カラスの被害に遭いやすい『ゴミ捨て場の特徴』3つ 近づけないための対策は?

ゴミを荒らすカラス

ゴミ置き場の中でも、カラスが多く集まる場所と、そうではない場所がありますよね。どうしてカラスの集まり方にばらつきがあるのか、原因をチェック!自分たちが住む地域が当てはまっていないか、確認していてください。ゴミ置き場にカラスが群がりやすい場合に試したい対策も、紹介しています。

カラスがゴミを荒らす理由

カラス

ゴミ置き場に群がるカラス、怖いですよね。ゴミ出しをしたいけれど、カラスがいるため断念したという経験をしたことがある人も、いるのではないでしょうか。どうしてカラスは、ゴミ置き場に集まってしまうのでしょうか。

  • ゴミ置き場に、食料となる生ゴミがたくさんあるため
  • 人間を怖がらなくなってきたため
  • 生ゴミは栄養価が高く、ひな鳥を育てやすいため

カラスがゴミ置き場に出現するのは、人間に大きな原因があるのです。

カラスの被害に遭いやすい『ゴミ捨て場の特徴』3つ

悩む女性

カラスの被害に遭いやすいゴミ置き場には、以下のような特徴があります。

1.生ゴミが多い

生ゴミが多いゴミ置き場は、カラスが群がりやすく、散らかしなどの被害に遭いやすいものです。生ゴミがゴミ袋の側面にが貼りついている場合も、カラスの被害に遭いやすい傾向。

生ゴミや残飯の処理ができていない状態でゴミ袋に入れてゴミ置き場に放置してしまうと、野ネズミや野良の犬猫が食い荒らしてしまうかも。そうなると、その残飯を食べるためカラスも寄ってきやすくなります。

2.指定時間を守っていない

ゴミ出しは、自治体や市区町村が指定する曜日と時間を守って収集場所に出すのが基本です。これは、ゴミを荒らされることを防止する狙いもあるため、厳守しましょう。指定した曜日や日時を守らずゴミを放置していると、カラスなどが寄り付きやすくなります。

3.防鳥対策が甘い

ゴミ置き場は防鳥ネットなどでゴミを荒らされないよう配慮すべきですが、防鳥対策が甘い場合カラスからの被害を受けてしまうかもしれません。

  • 専用の防鳥ネットを使用していない
  • ネットに穴などの欠損があるなど

上記のような状態であれば、カラスから目をつけられてしまい、ゴミを荒らされる可能性が高まります。

ゴミ捨て場にカラスを寄せ付けないための対策

防鳥ネット

ゴミ置き場にカラスを寄せ付けないためには、以下の方法があります。

  • 生ゴミが見えないよう、新聞紙などにくるんでゴミ袋の中央に入れる
  • ゴミ収集日と収集時間を厳守する
  • 生ゴミそのものを減らすよう工夫する…食べきれる量の食事を用意し、破棄するものを減らすなど
  • 防鳥ネットを活用する
  • ゴミボックスを設置する

カラスは知能が高い動物なので、一度学習してしまうと何度も同じ場所でゴミを漁ってしまいます。近隣住民への被害などが出ないよう、できるだけ生ゴミがカラスの目に留まらないよう配慮してゴミを捨てるよう工夫しましょう。

また、決められた曜日の指定された時間以外にゴミを出してしまうと、廃棄物処理法に触れてしまう恐れがあります。罰金や懲役刑を科せられないためにも、ルールを守ってゴミを捨てるべきです。

まとめ

生ゴミは、どうしても出てしまうものです。出た生ゴミを上手に処理し、ゴミ置き場にカラスが寄り付かないよう利用する人みんなで協力しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ゴミを荒らすカラス

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る