仏滅に宝くじを買うと当選しやすい?買いに行く時間帯まで解説

仏滅文字

仏滅は最も縁起が悪い日とされていますので、仏滅に宝くじを買おうと思う人は少なく、仏滅を避けて宝くじを買う人の方が多いと思います。しかし、宝くじの一等当選者の宝くじ購入日を調査したところ、実は一番多かったのが仏滅だったようです。宝くじと仏滅の相性、おススメ購入日、宝くじと暦の関係など、気になる関連性について調べていきたいと思います。

仏滅でも宝くじ当選率は高かった!

宝くじの売り場

宝くじの売り場の前を通ると、大安の日には「本日、大安吉日!」というノボリが設置されていることにお気づきの方は多いかもしれません。多くの方は、仏滅を避けて「大安吉日」に宝くじを購入しようと、売り場に並ばれるのではないでしょうか。しかし…、後で蓋を開けてみたら…。

後日、宝くじの一等当選者の宝くじの購入日を調べたところ、一番多かったのは、なんと仏滅の日の購入だったそうです。

toto BIGで1等6億円を当てた80人が宝くじを購入した日(2006~2009年)

  • 仏滅:16本
  • 赤口:15本
  • 友引:15本
  • 大安:12本
  • 先勝:12本
  • 先負:10本
※仏滅は凶である日とされていますが、「物が一旦滅び、新たに物事が始まる」とされ、大安よりも物事を始めるには良い日との解釈もあります。

六曜によると、仏滅の日は1日中が凶運となり、吉となる時間帯はない…と言われていますが、そんな仏滅でも、良しと言われる時間帯があるようです。

仏滅でも良しとされる時間帯

一日のうちで正午は最も日が高い時間となり、そのエネルギーがもっとも強い時間となります。日の出から、この正午までの時間の中で、日が頂点に向かって昇ろうと、最もそのエネルギーを強く発揮するのが午前9時から11時の間と言われいます。

午前中のこの時間帯は仏滅に何かをする…宝くじを買うには悪くない時間帯と言えるようです。

「大安イブ」も狙い目

六曜の順番は、先にご紹介した通り「先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口」と一巡した後、再び先勝から順番に廻っていき、それを繰り返します。この順番に目を留めていただくと、なんとなくお分かりになるかと思います。仏滅の翌日は…最吉日の大安が待ち構えています。

仏滅は別名「大安イブ」とも言われており、仏滅の遅い時間は大安の良い運気の影響を受け始め、縁起が上向きになってくるという考え方があるそうです。

ある意味、運気が昇り切ってしまった大安よりも、大安に向かってパワーが上昇し始める仏滅の方が「物事の新たなスタート」や「再起・願掛け」には良いという解釈もあるそうです。

ですので、1日の流れの一旦の区切りとなる「夕方の5時過ぎ」からは、宝くじ購入には縁起良いとも考えられます。

宝くじ購入にオススメの日

宝くじを購入

先にご紹介した通り、宝くじの1等当選者は仏滅に購入したケースが一番多いというデータがあります。ですが、そうはいっても滅多に当たらない宝くじの1等当選を目指して「全ての縁起を担いで良い条件が揃う吉日に購入したい!」というご希望もあるはずです。

こちらでは、縁起の良いとされる宝くじ購入日について調べてみたいと思います。

寅の日(とらのひ)

寅のあの美しいたてがみの色、黄色とも金色とも見える、あのたてがみを金運の象徴ととらえられているため、この日は金運アップの日として宝くじ購入には向いている日だと言えるようです。

<2021年(令和3年)寅の日一覧>

8月 10日(火)
先負
22日(日)
先負
9月 3日(金)
先負
15日(水)
仏滅
27日(月)
仏滅
10月 9日(土)
赤口
21日(木)
赤口
11月 2日(火)
赤口
14日(日)
先勝
26日(金)
先勝
12月 8日(水)
先負
20日(月)
先負

巳の日(みのひ)

よくお財布の素材として、へび皮の財布を見たり聞いたりしたことがあると思います。その蛇は、金運を司る弁天様の使者と言われています。

また、ヘビは脱皮を繰り返して成長しますので、その巳の日に使ったお金はさらに大きくなって返ってくると言われています。

そんなことから巳の日は、お財布を新調するのに良い日とされています。宝くじを購入すると、使ったお金が大きくなって戻ってくるという解釈が出来ます。

<2021年(令和3年)巳の日一覧>

8月 1日(日)
仏滅
13日(金)
赤口
25日(水)
赤口
9月 6日(月)
赤口
18日(土)
先勝
30日(木)
先勝
10月 12日(火)
先負
24日(日)
先負
11月 5日(金)
仏滅
17日(水)
仏滅
29日(月)
仏滅
12月 11日(土)
赤口
23日(木)
赤口

己巳の日(つちのとみのひ)

上記でご紹介した巳の日は12日ごとに廻ってきます。 先の「巳の日」と「天干の己(つちのと)」と呼ばれる日が重なる日を「己巳の日(つちのとみのひ)」と呼ぶそうです。

己巳の2つが重なる日は、残念なことにおおよそ年に5日~6日程度しか来ないそうです…。

この日は特に金運が大いに上昇する、大変縁起の良い日とされているそうですので、この日に販売されている宝くじがあるかどうか、前もってチェックしてみるのも良いかもしれません。

<2021年(令和3年)己巳の日一覧>

9月 18日(土) 先勝
11月 17日(水) 仏滅

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

この意味は、一粒の籾(もみ)が万倍に実り、稲穂になるという意味になります。この日に始めたことは、後になり、大きな収穫を得ると言われているそうです。特にこの日は、お金に関係することを行うには、とても良い日だと言われているそうです。

また、この日は大安と重なる日もありますし、単体では月に5日~6日程あるそうです。

<2021年(令和3年)一粒万倍日一覧>

8月 2日(月)
大安
5日(木)
友引
8日(日)
先勝
15日(日)
友引
20日(金)
先勝
27日(金)
友引
9月 1日(水)
先勝
9日(木)
仏滅
16日(木)
大安
21日(火)
仏滅
28日(火)
大安
10月 3日(日)
仏滅
13日(水)
仏滅
16日(土)
先勝
25日(月)
仏滅
28日(木)
先勝
11月 6日(土)
大安
9日(火)
友引
10日(水)
先負
21日(日)
友引
22日(月)
先負
12月 3日(金)
友引
4日(土)
大安
17日(金)
赤口
18日(土)
先勝
29日(水)
赤口
30日(木)
先勝

天赦日(てんしゃにち)

百神が天に昇り、万物を許す…という意味があるそうです。この日は何をしても上手くいく最良の日だと言われています。

様々な暦注の中で最も縁起の良い大吉日のため、何をするにも大変喜ばしい日になりますので、この日に縁起を担いで、宝くじを買うにはピッタリの日ではあります。ですが、残念なことに、年に5日~6日しか来ないそうなので、この日に販売されている宝くじがあるかどうか、チェックしておくのが良いでしょう。

<2021年(令和3年)天赦日一覧>

8月 28日(土) 先負
10月 27日(水) 赤口
11月 12日(金) 大安

宝くじを買ってはいけない日

カレンダー

宝くじを除いて、一般的に大凶日の仏滅は何事かを起こすのには良くない日と言われていますが、先にご紹介した通り、宝くじを買ってはいけない日には当てはまらないことが分かってきました。

こちらでは、仏滅以外…六曜以外の暦注で、一般的に宝くじを買うにはふさわしくないと言われている日をご紹介したいと思います。

受死日(じゅしにち)

受死日は、暦注の一つで、カレンダーに「●」の印で記載されていることもあり、黒日と呼ばれることもあるそうです。

この受死日は「病を患えば最悪の日」という説があるそうで、一説によると他の種類の暦注で吉であっても関係なく、全て凶日にしてしまう力があると言われているそうです。ですが、六曜とは異なるため、比較的マイナーな説かもしれません。

わざわざこの日に宝くじを買わなくても良い…程度に記憶されておくと良いかもしれません。

<2021年(令和3年)受死日一覧>

  • 8月 :2日(月)、9日(月)、21日(土)
  • 9月 :2日(木)、8日(水)、20日(月)
  • 10月:2日(土)、9日(土)、21日(木)
  • 11月:2日(火)、8日(月)、20日(土)
  • 12月:2日(木)、9日(木)、21日(火)

大禍日(たいかにち)

お葬式以外は、全て避けた方がよいと言われている凶日になるそうで、この日に始めたこと、行ったことは、後に争いのもとになる日とも言われているようです。陰陽道において、大禍日は大悪日として定められたそうです。

<2021年(令和3年)大禍日一覧>

  • 8月 :6日(金)、13日(金)、25日(水)
  • 9月 :6日(月)、13日(月)、25日(土)
  • 10月:7日(木)、14日(木)、26日(火)
  • 11月:14日(日)、26日(金)
  • 12月:15日(水)、27日(月)

不成就日(ふじょうじゅび)

暦付きのカレンダーをチェックしてみると、不成就日と記載のある日が見つけられるかと思います。

この日は字の通り、何をしても成功しない、成就しない日とされていますので、宝くじを買うのは避けた方が良い日と言えるかもしれません。大安と重なった場合は、不成就日であることの方に気を留めた方が良いそうです。

あまり神経質になり過ぎず、お目出度いことや明るいことに目を向け、ご自身の感覚を大事にすることが一番でしょう。ですが、どうしても気になる場合は、暦付きのカレンダーを愛用したり、インターネットで今日がどのような日に当たるか調べられる暦のサイトもありますので、そちらで調べてみると良いでしょう。

<2021年(令和3年)大禍日一覧>

  • 8月 :10日(火)、18日(水)、26日(木)
  • 9月 :3日(金)、8日(水)、16日(木)、24日(金)
  • 10月:2日(土)、6日(水)、14日(木)、22日(金)、30日(土)
  • 11月:8日(月)、16日(火)、24日(水)
  • 12月:2日(木)、8日(水)、16日(木)、24日(金)

今回は、仏滅に宝くじを買ってもOK!というお話をしましたが、早速カレンダーで仏滅を探して宝くじを買ってみませんか?仏滅に運試しをしてみましょう!

この記事のタイトルとURLをコピーする
仏滅文字

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる