人から嫌われやすい『NGな喋り方』6選

話す内容に注意

面白い話をしているはずなのに、自分が話し始めると周囲の雰囲気が悪くなるという経験がある人は要注意!もしかすると、話す内容や喋り方が原因で周囲から距離を置かれているのかもしれません。まずは、人から嫌われやすいNGな喋り方をチェック!自分の話し方を振り返ってみましょう。人から好かれる喋り方を身に着けましょう。

自分が話すと、なぜか周囲が引いてしまう

仲間外れの女性

仲間や家族と談笑したいのに、自分が話し始めるとなぜか周囲が引いてしまう。もしかすると、喋り方に問題があるのかもしれません。

今回は、人から嫌われやすい喋り方の特徴をご紹介します。自分の喋り方を振り返ってみて、周囲の人に迷惑をかけていないか考えてみましょう。

人から嫌われやすい『NGな喋り方』6選

拒絶する女性

人から嫌われやすい喋り方とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。話の内容と喋り方について、まとめました。

1.自慢話ばかりする

自慢話は、聞いていても興味や関心を持ちにくいものです。ごくまれに、本当にうれしいことがあったとき以外は、自慢話はしない方が賢明かも。口を開けば自慢話ばかりとなると、周囲の人から距離を取られる可能性が非常に高くなってしまいます。

2.言い訳が目立つ

話の内容が、いつもなにかの言い訳ばかりなのはよくありません。

  • でも
  • だって
  • だけど
  • しょうがない

このように、会話の随所で言い訳になるフレーズが出てくると、話の内容がネガティブになりがち。アドバイスをしてくれた人に対しても言い訳フレーズで会話を始めると、聞く耳を持たない人という印象を持たれてしまいますよ。

3.相手によって声色が変わる

個人的に気になっていて仲良くなりたいと思っている人には猫なで声ですり寄り、あまり興味がない人には適当な返事しかしない。このように、誰が見ても相手によって声色を含む態度が大きく違っている人は、人から好かれにくい傾向です。

喋り方や話す内容などにも自然と温度差が出るため、周囲から一定の距離を取られてしまうかもしれません。

4.早口すぎて聞き取りにくい

会話の内容には問題がなくても、あまりにも早口でまくしたてるように喋ってしまうと、会話についていくのが大変!好きなものが同じで、好きなものについて話すと嬉しい気持ちになるのはわかりますが、気持ちに任せて一気に喋り倒すと印象が悪くなってしまいます。

どんな人とどんな話をするときも、できるだけゆっくり話を進めるようにしてみましょう。

5.相づちに気持ちがこもっていない

会話をする上で、相手の話に相づちを打つのは重要。相手の気持ちに寄り添う際にも、相づちを打ちますよね。相づちを適当にしか打たない人と会話をしていると、「この人、本当に話が分かってるのかな?」と不信感を抱きやすくなります。

相づちを打つのが得意ではないという人は、相手の話をしっかりと聞くことから始めましょう。正面から会話の内容を受け止めているのは、話を聞く姿勢で相手にも伝わります。

6.人の話を遮って話始める

まだ相手が話しているのに、自分の話をいきなり始めてしまうのは、悪い印象を持たれやすい行動です。しかも、今まで話していた会話の内容と全く接点のない話を始めてしまうと、非常に印象が悪くなってしまいます。

興味がない話、あまり盛り上がっていない話であっても、相手にとっては大切な内容の話です。まずは、相手が話し終えるまでしっかりと話を聞きましょう。

人から好かれる喋り方

友人と談笑する女性

人から好かれる喋り方をマスターして、会話を楽しみましょう。具体的には、以下のようなことに注意してみてください。

  • 相手の話をしっかり聞いて、相づちを打つ
  • 相手の話の途中で、自分の話をし始めない
  • 相手の気持ちに寄り添い、その場にふさわしい表情や仕草で会話を楽しむ
  • 本心で対話する
  • 相手を褒める
  • 相手に感謝の気持ちを伝える

楽しく会話をしたいと思うならば、相手を見下さず同じ目線で会話をすることが重要です。相手を大切に思い、思いやりを持つことで、自分だけが主張する会話に発展しにくくなります。

まとめ

仲間と会話を楽しむ様子

友人や同僚、家族とのコミュニケーションは、自分だけでなく相手も会話が楽しめるような配慮が必要です。自分の話だけでなく、相手の話にも耳を傾けて、楽しい時間が過ごせるようにしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
話す内容に注意

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる