安物は逆に損!?100均で買うべきではない7つのアイテム

店に並んだ食器

100均といえば、文房具や調理器具、子どものおもちゃなど、さまざまなグッズが税抜き100円で購入できる人気ショップです。頻繁に通っているという人も多いのでは?しかし、便利な100均グッズの中には、100金で買ってしまうと逆に損してしまうグッズもあります。今回は、100均で買うべきではないアイテムを紹介します。

主婦の味方!夢のような人気ショップ100均

食器売り場に陳列されている食器

100均といえば、店内にあるほぼ全ての商品が税抜き100円で買えてしまう夢のようなお店ですよね。日常的に使えるものや目からウロコのアイデア商品など、家事に活用できるアイテムも多く、主婦にとっても味方といえる存在です。

そのため、頻繁に100円ショップに通っていたり、100円ショップに入ってしまうと、ついつい買いすぎてしまう…という人も多いでしょう。それほど100均は多くの人を魅了してやみません。

安くて便利♪しかしそれが逆効果となることも…

複数の100円玉通貨

安くて便利、そして驚くようなアイデア商品を販売しているユニークショップ100均ですが、中には「100均で買うべきではなかった…」「考えて買うべきだった…」と購入を後悔してしまう商品もあります。

「これが100円で買えるなんて嬉しい!」と思う商品も多くありますが、品質が重要となってくるアイテムに関しては、安さだけでなく、耐久性や最終的なお得度を考えた方が良さそうです。

逆に損!?100均で買うべきではない7つのアイテム

待て!のポーズをしているエプロン姿の女性

では、実際に「これは100均で買うべきではなかった」「もう少し考えて買うべきだった」というアイテムは、どのようなアイテムなのでしょうか。次回、100均に行く時は衝動買いせず、以下を参考に慎重に購入する商品を選びましょう。

1.調味料やふりかけ

100均にはスーパーやコンビニなどに置かれている調味料やふりかけが置かれていることも多いですよね。一見、「これが100円なんて!」と100円マジックにかかってしまい、安く感じることも多いでしょう。

しかし、よく考えてみると、スーパーの方が安かった…ということはありませんか。ほんの少しの金額差ですが、100均は税抜き100円に対し、スーパーでは税込98円で販売されているふりかけも多く見かけます。

安いと思っても、実は一般的にスーパーで見かける値段より高く販売されている商品もあるので、その点はしっかり見極めが大切です。しかし、「スーパーまでふりかけだけのために行くのは…」という人も多いでしょう。その場合は、そのまま100均で済ますのも1つの考えです。

2.繰り返し使うタイプのファイル

チャックで開閉することのできるファイルや、ドキュメントファイルなども100均で見かけます。たしかにこのようなファイルが100円で購入できるのは、お得感が強いですよね。

しかし、このような繰り返し使う開閉式のファイルは、他の店舗で販売されている商品よりも壊れやすい傾向にあります。繰り返し使うタイプのファイルは、品質の良いものであれば、何年も使うことができますが、100均のファイルは数回で壊れてしまうことも度々あります。

何度も買い換えたり買い直したりすることを考えると、結果的に他のお店で販売されているファイルの方が安く済むことも多いにあり得ます。大きな差ではありませんし、繰り返し使うファイルは100均以外で購入した方が最終的にはお得かもしれません。

3.靴下やストッキング

沢山の靴下

靴下やストッキングも100均で販売されています。靴下やストッキングは消耗品なので、「100均でもいいよね」と購入する人も多いでしょう。しかし、やはり他の製品に比べると、耐久性が弱いという声が聞こえます。

個人の感じ方にもよりますが、数回で破けてしまうようであれば、次回から別の店舗で品質の良い靴下やストッキングを購入した方が安い可能性も高いです。

夏場など汗で臭いなどが気になる季節であれば、破ける前に買い換えたいと思う人も多いと思うので、その場合は100均を利用するなど、季節に応じて使い分けるのも1つの案です。

4.統一したい収納グッズ

100均には、活用しやすい便利な収納グッズがたくさんありますよね。サイズも幅広く揃っているので、シンデレラフィットする収納グッズも比較的見つけやすく便利です。

しかし、見落としやすいデメリットとして、収納グッズのリメイクが早いことです。一般的に、家具店などの収納グッズは、比較的長く展開していますが、100均は新しい商品を次々と生み出すため、以前あった収納グッズのデザインが変わるスパンも短いです。

そのため、収納グッズを統一したいという場合は、何回かに分けて買っていると統一したい収納グッズがなくなってしまう恐れもあります。同じ場所の収納グッズを統一したい場合は、一度にまとめて購入するか、長期間展開される別の収納グッズを検討した方が無難です。

5.電球

100均によっては電球も安値で販売されていますが、電球は品質が重要です。高いものであれば長持ちする傾向にありますが、100均の電球は比較的寿命が短いと言われています。したがって、長い目で見ると一般的な家電店舗で購入した方が、結果的に安く済むことが多いです。

しかし、「週末まで家電店に行く時間がなく、家の近くに100均がある」という場合は、一時凌ぎとして100均の電球を使用する方法もありでしょう。

6.キッチン用品

たくさんの白い食器

100均のキッチンコーナーには、驚くようなアイデアキッチン用品が多くあり、見ているだけでワクワクしてきますよね。つい衝動買いしてしまう主婦の方も多いのではないでしょうか。

しかし、キッチン用品も品質が重要です。商品によっては、やはり他の商品に比べると寿命が短かったり、壊れやすかったりといった欠点が見えます。

こちらも考え方次第ですが、季節ごとにお皿を新調したいと考えている方や試しに使ってみたいという方であれば、100均の食器は最適です。しかし、長く愛用していきたいと考えているようであれば、100均以外の店舗でお気に入りの食器を見つけるべきでしょう。

7.文房具類

沢山の種類の文房具

多くの文房具が揃っている100均は、幅広い世代から支持を得ています。しかし、こちらも商品によっては他店舗の方がお得に購入できるアイテムがあります。

例えば、鉛筆やスティックのりなどは、他店舗でまとめ売りしていることが多いです。1本100円の鉛筆やスティックのりを100均で購入するより、他店舗で3本250円前後で購入した方がお得ですよね。

安さを気にする方は、他で安くまとめ売りされていないかどうかも考慮した上で検討するべきです。しかし、手っ取り早く足りない文房具を補充したいという場合は、100均を利用するのも良いでしょう。

100均で購入するものは見極めるようにするとお得♪

小銭入れを持って微笑んでいる女性

いかがでしたでしょうか。「100均は安い」という先入観によって、全てが安く見えてしまいます。しかし、実際は他の店舗の方が安く販売していたり、長い目で見るとより品質に良いものを購入した方が安く済む場合もあります。100均で購入する際は、さまざまな点を考慮して購入すると、結果的によりお得に買い物ができますよ!

この記事のタイトルとURLをコピーする
店に並んだ食器

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる