物干し竿の捨て方と捨てる前にすること

物干し竿は引っ越しをするときなどには長くて持ち運びしにくいから捨てたいと思う場合も多いでしょう。今まで物干し竿を捨てたことがない人は、捨て方がわからずに困るかもしれません。物干し竿の基本的な捨て方と捨てる前にやっておいた方が良いことを紹介します。いざというときに困らないように詳細を理解しておきましょう。

物干し竿の捨て方

物干し竿 捨て方

物干し竿を捨てたいと思ったら可燃ゴミや不燃ゴミなどと同じようにして地方自治体に回収して処分してもらえたら良いと思う人が多いでしょう。この場合の捨て方はどのようにするのが一般的なのでしょうか。

一般的には粗大ゴミ扱い

地方自治体によってルールには多少の違いがありますが、一般的には物干し竿は粗大ゴミとして捨てることになります。

ゴミ収集を行うときに運びにくいものは粗大ゴミになることが多く、1m以上もの長さがある物干し竿は他の不燃ゴミと一緒に回収すると手間がかかるからです。

自治体によってどのようなものが粗大ゴミになるかは異なっているものの、1辺は30cm以上ある金属製のもの、50cm以上あるプラスチック製のものは全て粗大ゴミにするといった定義が行われています。

また、ゴミの捨て方のガイドブックが発行されている場合には物干し竿の捨て方の分類が書いてある場合が多いので確認してみましょう。

切断すれば不燃ごみとしてもOK

ただし、粗大ゴミを一辺の長さでしか定義されていない場合には、物干し竿を短く切ってしまえば不燃ごみとして捨てることも可能です。

ただ、電動ノコギリなどの工具を使って切ることになり、危険を伴うことから禁止している自治体もあります。詳細なルールは自治体に直接問い合わせて確認してみましょう。

粗大ゴミで捨てる場合の注意点

粗大ゴミとして捨てる場合には通常は事前に申し込みが必要です。粗大ゴミを回収してもらうための費用を事前に払う必要があり、粗大ゴミ処理券などをコンビニや郵便局などで購入して貼り付けて収集場所に出す必要があります。

普通の家庭ごみとは出す場所が異なることもあるので、予め場所も確認しておきましょう。

物干し竿を自分で捨てるメリットとデメリット

物干し竿 捨て方

自治体のルールに従って物干し竿を自分で捨てる方法にはメリットもデメリットもあります。具体的にどんなメリットやデメリットがあるのかを確認しておきましょう。

メリット

自分で捨てる方法は物干し竿の処分の仕方の中でかなり費用が安く済むのがメリットです。自治体がその地域の人たちのために格安でサービスしているのが一般的だからです。

また、公共のために行われている回収サービスなので安心して利用できます。申し込んだのに回収してくれないといったトラブルが起こってしまうことはないでしょう。

デメリット

自治体のルールに従って粗大ゴミで捨てると手間がかかるのがデメリットです。事前申し込みは一週間前くらいが期限になっている場合がほとんどでかなり前に行わなければなりません。

また、収集場所も限られてしまっていて、その場所まで物干し竿を運ぶのが大変なことも少なくありません。

収集日も月に一回しかないような自治体もあり、希望の日時に回収してもらえないのが一般的です。引っ越しの場合には直前まで使いたいけれど何週間も前に処分しなければならない場合もあります。

物干し竿を販売業者に下取りしてもらう方法

物干し竿 捨て方

物干し竿を処分して新しいものを買いたいという場合もあるでしょう。この場合には物干し材を取り扱っている業者に下取りしてもらえたら良いのにと思うかもしれません。そのような対応をしてくれる業者はあるのでしょうか。

下取りに出す前に確認しておこう

結論から言えばケースバイケースで、相談してみると下取りしてくれることもあります。特にトラックで街中を回って物干し竿の販売をしている業者の場合には買い替えなら無料で回収してくれることが少なくありません。

一般的なホームセンターなどでは下取りをしてくれることはあまりありませんが、自宅まで配送してくれるサービスがあるときには回収サービスも申し込めることがあります。

ただし、店頭やチラシなどに明記されていないことが多いので、回収してくれるかどうかは自分で確認しましょう。業者にとっては廃棄するためのコストがかかるので、申し出があったときだけ対応するという場合が大半を占めています。

下取りに出すときに注意点

このようなサービスがあるのは物干し竿の処分に困る家庭が多いからに他なりません。長くて運びにくく、車がない家庭では遠くの収集場所まで持っていくのが困難なこともあるでしょう。

自治体での粗大ゴミの捨て方を考慮し、地域事情に合った形でサービスを提供している業者があるのです。

ただ、下取りとはいえ一般的には買い取ってくれるわけではなく、無料で引き取ってくれるだけなので注意しましょう。自宅まで引き取りに来てもらう場合には料金が発生することもあります。

物干し竿の処分を不用品回収業者に頼むメリット

物干し竿 捨て方

いらないものを処分するときには不用品回収業者を利用することもあるでしょう。物干し竿を捨てたいときにも不用品回収業者に頼むことができますが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

利用したことがないとつい自治体のルールに従って捨ててしまいがちなので、魅力を詳しく把握しておきましょう。

不要品回収業者に頼めば楽!

不用品回収業者に任せる方法は手軽さが最も大きなメリットです。連絡して必要な費用を出せば自分の希望にできるだけ沿った形で回収してもらうことができます。

電話やメール、ウェブフォームへの入力などの簡単な手続きで指定した日時に来てもらうことができるのは簡便で良いでしょう。

引っ越しの当日の朝一に来て欲しいといった要望も都合が合う限りは聞き入れてくれます。処分の料金は事前に払う必要がある場合もありますが、当日に現金で払えば良いケースがほとんどです。

自宅まで回収に来てくれるので物干し竿を運ぶ必要もなく、物干し台に縛り付けてあっても取り外しをしてくれる業者もあります。

ついでにいらないものを処分できる

不用品回収業者は物干し竿以外にも処分したいものがあるときにはメリットが大きくなります。出張料などがかかることもありますが、たくさん処分するものがあるときにはそれほど大きな負担とは感じなくなるでしょう。

生ゴミなどの回収してくれないものもあるので注意しなければならないものの、事前に打ち合わせをしておけるので何を当日に回収してくれるかは予め明確にしておけます。当日に追加して捨てたいというときにも対応してもらうことが可能です。

さらに、業者によっては買取も行っているため、再販して売れそうなものならお金になることもあります。家電や家具、ゲームソフトやDVD、アクセサリやファッショングッズなどの処分も考えているときには魅力的な選択肢でしょう。

物干し竿の処分方法は慎重に考えよう

物干し竿 捨て方

物干し竿は一般的には粗大ゴミとして扱われるので処分するのに手間がかかることは否めません。
買い替えのときなら業者が引き取ってくれる可能性もあるので問い合わせてみるのが大切です。

一方、不用品回収業者に頼むとお金はかかるものの、都合に合わせて回収してくれるメリットがあるのでどちらが良いかはよく考えてみた方が良いでしょう。

物干し竿 捨て方

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる