ボールペン汚れの落とし方!服についた油性と水性インクの染み抜き手順

水性ボールペンのインク汚れの落とし方

ポケットに詰め込まれたボールペン

服に付いてしまったボールペン汚れが水性インクである場合には、水洗いで可能な落とし方があります。

  1. インクが付いてしまった部分を水で濡らしながらもみ洗いをします。
  2. ある程度を落とすことができたら、今度は石鹸を付けてもみ洗いをします。

これだけでもスッキリとボールペン汚れを落とすことができます。水洗いでは落としきれなかった場合、同じ工程でぬるま湯を使ってもみ洗いしてみてください。

油性ボールペンのインク汚れの落とし方

用意するもの

  • ティッシュ
  • エタノールまたは除光液

エタノールと除光液は、どちらかを用意することができればOKです。女性ならほとんどの方が除光液を持っていらっしゃるのではないかと思いますので、わざわざエタノールを買いに走る必要はありません。

  1. 油性インクのボールペン汚れはエタノールまたは除光液で可能な落とし方があります。
  2. インク汚れが付いてしまった部分の服の下にティッシュを敷きます。
  3. インク汚れが付いてしまった部分にエタノールまたは除光液を垂らします。
  4. 垂らしたらすぐにティッシュで上から押さえます。そうすると、下に敷いておいたティッシュと上から抑えたティッシュにボールペン汚れが染み出てきます。
  5. ティッシュを交換しながらボールペン汚れが消えるまで何度が繰り返し行います。

エタノールまたは除光液を使って油性インクのボールペン汚れを落とす場合、服の色も一緒に抜けてしまうことがあります。柄物の服や色落ちしてしまう服には十分に注意して利用してください。ボールペン汚れをスッキリ落とすことができたら、後は洗濯機でいつものように洗濯します。

服にボールペンの汚れが付いた時の応急処置

ボールペンと付箋

水性ボールペンの場合

水性インクのボールペン汚れである場合、水性インクは水にとっても弱いので、水洗いをするだけで落とすことができる可能性が高いです。水洗いだけでは落ちなかった場合には石鹸を使ってもみ洗いをしてください。ぬるま湯やお湯であれば、もっと素早くキレイに落とすことができる可能性が高いです。

油性ボールペンの場合

油性インクのボールペン汚れである場合、応急処置がなかなか難しいです。思わず擦ってしまったことでシミが広がってしまうこともあります。自宅にいるときに服に油性インクのボールペン汚れが付いてしまった場合にはエタノールまたは除光液を使って落としてください。

外出先で付いてしまった場合には、そのまま何もせず自宅に帰ってからエタノールまたは除光液を使って落としてください。除光液はコンビニにも売っているので、今すぐに落とさなきゃならないという場合には買いに走っても良いのではないでしょうか。

ボールペン汚れの意外な落とし方

ピンク調のコスメ

クレンジングオイルを使う

エタノールまたは除光液を使う落とし方は、みなさんも何となくイメージすることができたのではないでしょうか。もっと身近な意外なものを使った落とし方もあります。それはクレンジングオイルです。油性インクのボールペン汚れに効果的な落とし方です。

落とし方はエタノールまたは除光液を使って落とす方法と同じなので、ティッシュとクレンジングオイルを用意してください。そして、同じ手順で落としていくだけです。

エタノールまたは除光液は服の色も一緒に落としてしまう可能性が高いです。しかし、クレンジングオイルなら油性インクのボールペン汚れのみを落としてくれるので、柄物の服や色落ちしやすい服に付いてしまったボールペン汚れを落とすときに利用しやすいです。

出典:amazon.co.jp
Dr.Beckmann(ドクターベックマン)
ドクターベックマン ステインデビルズ ボールペン 50mL
¥ 449(税込)
Amazonで見る
出典:amazon.co.jp
Dr.Beckmann
Dr. Beckmann ドクター ベックマン 衣類のシミ修正ペン ステインペン 9ml
¥ 496(税込)
Amazonで見る

まとめ

ノートとボールペンを持つ手

水洗いでも落ちやすい水性インクのボールペン汚れとは逆に、水洗いではシミが広がってしまいやすい油性インクのボールペン汚れ。シミが広がってしまうとお手入れがもっと大変になってしまいます。すぐに対応できないときはそのままにしておき、自宅に帰ってからエタノールまたは除光液またはクレンジングオイルを使って落としましょう。

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる