歯磨きは何分するのがベスト?5つのNG行為や適切なやり方を解説

歯磨きは何分がベスト?

歯磨きは、毎日行うものです。しかし、毎日なんとなくやるだけでは、虫歯を防ぎきれないかもしれません。今回は、歯磨きのときにやってしまいがちなNG行動をご紹介します。正しい歯磨きの仕方も紹介しているので、普段の歯磨きの仕方を振り返り、NG行動を行っていないかを確認してみましょう。

歯磨きって何分すべき?

歯磨きを始める様子

歯磨きは毎日するものですが、人によってかける時間に差が出ます。どれくらいの時間をかければいいかわからず、なんとなく適当に歯磨きをしているのはもったいないかも!

歯磨きは、毎回10分程度を目安に隅々まで行うよう心がけてください。しかし、どんな磨き方をしてもよいというわけではありません。正しい歯磨きの仕方と間違った仕方を把握し、口の中の環境を整えましょう。

歯磨きをするときに気を付けたい5つのNG行為

歯磨きをする女性

せっかく歯磨きをするのであれば、注意点を把握しておきましょう。ついやってしまいがちな行動も含まれているので、要チェック!

1.力任せにこする

歯の汚れは頑固だからと、歯ブラシで歯を力任せにごしごしこすってしまうのNG。

  • ブラシが寝てしまい、上手く汚れを除去できない
  • 歯の表面のエナメル質を傷つけてしまう
  • 歯茎を傷つけ、出血する
  • 歯茎下がりや知覚過敏を招きやすくなる

歯や歯茎に大きな負担をかけてしまう可能性があるため、力いっぱい歯ブラシで歯磨きをするのは控えましょう。

2.たくさん歯磨き粉をつける

たっぷり歯磨き粉を使ってしまうと、歯磨きが上手くできているか確認しづらくなります。歯磨き粉の目安は、ブラシの1/3程度です。正しい分量を守ることでコストカットもしやすくなります。

また、ブラシに水をつけて歯磨き粉を使うのもNGです。泡立ちがよくなり、歯磨き粉が流れやすくなって効果が半減してしまいます。

3.歯ブラシでしかメンテナンスを行わない

歯磨きを行う際、歯ブラシしか使わないと虫歯になりやすくなります。

  • デンタルフロス
  • 歯間ブラシ

上記のものを1日1回使用して、しっかりとメンテナンスを行う習慣をつけましょう。スーパーやドラッグストアで、手ごろな値段で販売されているのでぜひ試してみてください。

4.歯ブラシを交換しない

歯ブラシを交換せず、長期間使用するのはよくありません。歯ブラシの使用期間の目安は、約1か月程度です。ブラシにコシがなくなり、ブラシの毛先が外を向いてしまっている場合は、目安の使用期間を待たずに早めに交換しましょう。

5.歯磨きついでに舌を歯ブラシでこする

歯磨きをした後、ついでに舌をごしごしこすっていませんか?舌の上には細かなひだがついていて、味を感じる期間が集中しています。そこに強い刺激を与え続けてしまうと、舌の表面の質が変化してしまい、汚れがつきやすくなってしまう可能性があるので要注意!

舌を磨くときは、舌ケア専門のアイテムを使用しましょう。

正しい歯磨きの仕方

きれいな歯ブラシ

歯を磨くときは、以下のポイントに注意してください。

  • 毛先を歯と歯茎の間に当てて、歯茎と歯の隙間の汚れを落とすよう意識する
  • 力を込めすぎずに磨く
  • 歯2本程度を目安にして、5~10mm左右に歯ブラシを動かして磨く
  • 1か所20回を目安に歯磨きを進める

歯並びの関係上、歯の表面部分が少しデコボコしている場合は、歯を1本ずつ丁寧に磨いていきましょう。背が低い歯や一番奥の永久歯は、磨き残しが多くたまりやすい部分なので、意識してメンテナンスを行ってください。

まとめ

親子で歯磨き

歯磨きを効率よく行い、虫歯ゼロを目指しましょう!ついやってしまいがちな行動が、NG行動であることもあるので、やるべきではないことを把握して歯磨きに取り組んでください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
歯磨きは何分がベスト?

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる