陰干しの正しいやり方!時間帯や季節、最適な洋服の種類まで

お気に入りの洋服を陰干ししたはずなのに生乾きのにおいがする! なんて経験ありませんか?実は陰干しには正しいやり方があるんです。誤った干し方は雑菌やカビの繁殖に繋がったり、洋服の変質や変色を引き起こす恐れもあります。今回は正しい陰干しのやり方から適した時間帯、おすすめのグッズまでご紹介します。

陰干しとは?どんな時にするの?

窓に写る洗濯物

陰干しとは字の通り、日光に当てずに洗濯物を干すという意味です。必ずしも屋外の日陰に干さなければならないという決まりはなく、室内でも陰干しになります。よく「部屋干し」と言われる干し方も陰干しのひとつの方法なんですね。

日光に当てて干す場合には服が紫外線によってダメージを受けることがあります。これは服に残った汚れが変退色したり、特に綿や麻のほかウールやシルクといった天然繊維は紫外線によって変質するなんてこともあります。

陰干しをすることで洋服への負担を減らすことができるので、せっかく購入した大切な服を長く着るためにも陰干しをうまく活用すると良いですね。

陰干しすべき洋服は?

室内で陰干し

陰干しの特徴をご説明しましたが、どんな服に使ったらいいんだろうと思われる方もいるでしょう。

陰干しをするかどうかの判断基準として「洗濯表示」を確認するといいでしょう。ほとんどの衣服に付いているラベルを見て、斜線が入ったマークがあれば陰干しのサインになります。また、洋服に正方形の左上に入った斜線が入っている表示は、陰干しを推奨している衣類ですので積極的に陰干しをしましょう。

洗濯表示が書かれていない場合は、通常の日干しがよい場合もありますのでご確認ください。洋服以外にもタオルや肌着なども陰干しすると肌触りがよくなるので、タイプ別に干し方を変えるのもおすすめです。

陰干しをする方法

部屋干しの靴下とタオル

陰干しには干す際にポイントがあります。室内に干すときのポイントと屋外に干すときのポイントをあわせてお話します。

室内で陰干しする場合

風通しのいい部屋で換気をしながら干し、出来れば扇風機の風を2~3時間衣類に直接当てると乾きもよく良いです。
通気性の良くない部屋など、部屋干しは干し方によっては生乾きのにおいが発生しやすくなりますので、衣類の間隔をあけて干しましょう。また屋外に干す衣類よりも乾きが遅いことがあるので、しっかりと乾いているのを確認してから取り込むことを心がけましょう。

屋外で陰干しする場合

屋外に干す場合の最も重要なポイントは日光に当てないことです。先ほどもお話しましたが、綿、麻、ウール、シルクなどの天然繊維はダメージを受けやすい繊維のため、紫外線が当たることによって変質や変色をしやすくなります。

季節によって影干しの時間帯を変えるのもポイント

また、季節によって日光が照っている時間帯が異なるため、干す時間帯も変えると良いでしょう。比較的日照時間の長い春~夏は、早朝から10時前後と17時から20時前後。日照時間の短い秋~冬は、早朝から11時前後と16時から夜間。室内干しと同じく、しっかりと乾いてから取り込みましょう。

陰干しに役立つおすすめグッズ

陰干しに役立つ便利グッズをご紹介致します。サイズや機能など、ご家庭に最適なものを吟味してみてください。

ベランダカーテン エコガード物干し

ベランダカーテン エコガード物干し

価格(Amazon):1848円(税込み)

屋外で干す際に直射日光を防いでくれます。

ekans(エカンズ) 室内物干し X型レギュラータイプ

エカンズ 室内物干し

価格(Amazon):2,980円(税込み)

室内干しをする際に、衣服同士の間隔をあけることが出来るので乾きやすくなります。

まとめ

浴室乾燥で陰干し

陰干しのやり方から干す時間帯や季節までいくつかのポイントをご紹介しましたが、なかには干し方を初めて知ったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。陰干しする洋服は洗濯表示で判断して、日光を避けて干すという点が重要なポイントです。これを機に陰干しをうまく活用してお気に入りの洋服を長持ちさせましょう。