落し蓋の代用となるもの7選!アルミホイルやキッチンペーパーなどの活用法

煮物や煮魚を作るとき、落し蓋がすぐ見つからなかったり、使っている鍋のサイズと合わなくて困ったことありませんか?落し蓋は、煮物料理を美味しく仕上げてくれますので、活用することをおすすめします。もし「落し蓋がない!」となっても、キッチンにあるもので代用ができるので、覚えておくと便利ですよ。

落し蓋の代用になるものとは

鶏肉と大根の煮物

落し蓋が家に無くても、キッチンに普段から常備してあるアイテムで代用することができます。

  • アルミホイル
  • キッチンペーパー
  • クッキングシート
  • ラップ
  • お皿

などです。落し蓋は、材料が煮立ってアクが出始めたとき、そのアクをすくい取ってから、鍋に蓋をします。レシピによって使うお鍋の大きさも違うので、手持ちの落し蓋ではサイズが合わない時など、キッチンアイテムを使えば簡単にちょうど良い落し蓋として使えますので、とても便利です。

落し蓋の代用となるもの7選!

①アルミホイル

アルミホイルロール

アルミホイルの使い方

  1. アルミホイルを鍋の上にかぶせて、押し付けながら鍋の大きさの印を付けます。
  2. 印より小さ目に折りこむか、または切って丸いカタチに整えます。
  3. 菜箸で真ん中に穴を開ければ完成です。フォークで穴をあけても良いです。

メリット

・お鍋の大きさに合わせ、ちょうど良いサイズで作れます。
・アルミホイルにシワをつけて作ることで、シワの部分にアクが付きやすくなりアク取り効果があります。
・使い捨てて使用するため衛生的に使え、保管場所も必要ありません。
・アルミホイルは熱の伝導率が良いため、短い時間でも味が染み込みやすくなります。

デメリット

・アルミホイルは軽いため、煮物などを似ている間に浮いてくることもあります。
・酸や塩分の強い調味料を使っていると、長時間触れることでアルミホイルが溶けやすくなります。溶けたとしても、人体に害のある量が溶けだすことはありませんが、気になる人は溶ける前にもう一度、落し蓋を作り直しましょう。
・鍋のふちやコンロの火に直接あたっていることでも、アルミホイルは溶けることもありますので注意してください。

②キッチンペーパー

キッチンペーパー

キッチンペーパーの使い方

  1. 鍋の上にキッチンペーパーをおき、鍋の大きさに合わせて印をつけます。
  2. キッチンペーパーを四つ折りにして、使うお鍋の半径の長さに合わせ、端の部分をハサミで切ります。または、鍋の大きさに折り曲げます。
  3. 反対側のとがった先の部分を切り落として、丸い穴をあけ、広げれば完成です。薄手のキッチンペーパーの場合は2枚以上重ねても良いでしょう。

メリット

・お鍋の大きさに合わせ、ちょうど良いサイズで作れます。
・アクや余分なアブラを吸い取ってくれます。
・煮汁に張り付き、浮き上がりにくいので、熱を逃しやすく煮込み時間が短縮できます。
・使い捨てて使用するため衛生的に使え、保管場所も必要ありません。
・煮汁が蒸発するのを防ぎ、素材にはりつくので、少ない煮汁でもよく煮ることができ、味が染み込みやすくなります。
・厚手のキッチンペーパーを使えば、より水分を含むことでおもしになり、強い火力の煮込み料理でも、ずれてしまうことなく使えます。

デメリット

・薄手のキッチンペーパーや、キッチンペーパーの種類によっては、煮込んでいるうちに溶けてきてボロボロになってしまうものもあります。溶けたペーパーが食材に混ぜってしまう可能性がありますので、使う前に水で濡らして確認してみましょう。薄手の時は2枚重ねて使ってみて下さい。
・柄などが印字されているキッチンペーパーは落し蓋には不向きです。

③クッキングシート

クッキングシート

クッキングシートの使い方

  1. クッキングシートを四つ折りにして、さらに2回端を合わせて折り曲げ、細い扇形にします。
  2. 鍋の半径の長さに合わせて切り、3箇所切り込みを入れておきます。
  3. 尖っている方の先を切り落とし、広げれば完成です。

メリット

・お鍋の大きさに合わせ、ちょうど良いサイズで作れます。
・クッキングシートは油を吸収して、アクも吸い取ることができます。
・クッキングシートは水分を含んで破れることがありません。
・使い捨てて使用するため衛生的に使え、保管場所も必要ありません。

デメリット

・クッキングシートはキッチンペーパーのように煮汁に密着しないため、空気穴をあけておかないと、落し蓋としての効果がじゅうぶんに期待できません。

④ラップ

サランラップ

ラップの使い方

  1. お鍋の大きさに合わせたラップを用意します。
  2. 爪楊枝などで穴をあけるか、ハサミを使って切り込みを入れれば完成です

メリット

・お鍋の大きさに合わせ、ちょうど良いサイズで作れます。
・ラップは食材に密着するため、味が染み込みやすいです。
・使い捨てて使用するため衛生的に使え、保管場所も必要ありません。

デメリット

・ラップの種類によっては熱に弱いタイプもあるため、落し蓋としては使えないものもあります。

⑤軽めのお皿

皿のあるテーブルフォト

軽く平らに近いカタチのお皿で、お鍋の大きさに合えば、落し蓋として使うこともできます。重いと食材が潰れてしまうので、軽く平らなお皿にしましょう。鍋の食材の上に、お皿を伏せた状態で置いてみてください。また、取り出すときは火傷に注意してください。

⑥紙皿

紙皿もサイズが合えば、落し蓋として使えます。紙皿の時は、できたら穴をあけて使うことをおすすめします。

⑦キャベツ

キャベツの外側の大きくかたい葉を落し蓋の代わりしてみましょう。軽く洗ったキャベツを何枚か具材の上に乗せてください。キャベツを使った煮込み料理の時には、ちょうどよいですね。

落し蓋の効果

カレイの煮付け

味をしみ込ませてくれる

落し蓋を食材のすぐ上に置くので、煮汁が落し蓋に跳ね返り対流ができます。そのため、少ない煮汁でも全体に行きわたらせることができ、煮汁から出ている食材にも味をしみ込ませてくれます。落し蓋を使うことで、食材が煮汁から出ていても、落し蓋によって全部が煮汁に浸かっているとの同じことになります。

短い時間で調理ができる

落し蓋が、鍋のなかの空間を少なくするため、落し蓋をしない時よりも、食材に熱が伝わりやすくなります。うま味が溶けだしてしまうのを最小限に抑え、より短い時間で料理が完成します。

味のムラが防げる

煮汁は落し蓋にあたることで、鍋の中で全体に行きわたり、鍋全体の温度が同じになります。そのため、加熱のムラを防ぎ、落し蓋をしないよりも、味が均一になり食材のかたさも統一しやすくなります。

煮くずれや身くずれを防ぐ

煮くずれしやすいかぼちゃやカブ、身くずれしやすい魚などは材料が鍋の中で動くことが原因でもあります。上から落し蓋をして、具材を軽く抑えることで、鍋の中の材料が大きく動くことが無くなり、煮くずれなどが起こりにくくなります。

食材の臭み取り

落し蓋は普通のふたと違って、鍋の中が密閉されず、落し蓋と鍋の隙間から魚や肉の生臭さを逃してくれる効果もあります。臭いがこもらないので、食材の臭みも取れやすくなります。

水分の蒸発を防ぐ

落し蓋がフタの役割をして、鍋の中の水分が蒸発するのを防いでくれます。そして、煮汁に浸かっていない食材の表面が乾燥するのも防げます。蒸発しないことで、急な煮詰まりや焦げなどもしづらくなります。

調味料の節約

落し蓋をすることで、味が染み込みやすくなるので、普通の蓋で煮込むより少ない調味料で煮込むことができます。

まとめ

大根と豚バラ肉の煮物

落し蓋は、日ごろから使っているキッチンアイテムで代用ができるのですね。アルミホイルもキッチンペーパーも高いものではないので、その都度使い捨てをすることができ、洗う手間も省け、保管の場所も必要ないので良いです。

キッチンペーパーなどはアクを吸い取ってくれる役割もあり便利ですよね。落し蓋をすることで、煮物など料理がより美味しくなります。手持ちの落し蓋が、使うお鍋とサイズが合わない時にも簡単に作れますので、ぜひ活用してみて下さい。