夜に洗濯をするメリットとデメリット!部屋干しで臭くならない方法

仕事の都合などで、どうしても夜に洗濯をしなくてはならないという方も多いのではないでしょうか。それでも選択は避けては通れない家事の一つでもあります。夜のお洗濯にはどのようなメリットデメリットがあるのか、どうすれば気持ちよく選択ができるのかということについて見ていきましょう。より良い毎日を作り出すヒントになるはずです。

夜に洗濯をするメリット

薄暗い部屋の洗濯機

洗濯というと天気のいい日にお日様の下で干すというイメージですが、夜に洗濯をするメリットというものもあります。どういった点がメリットになるのか見ていきましょう。

排気ガスの影響が少なくなる

特に都市部に住んでいる方は、日中は車の通りが激しく、排気ガスが気になってしまうという事もあるのではないでしょうか?

においがついてしまったり、黒っぽいススのような汚れがついてしまったりということがあると、洗濯をしても意味が無いように感じてしまうことがあります。そのような場合は夜に洗濯をすることで、車が少なくきれいな状態の空気で乾燥させることができます。

淡い色の服やデリケートな素材のものなどはこうした夜の時間を選んでみると綺麗な状態を保ちやすいと言えるのではないでしょうか。

夜風があれば乾きやすい

洗濯物を乾かすのにお日様が必要と考えている方も多いでしょうが、実は風があれば夜間でもしっかり乾かすことが可能です。日中に留守にするからと密閉した部屋の中で干しているよりも、夜に風を通しながら干していくようにしたほうが素早く乾くという事もあるのです。

日焼けで生地を傷めない

お日様に良く当てることは殺菌などのメリットもありますが、生地を傷めてしまうといったデメリットにもつながってしまいます。

特に、「薄い生地」や「色の濃い物」、「陰干しを指定」されているような素材のものなどは日に当てると劣化しやすい傾向があります。あえて夜間に洗濯していくことで劣化を抑えることにつながります。

風呂の残り湯を使う機会が増える

お水の節約のために風呂の残り湯を使って洗濯をされるという方も多いでしょう。しかし、これは単なる水の節約だけではなく、水道の冷たい水を使うよりも、温かいお湯を使う事で洗剤の酵素を働きやすくするという効果を生む方法でもあるのです。

夜にお風呂に入った場合、夜のうちなら温かさが保たれていますから、夜に洗濯をすることでより高い効果を得ることができます。

電気代を節約できる

電力会社の契約で、夜間の電力を安くするプランを利用している方などは、夜に洗濯などの電気を使う家事をまとめて行う事で電気代の節約になることもあります。加入しているプランをチェックしてみましょう。

時間を有効に使える

日中は仕事や他の家事、自分のやりたいことで予定が一杯という方も多いでしょう。洗濯などある程度時間がかかる家事は余裕のある夜のうちに行っておくことで、他の時間をより有効に使うことができるようになります。

夜に洗濯をするデメリット

洗濯 シャツ 臭い

夜の洗濯はメリットもありますが、やはりデメリットもあります。理解したうえで対策をとりながら行っていくようにしましょう。

虫がつきやすい

夜は虫が多くなるという事もあり、それによる被害も生まれやすくなります。虫がついたり、卵を産み付けられたりするなどという事もあるでしょう。外に干す時などはきちんと叩いて虫などを落としてから取り込むという事も必要です。

防犯に不安がある

夜は人目が少ないため、犯罪が起きやすくなります。洗濯物を盗まれてしまうという事も多くなりますし、外に洗濯物が出ているとそこに火をつけられるという事もあります。窓を開けておくと強盗などの被害に遭う恐れもあります。防犯にはしっかり気をつけておきたいものです。

騒音からトラブルになる

夜は静かに寝ている方が多いですから、その時間に洗濯機を動かす音がすると近隣の迷惑になることもあります。そこから近隣トラブルに繋がることもありますので、十分気を遣って洗濯をしてもいい状況か判断しましょう。

条件によっては生乾きになる

日差しが無い分、日中に干すよりも乾きにくくなり、生乾きでカビなどが発生しやすくなるという事もあります。その点には十分注意し、洗剤選びや乾燥の仕方などで乗り切っていきましょう。

夜に洗濯をする時の注意点

夜の洗濯物

夜に洗濯をする場合、デメリットをできるだけ減らしていくためいくつか注意しておきたい点があります。ぜひ日常の洗濯に取り入れてみましょう。

脱水でしっかりと水分をとっておく

夜は日差しが無いため乾きにくいので、しっかり脱水を行い事前に水分をある程度とっておくことが必要です。それにより短時間でも乾きやすくなります。

隙間を空けて干す

風が通るように、スキマを空けて干すようにすると乾きやすいです。大きなタオルなら斜めにずらして干すと狭いスペースでも風が通りやすくなります。ズボンやスカートは筒干しに干し、生地の厚いものは裏返して干すなどという基本的な事も有効です。

事前にルールを確認する

夜に洗濯機を動かしていたり、外に洗濯物を出したりしていると、近所の人が迷惑に感じることもあります。影響が出やすいアパートなどでは事前にルールを確認しておくことも必要でしょう。苦情があったら夜の洗濯を控えることも必要になります。

防犯対策を行う

洗濯物が出ていることで、盗難や放火などの被害に遭う事もあります。十分注意するようにしましょう。干し方の工夫や防犯カメラの設置なども必要になります。

部屋干しで臭くならない方法

部屋干し

防犯のために部屋干しをする場合もあるでしょう。メリットはたくさんありますが、乾きにくさから臭いが出てしまうことがあります。どうすれば臭いが防げるかもチェックしておきましょう。

臭いの原因と予防策

洗濯をするというと服のことばかり考えてしまいがちですが、実は洗濯機もキレイでないと洗濯物が綺麗に洗いあがりません。洗濯槽の裏にはカビなどがこびりついていることもあり、それが洗濯をするごとに服に移ってしまい、カビの原因となることもあるのです。

定期的に洗濯槽クリーナーを使って洗浄するようにしておきましょう。また、洗剤は部屋干し用の洗剤を使うと、カビを抑える効果が強いので臭くなりにくいです。こうした方法で快適な部屋干しを行えるようにしていきましょう。

メリット

部屋干しは大変な部分もありますが、メリットも大きいです。外に干さなくてよいため、人目や犯罪を気にすることがなく、安全に洗濯ができます。

外に干しておくと花粉がついてしまい、アレルギーの方には厳しいものとなりますが、部屋干しであればそういったことも起きにくいです。砂や大気の汚れなどの影響も受けにくく、衛星を保ちやすくなるという事も言えます。

紫外線を浴びないので生地の持ちも良くなるというメリットもあるのです。ぜひ工夫をして部屋干しを取り入れていきましょう。

出典:amazon.co.jp
トップ
【大容量】部屋干しトップ 洗濯洗剤 液体 本体 820ml
¥ 1,125(税込)
Amazonで見る
出典:amazon.co.jp
アリエール
洗濯洗剤 液体 部屋干し アリエール 本体(910g)
Check on Amazon(税込)
Amazonで見る
出典:amazon.co.jp
OXICLEAN(オキシクリーン)
オキシクリーン 1500g
¥ 992(税込)
Amazonで見る

夜の洗濯を安全で快適なものに

夜の洗濯物

夜に洗濯をするという事は、時間を自由に使うことができ、またメリットも多くあるといえます。しかし、同時に気をつけておかなくてはならないこともあるので、注意して行いましょう。

夜の洗濯を行ううえで干し方や洗剤の選び方などに気をつけていくことが、より快適に過ごしていくためのポイントとなるといえます。ぜひ小さなことから取り組んでいきましょう。

夜の洗濯物

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる