お風呂の床の黒ずみの掃除方法!おすすめの落とし方4選

お風呂の床の黒ずみの原因

タイル 汚れ

お風呂の床の黒ずみの原因は以下の汚れが混ざってできたものです。

  • 水垢
  • 皮脂や油脂
  • カビ
  • 金属石鹸

さまざまな汚れがお風呂の床で混ざり合って黒ずみができますが、それぞれ汚れにも種類があり、汚れを落とすための洗剤のタイプが異なります。汚れの種類は大きく分けて2つです。

お風呂の汚れは2種類ある

1. アルカリ性の汚れ

水道水に含まれているカルシウムやマグネシウムが原因で発生する水垢などがアルカリ性です。アルカリ性は酸性の洗剤を使用して落とします。

2. 酸性の汚れ

人の体から出る皮脂と石鹸などの油脂が原因で発生する汚れが酸性です。体を石鹸で洗ったり、髪の毛をシャンプーして流れた皮脂と油脂の汚れの成分が固まってしまったものです。
酸性はアルカリ性の洗剤を使用して落とします。

お風呂の床の黒ずみはアルカリ性

お風呂の床の黒ずみの原因は「金属石鹸」です。 金属石鹸というと聞きなれないと思いますが、汚れの種類が「アルカリ性(水のカルシウムとマグネシウム)」と、「酸性(石鹸の油脂)」が両方混ざり合ってできたものが金属石鹸です。

金属石鹸はアルカリ性で、アルカリ性の汚れを落とすのは「酸性」です。家庭用洗剤で有名なカビキラーやキッチンハイターはアルカリ性ですので黒ずみは落とせません。

カビキラーでさえ落とせないとがっかりしていた方には、目からうろこだと思います。どんなの強力な漂白作用がある洗剤でも、汚れの種類が違うと落とすことができません。

お風呂の床の黒ずみの掃除は、黒ずみそのものを掃除してキレイにするだけではなく、お風呂の床の汚れの種類のそれぞれに合った洗剤を使用して掃除をすることが重要になります。

お風呂の床の黒ずみを落とす際の注意点

端の方で試してから掃除する

お風呂の床がプラスチック系の素材(カラリ床など)の場合に黒ずみが発生しやすいと言われています。床の材質によっては色が落ちたり、コーティングが剥がれてしまうことがあるので、端の方の目立たない場所で確かめてからお掃除をしてください。

乾いた床に注意する

また、水で濡れていない乾いた床に洗剤をかけて長時間放置してしまうと、洗剤をかけた部分が変色してしまう場合があるので注意してください。使用する洗剤の注意書きをよく確認してください。

メラミンスポンジはNG!

さらに、メラミンスポンジは汚れを落とすのに効果的なのですが、床面を傷つけてしまう可能性があるので使用しないでください。

1.サンポールを使ったお風呂の床の黒ずみの掃除方法

ブラシ 清掃

出典:amazon.co.jp
サンポール
サンポール トイレ洗剤 尿石除去 1000mL
¥ 345(税込)
Amazonで見る

お風呂の床の黒ずみはアルカリ性ですので、酸性の洗剤を使用して汚れを落とします。強力な酸性の洗剤と思いつくのがサンポールです。サンポールはトイレ用の洗剤ですがお風呂の床の黒ずみを落とすのにとても効果的です。

  1. キッチンペーパーなどを敷いてサンポールをかける
    お風呂の床の黒ずみ部分にキッチンペーパーやティッシュペーパーを敷き、上からサンポールをたっぷり掛けます。
    サンポールを浸したキッチンペーパーやティッシュペーパーをしっかりと床に密着させることがコツです。
  2. 2時間放置する
    そのままの状態で2時間放置します。
  3. ブラシで汚れを擦り落とす
    放置した後、キッチンペーパーを取り除きブラシで汚れをゴシゴシと擦り洗いをします。床の凹凸に汚れが溜まっているのでいろいろな方向からブラシを細かく動かして汚れを落とします。
  4. シャワーで流す
    擦り洗いが終わったらシャワーで洗い流すとキレイな床が蘇ります!

サンポールで黒ずみを落とすときの注意点

塩素系洗剤と一緒には使用してはいけない

サンポールは強力な酸性洗剤です。絶対にキッチンハイターやカビキラーなどの塩素系洗剤と一緒には使用しないでください! 酸性洗剤と塩素系洗剤が混ざると有毒ガスが発生してしまいます。

床が変色する可能性もある

強い酸性洗剤なので浴槽や床の材質によっては色が変色したり変質するリスクがあります。全体に使用する前に床の端など目立たない部分で試してから全体に使用するようにしてください。

ゴム手袋をつける

酸性洗剤ですので手荒れ防止にゴム手袋を使用し作業してください。

換気扇をつける

必ず換気扇を使用し窓を開けて作業してください。

サンポールでの黒ずみ掃除は強力な洗剤なのでリスクも含んでいます。より安全で簡単に作業をするために他のお風呂の床の黒ずみの掃除も紹介します。

2.シール剥がしを使ったお風呂の床の黒ずみの掃除方法

出典:amazon.co.jp
スリーエム(3M)
3M シールはがし クリーナー30 強力 ハードタイプ 100ml Cleaner30 MINI
¥ 558(税込)
Amazonで見る
  1. シール剥がしをかけ15分程度放置する
    お風呂の床の黒ずみにシール剥がしのスプレーをシューッと吹きかけます。スプレーを吹きかけたら15分ほど放置します。
    ※柑橘系の匂いが強くお風呂場以外にも広がってしまうので、換気扇をつけて窓を開けてお風呂場のドアを閉めて放置することをおすすめします。
  2. シャワーをかけながらブラシで擦る
    15分放置した後はシャワーを掛けながらブラシでゴシゴシ擦るとキレイに黒ずみ汚れを落とすことが出来ます。
  3. ヌメリがある場合は浴室用洗剤で洗う
    シャワーで流した後、床に吹いたスプレーのヌメリが気になる場合は浴室用洗剤でさっと洗ってください。

重曹とクエン酸を使ったお風呂の床の黒ずみの掃除方法

クエン酸 重曹

お風呂の床の黒ずみ汚れの目立つ部分に重曹だけを撒いて擦って掃除をしてもキレイにはなりません。またクエン酸だけを撒いて擦って掃除をしてもキレイにはなりません。しかし、重曹を撒いた上にクエン酸を撒き少し水掛けると化学反応が起こりシュワシュワブクブクとガスが発生します。

  1. 重曹とクエン酸を2:1の割合でかける
    重曹とクエン酸は2:1くらいの割合で使用します。厳密に計ったりしなくても大丈夫です。クエン酸の代わりに「お酢」を掛けても同じ化学反応が起こります。このガスによって発生した泡が黒ずみ汚れを分解してくれます。
    ※ちなみに、このガスはカラダに影響を及ぼす害は無いので心配ありません。
  2. ラップを上からかけて1時間放置する
    発生したガスを逃さないよう空気が入らないようにラップを上から掛けて1時間程度放置します。
  3. ラップを取ってブラシで擦り洗いする
    放置後ラップを外してブラシでゴシゴシと擦り洗いをします。床の凹凸に汚れが溜まっているのでいろいろな方向からブラシを細かく動かして汚れを落とします。
  4. シャワーで泡を流す
    擦り洗いが終わったらシャワーで泡を洗い流すとキレイな床が蘇ります!

3.オキシクリーンを使ったお風呂の床の黒ずみの掃除方法

出典:amazon.co.jp
OXICLEAN(オキシクリーン)
オキシクリーンEX2270g (原産国アメリカ) 酸素系漂白剤 粉末タイプ 詰替え不要の専用プラ容器 お手頃サイズ
¥ 2,678(税込)
Amazonで見る

テレビや雑誌でも取り上げられることが多いアメリカの洗剤オキシクリーンを使用したお風呂の床の黒ずみの掃除方法もあります。
オキシクリーン液での掃除は浴室全体に使用することが出来ます。床だけではなく、お風呂のフタや浴槽の溝などを一緒に掃除をしてキレイにすることができます。

  1. オキシクリーン液を作る
    まず洗面器にオキシクリーン液を作ります。洗面器に40度~60度のお湯を入れ、そこにオキシクリーンをアメリカ製スプーン:ライン4(約116g)分入れてよく混ぜて泡立たせます(この分量はお湯4L洗面器1杯分の容量です)。少ないお湯で濃いオキシクリーン液を作るのがポイントです。
  2. オキシクリーン液を床全体に伸ばす
    オキシクリーン液を強くこすらずに塗りこむイメージでお風呂の床全体にオキシクリーン液を伸ばしていきます。このとき換気扇がついているとオキシクリーン液がすぐに渇いてしまうので、換気扇は止めておきます。
  3. 1時間程度放置してシャワーで流す
    1時間ほど放置してシャワーで洗い流すとキレイな床が蘇ります。

4.その他の洗剤を使用した場合

漂白剤を使ったお風呂の床の黒ずみの掃除方法

出典:amazon.co.jp
ハイター
キッチンハイター 台所用漂白剤 特大サイズ 2500ml
¥ 642(税込)
Amazonで見る

ハイターなどの漂白剤を使用した場合ハイターのなかでも洗浄成分がプラスされてヌメリや黒カビを除去しやすくなっているのがキッチンハイターです。

お風呂の床の黒ずんだ場所にふりかけて使用します。特にブラシなどでゴシゴシとこする必要はなく、ふりかけてから数分置き、その後シャワーで洗い流すだけできれいになります。

塩素系漂白剤には混ぜるな危険という注意書きが必ずあり、酵素系漂白剤と混ぜると有毒ガスが発生し大変危険です。必ず換気扇を回し窓は開けて通気を良くして掃除をしましょう。

セスキ炭酸ソーダを使ったお風呂の床の黒ずみの掃除方法

出典:amazon.co.jp
トーヤク
セスキ炭酸ソーダ 1kg
¥ 508(税込)
Amazonで見る

万能と言われ話題のセスキ炭酸ソーダですが、重曹はより高いアルカリ性となります。重曹に比べて水に溶けやすくたんぱく質や油汚れに対する洗浄力が重曹よりも上回ります。

水に溶けやすい特徴からスプレーにして使用します。自然由来で環境に優しいので安心して使用することができます。スプレー容器に水500mlを入れてセスキ炭酸ソーダ小さじ1を入れて振って混ぜれば完成です。

しかしセスキ炭酸ソーダはアルカリ性なので皮脂と石鹸などの油脂汚れに対して効果は抜群なのですが黒ずみを排除することは出来ません。但し、浴室全体のお掃除に使用することによってカビの原因となる菌の働きを抑える効果があるので予防することができます。

お風呂の床の黒ずみ予防対策

シャワー 湯気

熱めのシャワーで床を流す

お風呂に入った後、少し熱めの45度くらいのシャワーで床を洗い流しましょう。お風呂の床の黒ずみの原因は皮脂汚れや石鹸カスですので、皮脂汚れや石鹸カスを除去しておくことができれば、お風呂の床の黒ずみもできにくくなります。

皮脂汚れや石鹸カスは熱いお湯で落とせます。食器を洗う時も水よりお湯を使った方が油汚れも落ちやすいですよね?お風呂に入った後は汚れが浮き上がっているので汚れを流しやすくなっています。

お風呂の掃除を定期的に行う

黒ずみの掃除だけではなくお風呂全体の掃除をこまめにやることが汚れの予防になります。汚れは蓄積すると頑固にこびりついてしまい洗い落とすのが大変になります。色々な種類の汚れを溜めなようにすることが黒ずみ汚れの予防対策につながります。

まとめ

キレイな浴室

お風呂の床のなかなか取れない黒ずみの原因とその掃除方法をご紹介しました。

お風呂の床の色によっては、なかなか気がつかないこともありますので、チェックしてみてください。時間がたてばたつほど、お風呂の床の黒ずみは頑固になって落としにくくなりますので注意してください。

ご自分にあった掃除法で黒ずんだ床をピカピカにしてキレイなお風呂に入ってリラックスしてくださいね。

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる