洋服を捨てる方法5選!処分する服の見分け方から断捨離のコツまで

洋服を選ぶ女性

捨てるのはもったいないと思って、クローゼットやタンスの中が洋服で溢れていませんか?お気に入りの洋服はなかなか捨てられないので、ルールを決めないとたまり続けてしまう可能性があります。何年も着ていないなら、思い切って処分することも必要です。なかなか片づけられない人のために、洋服を捨てる方法や処分する服の見分け方を紹介しましょう。

洋服を捨てる方法

ゴミを捨てる

勿体無いからと言ってついつい溜まりがちな洋服ですが、いざ洋服を捨てようと思った時にどんな方法があるかご存知ですか?いらなくなった洋服を処分するための方法はいくつかあります。燃えるゴミとして捨てる方法や、買取や下取りでお金を稼ぎながら処分する方法などが代表的です。以下で洋服の処分する方法をご紹介します。

ゴミとして処分する

一番簡単で手軽な処分方法が、ゴミとして処分するということです。洋服は普通のごみ(可燃ごみ)として捨てることができるので、着なくなった洋服はまとめて処分しましょう。しかし、「資源ごみ」として扱っている自治体もあるので、捨てる前に必ず確認しておきましょう。

洋服をなかなか捨てられない場合は、ウエスにして使いきってから処分するのがおススメです。
ウエスとは、古着を使って作る自家製の使い捨て雑巾のことで、古着を小さく切り取るだけで作ることができます。油や汚れを拭き取った後なら思い残すことなく処分できるでしょう。特に年末の大掃除などでは雑巾が必要になってますし、普段使いであれば、靴磨きなどで使っても良いですね。

寄付する

着る機会がなく、捨ててしまえばゴミにしかならない洋服ですが、寄付することで色んな人に喜んで着てもらうことができます。

H&Mやユニクロなどでは、着なくなった古着の回収サービスを行っています。

H&Mの回収では、どのブランドのものでも引き取ってもらえるだけでなく、要らなくなった洋服を袋に詰めて持っていくと、一袋につき「500円分のクーポン券」を貰うことができるのです。このクーポン券は、次回の買い物時に3,000円以上の商品を買った時に使用できるクーポンとなっています。

寄付された洋服は、世界中の難民や貧しい人たちに配られたり、新しく作られる洋服の一部となったりして再利用されます。

全商品リサイクル活動|UNIQLO
https://www.uniqlo.com/jp/sustainability/recycle/

H&M 古着回収プログラム | H&M
https://www2.hm.com/ja_jp/ladies/shop-by-feature/16r-garment-collecting.html

知り合いに譲る

捨ててしまってもったいないと思うものは、親しい人にあげるという手放し方もあります。この方法だと寄付とあんまり変わらないと思うかもしれませんが、手渡しで親しい人にあげると、喜んでもらえる顔が間近で見られるというメリットがあります。

ちょっと高い服でも、親しい人に渡すのなら損したような気分にあまりなりませんし、実際に欲しいと言ったものを渡すこともできるでしょう。子供の成長は早いので、子供や学校関連のものを処分する時は、知り合いにあげると喜んでもらえることもあります。

オークションやフリマアプリで売る

オークション

いらなくなった洋服を処分する場合、オークションやフリマアプリで売る方法もあります。未使用ならまだしも、数回着たノーブランドの洋服を買取しているサイトはあまりありません。オークションやフリマアプリはユーザーの間で売買、商品取引が行えるので、そういうものでも売れる可能性は十分にあります。

着なくなった洋服が少しでもお金に替えられるなら、オークションやフリマアプリを利用してお小遣いを稼いだ方がお得です。意外と高く売れるものがある可能性があるので、一度どんなものが売られているかを見てから、検討してみても良いでしょう。

宅配買取サービスを利用する

宅配買取サービスは、以前はあまり知られていませんでしたが、とても便利なので利用している人が増えているサービスです。宅配買取サービスとは、Webサイトなどで申し込み、いらないものを段ボールに詰め込み、物品を送ることで買取してくれるサービスとなっています。

一つ一つの買取金額はそれほど期待できないこともありますが、段ボールで物品を送り、一気に大量の洋服を買取してもらえます。処分などの時間がない人や、捨てるのが面倒だと考えている人には人気の高いサービスです。

ファッションアイテムだけでなく、本や漫画、家電など、色んな物を買取しているサービスもあるので、手っ取り早く色んな物を処分したいときにオススメの方法となっています。

洋服を捨てる基準は?見極め方やタイミング

洋服を選ぶ女性

まだ着られるかもしれない、捨てるのはもったいないなど、洋服を捨てる時に迷ってしまうこともあります。けれども、いつまでも着ない服を持っていても、クローゼットの中を溢れさせるばかりか、洋服にカビが生えてしまい、大事な服までダメにしてしまう、なんてこともあります。ここでは思い切って捨てられるように、洋服を捨てる基準や、見極め方、タイミングなどを紹介しましょう。

洋服の消費期限で見極める

洋服が破れてしまった、取れないようなシミがある、毛玉がたくさんあるなどといった場合、「洋服の賞味期限」と判断を下し、捨ててもいいタイミングです。

おしゃれな洋服だったとしても、流行が去った後は「古臭く見える」ということもあります。この場合も着る機会になかなか恵まれないので、賞味期限切れだと判断し処分の対象にすることも大切です。

人によりますが、1年以上着なかった服は、この先も着る機会があまりないですし、思い切って処分することも必要です。自分の中で「○○年着なかったたら処分する」というルールを決めれば、捨てるタイミングが見極められるようになるでしょう。

ワンシーズンものの見極め方

およそ3カ月のワンシーズンしか着る機会がない季節の洋服もありますが、衣替えをする時に思い切って処分することも大切です。一年後には服が傷んでいたり、サイズが合わなかったり、流行おくれになったりすることもあります。来年もその洋服が着たいかどうか、流行りおくれにならないかどうかできちんと見極めましょう。また処分する際には過去に来ていたいらない服も併せて処分するのがオススメです。

子供服を捨てるコツ

着替えをする子供

子供の成長は早いので、子供服はすぐに着れなくなってしまいます。また、子供は洋服を大切に着るというのが難しいので、汚れをつけたり、袖や裾が伸びてしまったりすることが多いでしょう。その場合は、思い切って処分した方が良さそうです。

服を着るのは子供本人なので、処分する時は子供に「また着たいか、捨ててもいいか」聞いてみるということも大切です。また子供服は成長に併せて購入する必要があるので、コストも安くはありません。もし、友人や兄弟で子供がいる場合は、いらない服で着られそうなものを譲ってみるというのも手です。

洋服を捨てるのがもったいない…断捨離のコツ

断捨離

断捨離とは、不要なものを捨てることです。断捨離をすれば、生活の質を向上、運気向上などの効果も期待できると言われています。断捨離は何歳から始めてもいいですが、人生の折り返し地点である40代で始める人も多いです。どうやったら物を捨てられるようになるのか、断捨離のコツを紹介します。

一度も着ていない服や買ったばかりの服は処分できないかもしれませんので、服を捨てる時は時期やルールを明確に決めましょう。「一年以内着なかったら処分する」「ワンシーズン使わないと思ったら処分する」など。まだ着られるかもしれないと思ってしまうと、捨てる決心がなかなかつかない方も少なくありません。事前にルールを決めてから処分を検討するようにしましょう。

他には、「似たようなデザインは一つだけにする」「何か買ったら一つ捨てる」というルールも断捨離のコツになります。断捨離を行えば、物への執着心が無くなり、無駄な買い物が減ってきます。

また部屋がキレイになることで仕事の能率が良くなったり、片づける手間が省けて時間を節約できたりするなど、様々なメリットがあります。服を捨てるのはもったいないかもしれませんが、勇気を出して断捨離すれば色んなメリットを得ることができます。

最近では「ミニマリスト」という言葉が流行っていますが、そこまでいかなくても物に対する執着心から解放される感覚は新しいものです。ぜひ一度、実践してみてその効果を感じてみてはいかがでしょうか?

洋服を捨てると風水的に運気が上がる?

座禅のポーズ

ずっと同じ服を着ていたり、物を手放せないでいたりすると、運気に悪影響を与えることがあります。というのも、風水の世界では「手放す」ことが大切だと言われているのです。洋服を捨てると風水的にどのように運気があがるのでしょうか。ここで詳しく解説していきましょう。

風水の考えでは、服をはじめ、その人が常に使い続けるものには、厄がたまりやすいとされています。つまり、同じ服を長く使い続けてしまうと、厄がたまってしまい、あまり良くないのです。また、厄がたまると新しい運が吸収できなくなってしまい、運気が低下するとも言われています。

さらに、服や下着などは出会いの運に影響を与えると言われています。クローゼットやタンスが服でパンパンに埋まっていると、新しい運が入ってこられないため、出会い運が下がってしまうのです。素敵な人や自分に良い影響を与える人と出会うためには、クローゼットやタンスを整理し、余裕を持たせることが必要です。

以上のように、風水の観点では運気が悪くならないように物を溜め込まないことが必要です。ものが片付ければ仕事が捗るだけでなく、出会いなどの良縁にも恵まれるのです。仕事もプライベートも充実させられるので是非ともいらなくなったものを捨てていくと良いでしょう。

服を捨てるのは悪いことではない

服を抱えた女性

物を大切にするということも大事ですが、いつまでも使わない服を持っていても仕方がありません。全く着る機会に恵まれなかった服でも、処分の仕方によってはお金に替えたり、寄付したりして誰かに喜んでもらえる方法もあり、無駄にはなりません。また、断捨離をすれば生活の質を向上でき、運気をあげるというメリットもあるので、色々な方法で洋服を処分してみましょう。

洋服を選ぶ女性

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる