髪ゴムが切れやすくなるNG行為5選!長持ちさせる正しい使い方とは?

ゴムで髪をまとめている女性

買ったばかりの髪ゴムがすぐに切れてしまうという経験を持つ女性は少なくないでしょう。使用頻度の多い髪ゴムだから仕方がないと諦めている人も多いと思いますが、もしかすると扱い方に原因があるのかもしれません!今回は、髪ゴムが切れやすくなるNG行為と長持ちさせる正しい使い方を紹介します。

買ったばかりの髪ゴムがすぐに切れてしまう…

ゴムで髪をまとめている女性

髪が長い人は、ヘアスタイリングのために、あるいは邪魔な髪を一つにまとめるために髪ゴムを使う頻度が高いですよね。しかし、ドラッグストアやコンビニで購入した髪ゴムは、少し使うと切れてしまう消耗品です。

中には「数日前に買ったばかりなのに、もう髪ゴムが伸びてしまった」という人や「すぐに切れてしまう」と人知れず困っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、髪ゴムは正しく使えば数ヶ月長持ちすることも多いです。買ったばかりの髪ゴムがすぐに切れてしまうと感じている場合は、扱い方に原因があるのかもしれません。

やってない?髪ゴムが切れやすくなるNG行為5選

髪を一つにまとめている女性

髪ゴムは正しく使えば数ヶ月持つことも珍しくありません。しかし、買ってもすぐに切れてしまうと感じている人は、髪ゴムが切れやすくなるNG行為を無意識のうちにやっているのかもしれません。ここでは、髪ゴムが切れやすくなるNG行為を紹介します。

1.髪を結ぶ際に強く引っ張る

髪を一つにまとめている女性

髪を結ぶ際に、ギュッと髪ゴムを伸ばしていませんか。多くの髪ゴムは伸縮性の高いものが多いので、ついつい髪ゴムを伸ばして結ぼうとしてしまいがちです。

しかし、髪ゴムは強く引っ張り伸ばしてしまうと、中のゴムが切れてしまい、伸縮性を失ってしまいます。髪ゴムで結ぼうとしたら、見た目は切れていないのに伸び縮みしなくなったという経験はありませんか。これは髪ゴムを伸ばしたことによって中のゴム自体が切れてしまっている状態です。

伸縮性のある髪ゴムを使っていると、ついつい髪ゴムを伸び縮みさせたくなってしまいますが、これは髪ゴムを切ってしまう行為になるのでやめましょう。

2.髪をきつく結ぼうとする

髪の量が多い人にありがちなNG行為です。髪の量が多いと髪をギュッときつく結ぼうとしてしまいますよね。しかし、髪をきつく結ぼうとすると、必然的に髪ゴムを強く引っ張り伸ばすことになります。

先に紹介した通り、髪ゴムを引っ張り伸ばしてしまうと、中のゴムが切れてしまう原因となります。また、髪をきつくギュッと結んでしまうと、結び目に当たっている髪が傷む原因にもなります。

髪は必要以上にきつく結ばず、ゆったりと結ぶことを心がけましょう。「それでは心もとない」と思う時は、上から柔らかいシュシュなどで補強すると良いでしょう。

3.髪ゴムをつけたままシャワーを浴びる

髪を一つにまとめてシャワーを浴びている女性

シャワーを浴びる際、髪が邪魔にならないように髪ゴムで結んでからシャワーを浴びる人は多いですよね。特に忙しい朝は、髪を濡らしてしまうと時間がかかるため、髪が水につかないよう髪ゴムで結んでシャワーを浴びる人が多いでしょう。

しかし、髪ゴムの多くは外側がナイロン生地で作られています。ナイロン生地は布に近い素材なので、濡れてしまうと少しずつ強度が劣化してしまうのです。

すると、髪ゴムのナイロン生地の部分がほつれてしまい、結果的に髪ゴムが切れるのを早めてしまう行為となります。

4.髪ゴムを手首に通したまま洗い物をする

髪ゴムをすぐに使えるようにと手首にはめている人は多いです。特に主婦の方は、掃除などの家事をする際に、パパッと髪をまとめられるよう髪ゴムを手首に付けている人が多いですよね。

しかし、先ほどお話ししたように、髪ゴムの多くはナイロン生地で覆われています。濡れてしまうと強度が劣化してしまうため、髪ゴムを手首に通したまま、水仕事(食器洗いやお風呂掃除など)をすることは控えてください。

5.口にくわえる

髪ゴムで髪を結ぶ際、髪をまとめている間は口にくわえているという人もいます。しかし、口にくわえることで唾液が少なからず髪ゴムに付着し、ナイロン生地の劣化を招きますし、歯が当たり、こちらも生地を劣化させる原因となります。

何より唾液のついた髪ゴムは清潔とは言えないので、髪を結ぶ際に口にくわえるのは控え、洗面台の脇に置くなどして対処しましょう。

髪ゴムを長持ちさせる正しい使い方は?

ヘア用のカラーゴム

上記で紹介したようなNG行為を毎日続けていると、それだけ髪ゴムの劣化が早まります。では、髪ゴムを少しでも長持ちさせるためには、どのように使うべきなのでしょうか。

髪ゴムを長持ちさせるには負担をかけないことが大切

髪ゴムを長持ちさせるためには、以下のことを意識して扱うことが大切です。

  • 髪ゴムを伸ばさずに軽く結ぶ程度に使う
  • 髪ゴムでは強度が足りない場合はシュシュなどで上から補強する
  • 髪ゴムをなるべく水につけない

このように髪ゴムに負担をかけないように使用することで、髪ゴムの劣化を防ぎ、数ヶ月長持ちします。

髪の毛量が多い人はスプリングヘアゴムがおすすめ!

スプリングヘアゴム

最近は、元々伸ばしても強度が劣化しないように作られている髪ゴムや、芯のゴムが複数本重ねて入れられている強度の高い髪ゴムも販売されています。毛量の多い人は、このような髪ゴムを探すのも長持ちさせるポイントとなるでしょう。

また、髪の毛量が多い人は、通常の髪ゴムではなく、スプリングタイプの髪ゴムを使用するのもおすすめです。スプリングタイプの髪ゴムであれば、ちょっとのことでは切れる心配がありませんし、デザインも豊富です。

コンビニやドラッグストアはもちろん、雑貨店やネット通販でも多数販売されているので、ぜひ好みにあったスプリングヘアゴムを見つけてみてくださいね。

髪ゴムは負担をかけないことが長持ちの秘訣!

鏡の前で髪をまとめている女性

いかがでしたでしょうか。髪ゴムは消耗品ですが、負担をかけずに使うことで数ヶ月長持ちすることも珍しくありません。「髪ゴムがすぐに切れてしまう」と困っている方は、扱い方を見直すか、スプリングヘアゴムに買い替えましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ゴムで髪をまとめている女性

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる