重曹の使い道大全集!掃除から美容そして料理まで

掃除・美容・料理と様々なシーンで大活躍してくれる重曹ですが、重曹が色々なことに使えることは知っていても具体的にどのようなことに使えるのかはわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで、重曹の王道的な使い道から驚きの使い道まで様々なものを紹介していきます。重曹をまだ使ったことのない人はもちろん、すでに使っている人も必見です。

重曹の使い道~掃除編~

排水口の掃除

重曹がこれだけ流行するようになった要因としては掃除で非常に有効だということでしょう。重曹がなぜ掃除に良いのかには3つの理由があります。

1つ目は、弱アルカリ性であるということです。頑固な油汚れなどは酸化しているので酸性の汚れになるのですが、弱アルカリ性の重曹を使うことで酸性の汚れを中和しスッキリと落とす事ができるのです。

2つ目は、粒子が細かく水に溶けにくいということです。水に一見溶けているように見えても粒子が細かくそのままなので、クレンザー効果で汚れを落とすことが出来ます。

3つ目は、発泡性があるということです。この発泡性により汚れや焦げ付きに吸着し、浮かび上がらせきれいに落とすことが出来ます。

そのままクレンザー代わりにできる

重曹を使用した掃除の基本的な方法ですが、まず代表的なのが粉のままクレンザー代わりにして使用するというものです。シンクやお風呂場の掃除などでよく使われる方法で、換気扇フィルター等の場合は粉をふりかけた後に少し時間をおいてからブラシなどで擦るとゴッソリ汚れが落ちていきます。

汎用性の高いスプレーでも使用感が良い

次に様々なシーンで使用できるスプレーもあります。スプレーボトルに重曹を入れてぬるま湯で溶かすだけで簡単に作ることが出来ます。壁や電子レンジ、トイレ掃除など普段よく掃除する場所の洗剤代わりに重曹スプレーを使用するのです。クリーンな洗剤でコスパもいいのでたっぷり使うことが出来ます。

ペースト状にすればカビ取り剤としても使える

最後に、ペーストにして使用するという方法をご紹介します。水に溶けにくいという性質を利用して、重曹3水1程度の割合でペーストを作り研磨剤のようにして使用します。酸素系漂白剤を混ぜたペーストにすると、浴室などのカビ取り剤としても使うことが可能です。

重曹の使い道~美容編~

フットケアをしている女性

重曹は美容にも役立てることが出来るというのはあまり知られていないかもしれません。

かかとケアに活躍

代表的なものとしては、かかとケアに重曹を使うというものがあります。重曹でペーストを作り、かかとのひび割れしているような部分に塗り軽くマッサージしてから洗い流すというものです。

古くなった角質を落としてくれると同時に柔らかくしてくれる効果が期待できます。ペーストにオリーブオイルやホホバオイルなどといった油を混ぜるとより効果が高まります。

古くなった角質を落として肌を柔らかくツルツルにしてくれる効果は、入浴剤代わりに浴槽に重曹をひとつかみ入れることでも効果を得ることが出来ます。

足の消臭もできる

重曹には非常に高い消臭効果もあります。靴などは履いていると徐々に臭いがついてきてしまいますが、古くなった靴下などに重曹を入れて靴の中に入れておくと除湿・消臭効果を期待することが出来ますし、重曹が固くなるまで繰り返し使用することが可能です。靴下に入れなくても、粉のまま靴の中に入れても効果が期待できるでしょう。

気になるワキの黒ずみも解消

夏の時期になるとノースリーブなど肌の露出も増え、ワキの黒ずみが気になるという人も多いのではないでしょうか。重曹はこのワキの黒ずみにも効果が期待できます。

重曹と水を同量混ぜ合わせクリーム状にし、ワキに塗りパックします。そのままでも大丈夫ですが、ラップなどを使用するとしっかりと密着するのでより効果的です。

10分程度パックしたら洗い流して、保湿などのスキンケアを行えば完了です。黒ずみなどがキレイになるだけではなく、臭いなども抑えてくれる効果があるので夏には最適なケア方法と言えるでしょう。

重曹の使い道~料理編〜

重曹

重曹は料理でも大活躍してくれます。どのようなことに使えるのか見ていきましょう。

枝豆やブロッコリーなど緑の食材を鮮やかにする

枝豆やブロッコリーなど緑色の野菜を茹でる時に、1リットルあたり小さじ2分の1程度の重曹を入れて茹でると彩りよく鮮やかで美味しそうな緑色に茹で上がります。

野菜や山菜などのアク抜きに使える

わらびやゼンマイなどの山菜やたけのこなどは、1リットル程度の水に小さじ1程度の重曹を混ぜたもので茹でたり浸けたりするとアク抜きが可能です。重曹の繊維を柔らかくする効果によって、通常のアク抜き方法よりも抜けやすくなります。

タンパク質を分解し肉を柔らかくする

重曹にはタンパク質を分解する効果もありますので、硬い筋張った肉でも柔らかく美味しくすることが出来ます。エビやイカなどに使用してもタンパク質分解作用によりプリプリとした食感になるのです。

発泡作用でふんわりサクサクを実現できる

重曹には発泡作用がありますので、ホットケーキに入れることでふんわりと膨らませる事が可能です。また、揚げ物の衣に重曹を混ぜることでサクサクとした揚げ上がりも期待できます。

重曹の使い道~その他~

シルバーアクセサリーの汚れ落とし

重曹には他にも様々な使い道が存在します。

シルバーアクセサリーの黒ずみ除去

購入した時はピカピカの銀色だったシルバーアクセサリーが黒ずんでしまったという時にも重曹は有効です。酸化銀が出来てしまっている状態なので、容器にアルミ箔を敷きシルバーアクセサリーに重曹をふりかけ熱湯を注ぐと、発生した水素が酸化銀を還元するのでピカピカの銀に戻ります。

重曹うがいで虫歯口臭予防

コップ1杯あたり小さじ2分の1程度の重曹を混ぜた水でうがいをすると虫歯や口臭の予防に効果的です。口内が酸性に傾いていると虫歯になりやすいですが、重曹うがいによって口内を中和させることで虫歯や口臭の予防につながるのです。

消臭効果

重曹の高い消臭効果は手軽な消臭スプレーとして役立ちます。下駄箱や生ゴミなどニオイの発生源に重曹水をスプレーするだけなので非常に手軽です。

重曹の選び方

重曹で書かれた文字

重曹といっても食用や掃除用など様々なものが売られているのでどれを選べば良いのか迷ってしまうという人もいるでしょう。

掃除にしか使わないというのであれば掃除用の重曹でもいいですが、料理や美容など様々なシーンで活用したいという場合には食品添加物グレードのものを使用する必要があります。食品添加物グレードのものであれば、料理や美容はもちろん掃除にも使えるので万能です。

重曹を使用するときの注意点

重曹と掃除道具

万能な重曹ですが、注意しなければならないケースも存在しています。どのような点に注意しなければいけないのか確認しておきましょう。

敏感肌の人は注意

重曹は弱アルカリ性で強い刺激ではありませんが、敏感肌の人などは注意しながら使用し異常が発生したら使用を中止しましょう。また、乾燥もしやすくなるので、入浴剤などにする場合はしっかりと洗い流してから出るようにします。

過剰摂取に注意

食品添加物グレードの重曹は食べても問題ありませんが、過剰摂取には注意しましょう。重曹は炭酸水素ナトリウムのことなので、過剰に摂取してしまうとナトリウム(塩分)過多になってしまいます。

材質を確認する

掃除をする時には材質にも注意が必要です。アルミや銅の鍋に使用してしまうと黒くなってしまうことがありますし、畳などは奥まで浸透し黒ずみが取れなくなってしまう可能性もあります。漆器や大理石なども傷やコーティングを剥がしてしまう可能性がありますので避けたほうが良いでしょう。

まとめ

掃除道具をもつ女性

重曹は掃除だけではなく、美容や料理など様々なシーンで活躍してくれる家庭における万能選手です。

重曹を上手く活用することによって料理であれば見た目も食感も良くしてくれますし、掃除であればクリーンで安全にキレイにすることが出来ます。ただし、万能とは言っても注意しなければならない点もありますので、重曹の特徴を把握し上手く活用することが大切です。