるどころか、逆にお金がもらえる可能性があります。なお、自転車を手放す時には防犯登録の問題をしっかり解決しておきましょう。