フリースの洗濯まとめ!頻度や洗い方、ふわふわに仕上げるコツまで

フリース素材の服

暖かくて気心地がよいフリース素材の衣類は、洗濯の頻度や方法を工夫することによって素材を長持ちさせることができるのをご存知ですか?フリース素材の衣類は、デリケートな洋服と同じ扱いをしておしゃれ着用の洗剤や洗濯用ネットを使用することが大切。シミ汚れなどの部分的な汚れを落とす場合は、正しい手洗い方法で落とすとことができるので、そのポイントをわかりやすくご紹介していきます。

フリースを洗濯する前にやること

洗濯カゴに入ったフリース

洗濯表示の確認

フリースを洗濯する際には、まず洗濯表示を確認することが大切です。ポリエステルの素材で製造されているフリースは洗濯機で洗うことができますが、フリースの素材によっては洗濯機で洗えないものもありますので注意しましょう。

洗濯ネットに入れる

洗濯機でフリースを洗う場合は、ゴミやほこりがフリースに絡みついたり毛玉ができたりするのを防ぐため、裏返しにして洗濯ネットに入れます。洗濯ネットは、フリースのサイズより大きすぎると型崩れや毛玉の原因になりますので、ちょうど良いサイズを選びましょう。

フリースの洗濯方法

洗濯機を使う

ドライモードで洗濯する

フリースは、おしゃれ着用の洗剤を使って洗濯機のドライモードで洗いましょう。ドライモードは、丁寧に優しく洗うことができますので、フリースのように摩擦に弱く毛玉ができやすい素材を洗濯機で洗う場合には最適なモードです。

フリースのみで洗濯する

フリースはデリケートな素材ですから、他の衣類と一緒に洗うと強い摩擦が生じますので、負担をかけないためにフリースだけで洗濯機を回すことがおすすめです。

必ず柔軟剤を入れる

静電気を防いでふわふわに仕上げるためにも柔軟剤も忘れずに使用しましょう。

使用する洗剤は、デリケートな衣類を優しく洗いながら汚れを落とすおしゃれ着専用のものを使い、漂白剤や蛍光剤が含まれているものは使わずに、すすぎはしっかり行って軽く脱水することがコツになります。洗剤が繊維に残ってしまうとフリースの機能が低下してしまいますので、すすぎは優しくしっかり行うことが大切です。

フリースを洗濯する頻度

カゴに入ったフリース

フリースは、デリケートな衣類ですから、汚れが気になってきてから洗濯するようにすると長持ちさせることができます。具体的には、一週間に一回程度の洗濯頻度で充分で、毎日頻繁に洗濯すると素材が固くなったり型崩れや毛玉が生じやすくなったりしますので洗いすぎには注意する必要があります。

フリースの洗濯後の干し方と仕上げ

丸められたフリース

フリースは充分にすすいで軽く脱水をし、形を整えて生乾きを防ぐために風通しのよい場所で陰干しをします。

フリースは、天日干しをすると素材に負担がかかり色あせの原因になり、衣類乾燥機を使うとフリース独特のふんわりとした触感を損なってしまいますので注意しましょう。

フリースは、細い毛でできていますので毛が絡みやすく、一度毛が絡まってしまうとほぐれにくくなるという特徴があります。乾かした後にはブラッシングをして仕上げることが大切です。ブラッシングの際には、フリースが傷まないように優しく行うことがポイントになります。

またポリエステル素材のフリースは繊維が密になっていますので、シミや汚れが染み込みやすいという性質を持っています。

シミなどの部分的な汚れが目立つ場合は、洗濯機で全体を洗う前にシミの箇所に洗剤の原液をつけて軽くタオルでたたき、あらかじめ押し洗いをしておくと汚れが落ちやすくなります。少し手間ですが、知っているのと知らないのでは洗濯の仕上がりに差が出てくるので覚えておくと良いでしょう。

まとめ

並べられたフリースの服

軽くて温かいフリース素材の衣服は、洗濯方法を工夫することによって長持ちさせることができます。他の洗濯ものと一緒に洗濯機で洗ってしまうと、フリース独特の機能やふわふわ感が損なわれてしまい毛玉が発生してしまうため注意が必要です。洗濯機で洗うことができないフリースもありますので、洗う前には必ず洗濯表示を確認しましょう。

フリース素材の服

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる