もう冷凍餃子で失敗しない!超簡単な4つのコツ・焼き方を解説

たくさん並んだ冷凍餃子

冷凍餃子をおいしく作るつもりが、なぜだかいつも失敗してしまう。そんなときにチェックしたい、冷凍餃子をおいしく作るためのコツをまとめました!見落としがちなポイントなどをチェックして、自宅でおいしい冷凍餃子を作りましょう。冷凍餃子を作るために必要なものも紹介しています。料理初心者の人も必見です。

冷凍餃子で失敗する原因

たくさんの冷凍餃子

昨今の冷凍餃子は、肉汁たっぷりで簡単に美味しく作りやすいものがたくさん販売されています。しかし、作り方を間違えてしまうと、思っているような出来栄えにならないかもしれません。

  • 目分量で水や油を入れる
  • 作り方を無視
  • 蒸し時間を守らない
  • 餃子同士の距離が適切ではない

上記のようなことが、失敗の原因として挙げられます。失敗しないためにも、焼き方のコツやそろえるべきものをチェックしましょう。

冷凍餃子を焼く前に準備すべきもの

餃子を焼く様子

冷凍餃子を焼く前にそろえておきたいものは、以下の通りです。

  • サラダ油
  • 計量カップ
  • フライパン
  • 適切な大きさのフタ
  • フライ返し
  • お皿
  • 作り方を記している紙

上記のものがあれば、おいしく冷凍餃子を調理できます。まず厳守すべきは、付属されている餃子の焼き方の手順を記された紙です。書いてある手順を守れば、おいしく焼けるように冷凍餃子は開発されています。

アレンジを加える場合は、焼きあがった餃子に餡をかけるなどを行うのがおすすめです。

冷凍餃子で失敗しない!超簡単な4つのコツ・焼き方

焼けた餃子

冷凍餃子は、とても簡単においしく焼き上げられる便利な食材です。うまく活用して、時短&おいしい一品を作りましょう。

1.パッケージの作り方を入念にチェックする

パッケージに書かれている内容を全く確認しないまま、冷凍餃子の調理を開始するのはNG。冷凍餃子は販売会社によって作り方が大きく異なります。チェックすべき項目は、以下の通りです。

  • 餃子の並べ方、並べるタイミング
  • フライパンに敷く油の量
  • 火加減
  • 水を入れるタイミングと量
  • 蒸し時間
  • 最後の焼き時間

作り方すべてに目を通すのがベストですが、大まかに見ておきたいポイントはこのようになります。作り方を入念にチェックしておくと、スムーズに作れますよ。

2.目分量の水分を入れない

焼き餃子は、水を入れて蒸すことで具と皮がふっくらと仕上がりやすくなります。水の量が適切でなければ、おいしく仕上げるのは難しいかもしれません。

  • 水が多い…具と皮がぶよぶよになる
  • 水が少ない…蒸しきれず、火の通りに村ができる

目分量で水を入れるのではなく、書かれている分量の水を入れるのがおいしい餃子を作るキーポイントです。

3.油をケチらない

たとえテフロン加工のフライパンであっても、餃子を焼く際は規定量の油を敷きましょう。油を使うことで、餃子とフライパンが接している部分がカリッと仕上がりやすくなります。

テフロン加工のフライパンは、食材が引っ付きにくいのが特徴です。しかし、油を全く使わないまま食材を調理すると、テフロン加工が剥げやすくなってしまいます。

4.最後にも油を回し掛け

仕上がる直前に、餃子が焼けている鍋肌から少量の油を流し入れましょう。こうすることで香ばしく焼きあがりやすく、おいしさがアップしますよ。水を使っているため、油跳ねには注意してください。

まとめ

出来上がった餃子

冷凍餃子は、作り方を守れば料理初心者でも簡単に作れます!必要なものを買い揃えて、冷凍餃子を作って作りたての一番おいしい瞬間を堪能しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
たくさん並んだ冷凍餃子

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る