タオル類を洗濯する時にしてはいけない『NG行為』5選

肌触りが良い清潔なタオル

タオルは繊細な素材と作りをしています。そのため、間違った洗濯方法は品質を劣化させてしまう原因となります。そこで今回は、タオル類を洗濯する時にしてはいけないNG行為や正しい選択のポイントを紹介していきます。

タオル類は洗濯頻度が高め!間違った洗濯方法は劣化の原因に

洗濯したタオル

タオル類は使う頻度が高いため、その分、洗濯する頻度も高いですよね。しかし、他の衣類に比べて繊細な作りをしているタオル類は、洗い方を間違えているとすぐにパイルが寝てしまい、表面が硬くなってしまいます。

また、間違った洗濯方法によっては、細菌が繁殖してしまう原因にもなり、髪や肌に直接触れるタオルが不衛生になってしまう恐れがあります。したがって、タオルは正しいポイントを押さえた洗濯方法や干し方が重要です。

タオル類を洗濯する時にしてはいけないNG行為5選

タオル類を洗濯する時、以下のような洗濯方法を続けていると、タオルが硬くなったり不衛生になったりする恐れがあります。以下の洗濯方法に心当たりのある方は、今日から洗濯方法を改善しましょう。

1.洗剤や柔軟剤を定められた量より多く入れる

洗濯時に使う洗剤や柔軟剤は、基本的にパッケージ部分に規定量が記載されています。その規定量以上の洗剤や柔軟剤を入れてしまうと、すすぎの際に洗剤や柔軟剤を全て洗い落とすことができず、洗濯物に残ってしまうことがあるのです。

タオル類も同じく、洗剤や柔軟剤が残ってしまうと、生乾き臭の原因となったり、表面が硬くなってしまったりとさまざまな悪影響を及ぼします。また、生乾き臭の原因は細菌繁殖なので、衛生上も問題が生じてしまいます。

2.柔軟剤を洗濯のたびに使う

タオルをふわふわにするため、柔軟剤は毎回使用しているという人は多いです。しかし、実は柔軟剤を毎回使ってしまうと、柔軟剤の特性であるコーティングを加え過ぎてしまい、タオル類の吸水性が落ちてしまう恐れがあります。

また、柔軟剤を毎回使い、毎回の洗濯でコーティングを行うと、繊維が滑りやすくなり、パイルが落ちてしまう原因にもなります。ふわふわ感がなくなってしまい逆効果となるので、柔軟剤は「硬くなってきた」と感じた時に使用するようにしましょう。

3.脱水を長い時間行う

タオルの水分を干す前にしっかり落とすため、脱水時間を長く設定しているという人は、今すぐやめてください。脱水を長時間行ってしまうと、強い衝撃がタオルに加わり過ぎてしまい、タオルのパイルが潰れてしまいます。

タオルのパイルはタオルのふわふわ感を保つ上で重要です。潰れてしまうとタオル類は感触が硬くなってしまう上、吸水性が落ちてしまいます。脱水は適した時間で行うようにしてください。

4.洗濯後に長時間放置する

洗濯機で洗う際、洗濯終了の合図が鳴ってもそのまま洗濯槽に放置していませんか。タオル類はもちろん、他の衣類も洗濯後に長時間放置してしまうと、雑菌が繁殖する原因となります。

雑菌が繁殖すると、不衛生になってしまいますし、細菌繁殖により生乾き臭が発生してしまいます。タオル類に関しては、さらにパイルが潰れてしまい、感触が変わってしまう原因にもなるため、洗濯後は素早く取り出すようにしてください。

5.取り出し後、そのままの状態で干す

タオルをふわふわに保つためには、洗濯した後も重要な工程が残っています。

取り出し後、洗濯槽に張り付いた形のまま干すのはNGです。洗濯槽に張り付いた状態のタオル類は、洗濯槽に叩きつけられた状態なので、パイルが潰れていることが大半です。そのまま干してしまうと、パイルが潰れたまま乾いてしまい、元に戻らなくなってしまいます。

タオル類は、必ず洗濯槽から取り出した後、パイルを元に戻すため、パンパンと上下に振ってパイルを立たせてから干すようにしましょう。

タオル類の質を保つために…正しい洗い方を解説

洗濯をする女性

タオル類は繊細なので、間違った洗濯方法を続けていると、あっという間に硬くなってしまいます。タオル類を洗う際は、以下のポイントを押さえて洗うことで、タオルの品質を保つことができます。

  • 洗剤の量は規定量を守る
  • 柔軟剤はタオルが硬くなってきたと感じたら使う
  • 洗濯に使う水量を少し多めに使う
  • 脱水のし過ぎは禁物(自動機能がある場合はその時間に従う)
  • 手洗いする場合はギュッとキツく手絞りしない
  • 洗濯終了後はすぐにほぐして取り出す

タオルは少し多めの水量を使って洗うことで、洗剤残りを防ぐことができます。また、脱水を長時間行ってしまうと、タオル類の表面が硬くなってしまうため、過剰に脱水しないように気をつけましょう。

タオルは干し方も意識してみよう!

タオルは洗濯後の干し方も意識することで、ふわふわとした感触を維持することができます。

  • 干す時にパンパンと上下に振ってパイルを戻す
  • 直射日光が当たらない日陰に干す

タオルは洗濯後、パイルが寝てしまっていることが多いです。パイルを立たせるためには、10回〜20回を目安に上下に振ることをお勧めします。

タオル類の質を保つには洗濯〜干し方を意識して

いかがでしたか。タオル類は購入時のふわふわ感を保ちたいですよね。今回紹介したタオル類の洗濯方法や干し方を参考に、ぜひ日頃の洗濯方法を見直してみてください。洗濯後の放置は絶対に厳禁ですよ!

この記事のタイトルとURLをコピーする
肌触りが良い清潔なタオル

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる