クレジットカードで信用度を下げてしまう『絶対NG行為』5選

複数のクレジットカード

皆さんはクレジットカードの信用度を意識したことはありますか。クレジットカードの信用度が下がってしまうと、生活において様々な不利益を被る可能性が出てきます。今回は、クレジットカードで信用度を下げてしまうNG行為について解説するので、当てはまっていないかチェックしてみましょう。

クレジットカードの信用度、気にしてる?

クレジットカードとパソコン

皆さんはクレジットカードの信用度を気にしていますか。意外と気にしていない人も多く、中には知らないうちに信用度を下げる使い方をしてしまっている人も…。「そもそもクレジットカードの信用度って何?」という方もいると思います。

クレジットカードにおける信用度(信用スコア)とは、クレジットカードの所有者の信用度を数値化したものです。信用度が高ければ高いほど、クレジットカードを使う時に「信用できる人」として見なされ、有利な条件で使用することができるのです。

反対に、クレジットカードの信用度が下がってしまうと、「この人はお金に関して信用できない人」として見なされる恐れがあり、様々な面で不利益を被る恐れがあります。

クレジットカードの信用度が下がってしまうと?

クレジットカードとスマホを持っている女性

クレジットカードの信用度が下がってしまうと、具体的にどのような不利益を被る可能性があるのでしょうか。様々な事例がありますが、ここでは具体例をいくつか紹介します。

  • お金を借りる際に金利が高くなる
  • 賃貸住居を借りることができない
  • ローンを組めなくなる
  • 家を借りる際に保証金が必要となる

このように生活において様々な面で不利となってしまいます。支払えるのに、自由にお買い物をすることができなくなってしまったり、生活に直結する面で不便さを感じたりするのは避けたいですね。

クレジットカードで信用度を下げてしまう『絶対NG行為』5選

複数のクレジットカード

では、クレジットカードの信用度を下げてしまうのは、どのような行為なのでしょうか。多くの人がやりがちな信用度を下げてしまう絶対NG行為を紹介していきます。

1.作ったクレジットカードをすぐに解約する

最近では「クレジットカードを申し込むと○○ポイントプレゼント!」というようなキャンペーンをよく見かけます。そのため、ポイントを獲得するためにクレジットカードを作り、すぐに解約するという人が増えています。

しかし、実は作ったクレジットカードを解約するという行為も信用度を下げる行為であり、すぐに解約するというケースが続くと、クレジットカード会社としては「すぐに解約されるのでは」と判断され信用度が下がってしまいます。

この解約をめぐっては、クレジットカードの信用度が下がる行為として、最もやってはいけないと言われているため、心当たりのある方は気をつけましょう。

2.支払いやローン返済の滞納する

クレジットカードを使っていて気をつけなくてはいけない行為が、支払いの遅延やローン返済の滞納です。

期日までに引き落とし口座にお金がなく、支払いが遅れてしまったり、ローン返済が期日までにできずに滞納してしまったりすると、クレジットカード会社は「支払い能力がないのでは」と不信感を抱いてしまいます。

あまりにも支払いの遅延やローン返済の滞納が多いと、支払い能力のない信用できない人として判断され、その後、車のローンや住居ローンを組めなくなるといった事態に発展することもあります。

3.短期間に多くのクレジットカードを申し込む

こちらもクレジットカードを申し込むことで、何らかのメリットを得ようとする人にありがちな行為ですが、短期間に多くのクレジットカードを申し込む行為は、信用度を下げてしまうので要注意です。

多くのクレジットカードを申し込むということは、それだけ多くの買い物をし支払いが必要になると見なされます。そのため、クレジットカードを多く申し込んだ場合、現在の年収や支払い可能額と照らし合わせて「本当に支払いが可能かどうか」が確認されます。

年収や支払い可能額と、申し込んだクレジットカードの数が明らかに適切でない場合、「本当に支払えるのだろうか」と不信感を抱かれ、信用性に欠けるとしてスコアが下がってしまう原因となります。

4.キャッシングの利用が明らかに多い

キャッシングとは現金を一時的に借りることで買い物をする方法です。大きい額の買い物をするときにキャッシングを利用して買い物をする人もいると思いますが、このキャッシング利用が明らかに多いと信用度が下がることがあります。

特に、生活費を補填する目的でキャッシングを利用していると判断された場合、生活に困るほど支払い能力がないと見なされ、信用できないと判断される恐れがあります。

すると、他のクレジットカードが作れなくなったり、新たにキャッシングを利用できなくなったりと様々な不利益を被ります。キャッシング利用は必要最低限にし、基本的にはショッピング利用をメインとして使用しましょう。

5.クレジットカードを名義人以外が使用する

最近はクレジットカードを使って生活に必要なものを購入する人も増えてきました。そのため、家庭内でメインとなるクレジットカードを1枚作り、それを家族で使っているというご家庭もあるのではないでしょうか。

意外とやりがちなこの使い方ですが、実はクレジットカードを名義人以外が使用する行為も信用度が下がる行為に含まれます。「本人が使っていない」という事実が判明すると、正しく利用されているのかといった不信感につながるからです。

これはたとえ家族であってもNG行為とされているため、家族で1枚のクレジットカードを使い回す行為は控えてください。

クレジットカードの信用度を高く維持して便利に使おう

いかがでしたか。クレジットカードはとても便利ですが、お金に関わるものであるため『信用』がとても重要となります。信用度が下がってしまうと生活で利用する際に不便になってしまうため、信用度が下がる行為は控えるようにしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
複数のクレジットカード

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる