『すぐにイライラしてしまう人』の心理5選!主な特徴や改善方法を徹底解説

怒っている女性

いつでもイライラしていて周囲に当たり散らしている人を間近で見ていると、関わりたくないですよね。自分はあそこまでイライラしていないと思う反面、心にゆとりがなくなってくると人に当たってしまったという経験があって他人事とは思えないという人もいるのではないでしょうか。イライラしやすい人の心理や特徴を見て、振り返ってみましょう。

すぐにイライラする人、いますよね

凄くイライラしている女性

周囲に対してイライラしている人は、どこにいってもいるものです。イライラしている人とはできるだけ距離を置き、とばっちりを受けないよう神経を使いますよね。

いつもイライラしている人には、いくつか共通する心理や特徴があります。自分の性格などとも当てはめて、イライラしている人の特徴などを把握しましょう。

『すぐにイライラしてしまう人』の心理と特徴5選!

職場で不機嫌になる女性

すぐにイライラする人の特徴や心理をまとめました。

1.心に余裕がない

心のゆとりがないときに、トラブルや仕事などが立て続けに舞い込むと、人の視野は狭まります。短時間で片付けなけれならないことが一気に増えると、どうしてもイライラしてしまいがち。

目の前の出来事しか見えなくなってしまうため、周囲からのアドバイスも雑音のように耳に入ってきてしまいイライラが倍増してしまいやすくなります。

2.自分にも相手にも完璧を求める

完璧主義者の人は、自分だけでなく周囲の人にも完璧を求めがち。自分が完璧なのに周囲の人がミスをしてしまうと、完璧ではなくなってしまうためすぐに苛立って怒ってしまいます。

仕事に対するプロ意識が人一倍高いため、一緒にいると学ぶことも多くあります。しかし、小さなミスでもこっぴどく叱られてしまうため、一緒に仕事をするときは気持ちを引き締めておきましょう。

3.プライドが高い

自分の言うことが正しいと信じているプライドの高い人は、自分が言ったことや行ったことを誰かが否定するとすぐに怒ってしまいます。自分のことを否定した人を見るだけで、目に見えてイライラし始める人もいるので、そういった人とはできるだけ距離と取って接しましょう。

4.人よりも優位に立ちたいと思う気持ちが強い

誰かの上に立って従わせたいと思っている人は、すぐにイライラして自分の存在感を周囲に知らしめようとします。

実は小心者であるというケースも少なくなく、見くびられることに対して危機感に似た感情を持っています。そのため、自分をとにかく大きく見せたくて不機嫌な態度を取っているのです。

5.思い込みが激しく、物事を大きく発展させて考えてしまいがち

相手の気持ちや立場が理解できない人は、自分視点の思い込みや憶測でしか物事を見極められないため、思い込みが激しくなりやすい傾向。

物事に対して想像力を膨らませすぎて話を大きくとらえてしまうこともあるので、妙な焦りから視野をさらに狭めてしまいイライラを募らせやすくなってしまいます。

イライラの改善方法

深呼吸する女性

いろいろなスケジュールが詰まっていたり、立て続けに大きな出来事が起こると、心のゆとりが持てずイライラしがちです。ついイライラしてしまったときの対処法をご紹介します。

  • ひとりになって、リラックスできる空間を作る
  • 深呼吸して冷静さを取り戻し、問題の本質を見極める
  • 自分がイラっとしてしまう場面を分析する
  • 自分のできている部分を認め、前向きな気持ちになれるように工夫する

自分の気持ちのコントロールができなくなってしまうと、苛立ちに負けて周囲に当たってしまう可能性が高まります。心に余裕がなくなってきたと感じたら、少し自分の時間を作ってリラックスしやすい空間に身を置きましょう。

自分がイラっとしやすい場面をいくつか想定しておくと、感情の爆発や暴走を食い止めやすくなりますよ。

まとめ

笑顔で接する女性

どんな人でも、イライラしてしまうことはあります。イライラしている人がいた場合は適度に距離を取り、自分がイライラしていると感じたら自分に合った発散方法を試して心のゆとりを取り戻しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
怒っている女性

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる