大人の勉強は効率が重要!記憶力や集中力をアップするコツ

大人になってから「勉強したい」と思ったことありますか?資格を取るための勉強だけでなく、趣味をかねた勉強、必要にせまられた勉強、収入アップのための勉強など大人になってから勉強したいことやきっかけはさまざまです。今回は大人の効率的な勉強方法や、記憶力や集中力がアップするコツなどをご紹介したいと思います。

大人の勉強は知的好奇心が大切!

勉強する女性

これから勉強することや今勉強していることは「好き」「楽しい」ですか?

大人の脳も子供の脳と同じに新しいことを学ぶと脳の回路も増えて能力も身につきます。大人の勉強に大切なのは「好き」「楽しい」という感情と知的好奇心です。

知的好奇心とワクワクが強いほど記憶力もアップしますが、逆に楽しくないものを勉強していたらストレスだけが増えて記憶力も下がります。

大人が勉強時間を作るための方法とコツ

時計を持つ女性

「勉強したいけど毎日忙しくて時間がとれない…」

大人の勉強で一番ネックになっていることは勉強する「時間」ですね。毎日の生活の中で仕事や家事におわれて勉強する時間が限られてしまいますので、いかに短い時間で効率的に勉強できるかが重要ポイントになります。

そこで効率的に勉強できる「時間」のやりくり方法をご紹介したいと思います。大人の勉強はスキマ時間にしましょう。

30分早起きして勉強する

目覚まし時計と手

早朝は勉強におすすめです。朝の勉強のいいところは毎日決まった時間に勉強ができ、頭が疲れていない状態で勉強できるからです。

夜は仕事の残業や家事の内容で決まった時間に勉強できないことがありますし、なんと言っても一日の疲れで記憶力も低下しています。

最初から何時間も前からおきて使用とハリキリすぎてしまうと睡眠時間を削りすぎて寝不足になり長続きしませんので、最初は無理せず30分からスタートしてだんだん時間を増やしていきましょう。

家事をしながら勉強する

イヤホンつけて掃除

料理や掃除をしながら勉強するには音声学習が適しています。「音声教材(CD)」「教材アプリ」「読み上げアプリ」「自分で録音」などを聞きながら勉強します。

また、「暗記カード」も書く作業がありますので記憶の助けになります。暗記カードの表に自分で質問を書き裏に答えを書いておく、これをポケットに入れていつでも見ることができるようにしましょう。

移動時間に勉強する

電車で移動する人達

仕事や買い物などの移動時間も勉強することができます。家事と同じように音声学習が適しています。聞き逃しをすぐ戻すことができるのはアプリの読み上げ機能がおすすめです。本を読んでくれますので、スマホの画面で文章を見ながらイヤホンで聞くことができますので目と耳から勉強ができます。

大人が勉強に集中できるおすすめの場所7選!

カフェでPCを操作する女性
大人の勉強場所は集中力がアップする場所がおすすめです。

①自宅で勉強

自宅での勉強はあれこれ他のことが目についたりテレビなどの誘惑も多いので強い意思が無いと集中できません。自宅で勉強する時はテレビなど誘惑になるものから離れた場所に勉強空間を作りましょう。

私は朝起きるとテレビをつけてニュースを見る習慣があったので、テレビから離れて部屋を背にしてベランダの窓に向かって置いた折りたたみの机で勉強しました。目の間はカーテンだけですのでいやでも他のものは見えませんでした。

②会社で勉強

会社での勉強は昼休みがほとんどだと思いますが、昼休みでも仕事ができたり電話に出たりなど集中できません。この場合は「暗記カード」でちょこっと勉強が効率がいいと思います。

③車の中で勉強

車の中での勉強は「運転中の車」「駐車している車」の2つです。

④運転中の車の中で勉強

車の運転中の勉強は危険ですので、視聴勉強をおすすめします。ただし、音声勉強で集中しすぎて運転に支障がくる場合は止めましょう。

⑤駐車している車の中で勉強

以外と見落としがちなのは車の中です。自宅での勉強は家事など気になってしまうことがでてきて集中できなくなる可能性がありますが、車の中であれば部屋の中が目に付きませんので集中できます。

⑥カフェやファミレスで勉強

音がないと勉強に集中できない方に向いています。お店の中にパソコンが使用できるスペースがあるカフェやドリンク飲み放題のファミレスで勉強するとコーヒーなどを飲みながら気分転換できますので集中しやすいです。また、お金を出すので勉強しなきゃ損!という思いもありますので自分から勉強する意思がもてる場所になるでしょう。

⑦図書館で勉強

静かに勉強したい方に向いています。県立図書館や市立図書館などの公共の図書館は静かで集中できますし、回りに勉強している人たちがいるので励みにもなります。また、無料で時間を気にせずいられるのも嬉しいですね。

効率的な大人の勉強のコツ

本を読む女性

予習をする

効率よく勉強するには予習することが大切です。本や教科書で勉強する場合は、勉強する箇所をざっと目を通して大まかな内容を理解しておきましょう。

夜寝る前に予習をして朝起きたら勉強するのをおすすめします。予習した内容が脳にインプットされることで脳が暗記しやすくなります。

これは脳の性質が知っていることをスムーズに情報を引き出すという働きをするからです。予習したことは脳にとって知っていることなので記憶力がアップされます。

短時間でも毎日勉強する

毎日勉強する習慣をつけることは勉強の持続力や思考力をアップさせます。脳トレも毎日することで脳が活性すると言われていますし、筋トレもそうですよね。毎日筋トレしないと筋肉はつきにくくなります。忙しいときや疲れすぎている時は、10分でもいいので必ず勉強しましょう。

声を出して勉強する

勉強していることを声に出して読むなど、声を出すことで口を動かす・耳で聞くことができ集中します。人間の記憶は、脳の側頭葉というところにインプットされます。

側頭葉は視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚などの五感や心理的なものなどさまざまなものを管理しており、これらを使うことで記憶力がアップする特徴があります。また、勉強している内容を声に出すと刺激がありますので黙読するよりやる気スイッチが入ります。

大人に人気の勉強ジャンル

調理中にスマホを見る女性

一般的に勉強したいと思っている分野の一位は「語学系」のようです。特に英語はビジネスでも旅行でも役立ちますので、英語ができる人の働く場所は多いようです。

仕事に関係する勉強

語学、パソコン、経理、TOEIC、社会保険労務士などがメジャーです。

お金に関係する勉強

節約術、資産運用、コンサルティング、投資などが人気です。

料理に関する勉強

料理に関する勉強はオリジナルのレシピを考えるのも勉強です。レシピを考える際、食材の栄養素や健康面での効果効能やカロリーなどを調べることは勉強のひとつです。他に食生活アドバイザー、フードコーディネーター、栄養士、食品衛生責任者、野菜・果物資格ガイドなどがあります。

家事に関係する勉強

整理収納アドバイザー、お掃除スペシャリスト、掃除代行などすでに実践している得意分野を生かせる勉強が人気です。

子育てに関係する勉強

幼稚園教諭、チャイルドマインダー、保育士、ベビーシッターなど、本格的な資格の勉強から子育て経験を生かせる勉強まで色々あります。

大人の勉強というと資格を取るために勉強する、仕事で必要にせまられて勉強する、キャリアアップのための勉強、旅行のための語学の勉強など、さまざまな理由やきっかけがありますが、自分が興味を持っていて知りたいことを学ぶということが最も記憶力がアップします。

大人の勉強は老化を防ぐ!

年配者のパソコンの勉強

何歳になっても脳は成長できますので、難しいことを無理にがんばって勉強するのではなく、興味がある分野に関して生涯、勉強を続けることで刺激になって脳の老化は抑えられます。

まとめ

図書室で手を伸ばす女性

大人の勉強の方法やコツをご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか?「この年で勉強なんか無理…」「勉強する時間が無い…」と言う方にはお役に立つ情報だったと思います。

好きなこと、興味があることなど知的好奇心で勉強するのが記憶力も集中力もアップしますので、趣味も勉強のひとつだと考えて楽しみながら習得しましょう。一日5分でもかまいませんので、大人の勉強をスタートしてみませんか?