布団に絶対NGな『収納方法』5選!寿命を縮める間違い行為と正しい方法を解説

除湿シートと布団

皆さんはベッド派ですか。それとも布団派ですか。どちらの場合も掛け布団は使用しますが、布団派の方は毎日布団をたたみ、押入れやクローゼットに収納しているかと思います。しかし、布団は収納方法を間違えると、寿命が縮んでしまいます。今回は、布団の寿命を縮める収納方法と正しい収納方法を解説します。

布団は正しい方法で収納して長持ちさせるべし!

畳の上に敷いてある布団

布団には、大きく分けて掛け布団と敷き布団があります。最近では、ベッドを使用する人も増えてきましたが、掛け布団はすべての人が使用していますよね。

敷き布団を使用している人は、毎朝畳んで収納していると思います。その場合は、掛け布団も同様に収納していますよね。ベッドを使用している人でも、季節によって掛け布団を取り替える必要があるので、長期収納する機会は毎シーズンやってくることでしょう。

このように布団を収納する機会は誰にでもやってきます。布団は湿気に弱いので、間違った収納方法を続けていると、布団の寿命が縮まることにもつながります。

掛け布団の寿命は約5年、敷き布団の寿命は約3年

ちなみに、布団の寿命をご存知でしょうか。布団に使われている素材や作りにもよりますが、一般的に普通の掛け布団の寿命は約5年、敷き布団の寿命は約3年と言われています。

人は寝ている間に大量の汗をかいているので、その汗を吸収していることを考えると、このタイミングで取り替えるのが適切と言われているからです。

寿命を縮めるかも?布団に絶対NGな収納方法5選

畳の上に重ねた布団

では、布団にしてはいけない絶対NGな収納方法には、どのような行為が当てはまるのでしょうか。布団を収納する際は、以下のNG行為に気をつけて保管しましょう。

1.布団をぎゅうぎゅうに詰めて収納

押入れやクローゼットに布団をしまう際、無理に詰め込んで収納していませんか。特に、家族で同じ部屋に寝ているご家庭では、1つの部屋の押入れやクローゼットに、家族分の布団を収納しなければいけないため、無理にでも押し込んでいるというご家庭も多いでしょう。

しかし、布団をぎゅうぎゅうに詰め込んで収納していると、布団が型崩れしてしまい、寿命を縮めることにもなります。また、ぎゅうぎゅうに詰め込むことで、通気性が悪くなり、湿気によって寿命が縮まってしまう原因にもなります。

2.カバーをつけたまま収納

人は寝ている間に多くの汗をかきます。その汗は、布団にかけているカバーに吸収されていることが多いです。

多くの汗を吸収したカバーをつけたまま、布団をクローゼットや押入れに収納してしまうと、締め切ったクローゼットや押入れの中で湿気が充満してしまい、寿命を縮めることになります。

必ずカバーは布団から取り外して、クローゼットなどに収納しましょう。カバーは別で保管したり、定期的に選択したりして清潔な状態を保ちましょう。

3.通気性のない収納袋に入れて長期間保管

圧縮袋で圧縮された衣類、毛布、布団

布団を長期間保管する場合、通気性のない収納袋に入れっぱなしにしていると、袋の中で湿気が溜まってしまい、布団の寿命を縮めることになります。

出来るだけ穴が空いているような通気性の良い布団収納袋を使うようにしてください。また、通気性のない袋に保管する場合は、定期的に取り出し、天日干しをして乾燥させるなどして対策しましょう。

4.羽毛布団を圧縮袋に入れて収納

羽毛布団は、布団の中でも特に繊細な布団です。扱い方を間違えると、一気に寿命が縮まってしまうため、注意が必要です。

羽毛布団は、寒い冬の時期にしか使用しないため、基本的に押入れやクローゼットに長期間収納していることが多いです。その際、圧縮袋や通気性の悪い袋に入れて保管する人がいますが、これは羽毛布団の寿命を縮めてしまう恐れがあるのでやめましょう。

羽毛布団を圧縮袋に入れると、羽毛を傷めてしまう恐れがありますし、型くずれの原因にもなります。

5.天日干しをせずに収納

長期保管する場合は、収納する前に必ず天日干しをする必要があります。天日干しが適していない素材の布団であれば、布団乾燥機を使用することをお勧めします。

天日干しをせずに長期間保存していると、汗を吸収したまま保管することになるので、カビが生えたり型崩れしたりする原因となります。

また、長期保管ではない場合でも、定期的に天日干しすることで、吸収した汗を蒸発させることができます。長持ちさせるためには大切なお手入れ方法なので、定期的に行いましょう。

掛け布団も敷き布団も共通!正しい布団の収納方法を解説

ベランダに干した布団

間違った収納方法を確認したところで、掛け布団にも敷き布団にも共通して言える正しい布団の収納方法を解説します。長期保管する場合はもちろん、毎日の収納にも同様に言えることなので、以下のポイントを押さえて収納するように意識しましょう。

  • 必ずカバーを取ってから収納する
  • 天日干しや布団乾燥機で乾燥させてから収納
  • 収納スペースはなるべくゆとりを持って
  • スノコや除湿剤を活用して湿気対策を施す
  • 長期保管する場合は通気性のある袋に入れて収納

これらを意識的に行うことで、愛用の布団を長持ちさせることができます。特に、羽毛布団や高級布団などは、大切に使うことで何年も長持ちします。正しい方法で収納して、長持ちさせましょう。

愛用の布団は湿気対策と正しい収納方法で長持ちさせよう

布団の上で昼寝をしている子供

布団は湿気に弱いため、できるだけ湿度を上げないように気をつけて収納することがポイントとなります。正しい収納方法を意識的に実践することで、愛用の布団を長持ちさせましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
除湿シートと布団

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる