正しい本の捨て方と高い値段で買い取ってもらう方法

本 捨て方

デジタル書籍よりも紙の書籍の方が好きという人は、本棚にどんどん本がたまり入り切らなくなってしまいますよね。置き場のない本は生活スペースを侵食してしまうこともあるので、いらない本は処分するのが賢明です。しかし、本には色々な処分の方法があります。そこで、正しい本の捨て方と高い値段で買取ってもらう方法についてご紹介しましょう。

正しい本の捨て方

本 捨て方

では、正しい本の捨て方にはどのようなものがあるのか見てみましょう。

ゴミとして出す

もっともオーソドックスな方法として、ゴミとして出す方法があります。本は可燃ゴミというイメージがありますが、資源物扱いになるため、きちんと束ねて資源物の日に出すのが正しい方法です。本だけでなく、雑誌や新聞も同様となります。

施設に寄付する

本をゴミとして捨てるのは心苦しいものですが、子供向けの絵本や青少年向けコミックスは、児童養護施設などに寄付することも可能です。

ただし、すべての施設で寄付を受け付けてもらえるわけではないため、事前の確認が必要です。公民館や駅などではいらない本を持ち寄って交換する場を作っていることがあるので、見かけたら利用するとよいでしょう。

古書店に売却する

古い本を買い取ってくれる古書店も古い本を処分するのに適した場所ですが、店によっては価値のある高い本が安く買い取られることもあります。

古書店といっても昔ながらの個人経営のものからチェーン店など様々なタイプがあるので、古書店のカラーに合わせた本を持ち込む必要があります。

ネットオークションに出す

ネットオークションは本の需要も高く、梱包や発送も簡単にできるので便利です。ベストセラーや幼児向けの絵本、古い雑誌などは買い手がつきやすい傾向があります。

1冊ずつ単独で出すよりもまとめて出したほうが高値がつきやすいので、一度にたくさんの本を処分したい人にも向いています。

本の買取を利用する方法

本 捨て方

ただ捨てるだけではなく少しでも現金収入を得たいなら、本の買取業者を利用するという方法もあります。

持込買取

持込買取は店舗に不要な本を持ち込み査定を受け、金額に納得したら現金を受け取るという方法です。近くに店舗があり、不要な本が何冊かあれば便利な方法です。

ただし、1冊の買取単価は安いため、電車やバスを利用して少ない数の本を持ち込む場合は交通費の方が高くなることもあります。

訪問買取

訪問買取は買取店のスタッフが自宅まで査定に来てくれるので、重い本を店舗まで運ぶ必要がないのが特徴です。査定してもらったら、その場ですぐに現金を受け取ることができます。

無料査定サービスを行っている店は、査定金額が気に入らず断った場合でも出張費を請求されることはありません。ただし、売りたい本の数が少ない場合はサービスを利用できないこともあります。

宅配買取

宅配買取は宅配便で売りたい本を買取店に送り、査定金額に納得したら料金が支払われるという方法です。配送用の段ボールは宅配業者が持ってきてくれるので、その中に詰めて渡すだけで簡単に配送できます。

ほとんどの店は送料無料で対応しているため、手間やお金もかかりません。家にいながらすべての作業が完了するので便利です。

古書店で買い取ってもらえない本

本 捨て方

古書店では、どんな本でも買取ってもらえるわけではありません。では、買取ってもらえないのはどのような本なのかみてみましょう。

汚れたり破けたりしている本

古書店は買取った本を再販売するため、状態の悪い本は買取ってもらえません。目立つ汚れがあったり、破けたりしているほか、書き込みや切り取りがあるものは買取ってもらうのは難しいでしょう。

カバーが紛失している本

カバーが紛失していたり、カバーが変形・変色しているものも買取りの対象から外されるのがほとんどです。

週刊誌や月刊誌

週刊誌や月刊誌はもともと買取金額も安く、買取相場は定価の5%ほどが相場です。しかも、状態が良くないもの、発売から2年以上たっているもの、付録付きなのに付録がないものなどは買取対象となりません。

ただし、レトロ雑誌として価値があったり、コアなファンに需要が高いものは、専門的な古書店へ持ち込めばプレミア雑誌として高く買い取ってもらえることもあります。

古い百科事典や文学全集

古い百科事典や文学全集も、買取ってもらえないことがほとんどです。ほとんどの古書店ではISBNがあるものが買い取り対象となるため、古いものは買取対象から外れてしまいます。

大ベストセラー

大ベストセラーは需要も高く買い取り先は引く手数多な気がしますが、古本市場にも大量に出回っているため断られることが多くなります。

ただし、ベストセラーのブーム中に買取に出すなら買取ってもらえるので、読んだらすぐに買取に出すぐらいのスピード感が必要です。古本市場に出回る前に売ってしまいましょう。

本を高い値段で買い取ってもらう方法

本 捨て方

本を高い値段で買取ってもらうには、いくつかのコツがあります。では、どのような方法があるのかみてみましょう。

本をきれいに整える

本に限らず、中古品は新品に近い状態のものほど高い買取価格がつけられます。新作であるか旧作であるかではなく、本自体が新品に近いことが大切です。査定に出す前に水に濡らして固く絞った柔らかい布で拭き、きれいな状態にしてから持ち込むのがよいでしょう。

本の状態を確認

買取価格は本の状態のよって左右されるため、表紙は付いているか、付属のDVDは再生可能かなど、細かいところまでチェックしておきましょう。また、シリーズものなら全部そろっているほうが高い査定額となります。

ISBNコードの確認

大手の買取業者の場合、ISBNコードの有無が買い取りに大きく関わります。コードがない場合は買取してもらえないことも多いため、事前にチェックしておきましょう。ポイントとしては、希少価値の高い専門書などは、ISBNコードがなくても買取ってもらえることもあります。

年代ものや専門書は慎重に

年代ものや専門書は、チェーン店では買取ってもらえないことが多いですが、歴史のある古書専門店やマニア向けの美術書店などでは高値が付くこともあります。慎重に店選びをすることも大切です。

本に合わせた店選びをする

本の種類に合わせ、高く買い取ってくれそうな店に持ち込むのも高額買取のコツとなります。
新しい本や人気の本はチェーン店などの新古書店、コミックスは漫画専門店、洋書や専門書は個人経営の古書店に持ち込むのがおすすめです。

中には、映画のパンフレットや博物館の図録など、マニアックなものを高値で買取ってくれる店もあります。

まとめ

本 捨て方

正しい本の捨て方と高値で買い取ってもらう方法をご紹介しましたが、色々な処分の方法がありますね。本の種類に合わせて最も高値を付けてくれるお店に持ち込むのが、高額で本を処分するコツとなります。

また、新品に近いものほど高い値段が付くので、読んだ後は乱暴に扱うのではなく丁寧に扱うよう心掛けるのがよいでしょう。

本 捨て方

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる