油汚れにしてはいけないNG行為3選!正しい落とし方やコツまで解説

油汚れで汚れているガスコンロ

レンジやコンロ周りなど、キッチンには油汚れがきになる箇所が多く存在します。油汚れは少し放置してしまうと、頑固なこびり付き汚れとなるので厄介ですよね。そんな油汚れにしてはいけないNG行為と正しい落とし方を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

頑固な油は最も落とすのが難しい汚れ

油汚れの付着したガスコンロ

キッチンをはじめ、頑固な油汚れは、汚れの中でも特に落とすのが難しいと言われています。こびりついた油汚れは、普通に水拭きしても落ちにくく、油汚れに効果のある用品を使わなければ落ちないことも珍しくありません。

キッチンの中でもコンロ周りやレンジ庫内、魚焼きグリルなど、油汚れがたまりやすい場所は、特に頑固な油汚れが蓄積されやすく、気付いた時には油まみれになっていた…という経験を持つ主婦の方も少なくありません。

また、油を使って調理をしたり、脂っこい食事を取ったりすると、洋服にも付着してしまうことがあり、こちらもまた落ちにくいですよね。

対処法を間違えると余計に悪化することも…

そんな頑固な油汚れは、対処法を間違えると余計に悪化したり、さらなる悪影響を及ぼしたりすることもあります。特に、洋服についた油汚れは、間違った方法で落とそうとすると、かえって油汚れが広がる原因になります。油汚れには、正しい方法でアプローチしなければいけません。

油汚れにしてはいけないNG行為3選

バツ印を示す主婦

では、キッチン周りにこびりついた油汚れや、洋服に染み付いた油汚れには、どのような対処をするべきなのでしょうか。まずは間違った対処法を紹介するので、このような方法で油汚れを落とそうとしていた方は、今すぐやめてください。

1.油汚れを長時間放置する

まず大前提として、油汚れはそのまま長時間放置しないようにしましょう。特に、コンロ周りは油が飛び散ったり溜まったりしやすい場所です。使った後は、必ず熱さが引いたことを確認した上で、すぐに拭き取ることを心がけてください。

そのまま油汚れを放置していると、その油汚れがこびりついてしまい、なかなか落とせなくなってしまいます。「落とせない」と諦め、さらにその上から油汚れが蓄積してしまうと、頑固な油汚れとなってしまいます。

2.力強くこすって落とそうとする

3つのステンレス製のタワシ

頑固にこびりついた油汚れをゴシゴシと強くこすって落とそうとする人は多いです。たわしを使ったり、ブラシを使ったりと様々な手段を駆使して、どうにか力任せにこすり落とそうとしたくなりますが、これは絶対にNGです。

表面的に油汚れが落とせても、実際は油汚れが蓄積されて、完全に取りきれていないことが多いです。さらに、力強くこすることで、コンロやレンジ庫内など、その部分に傷がついてしまうケースも多いです。

目に見えにくい細かい傷ですが、小さな傷だからこそ、その後に調理した際、油汚れやその他の汚れがたまりやすくなり、結果として細菌繁殖やカビの発生を促す原因となります。

こびりついてしまい、なかなか落とせない油汚れでも、力任せにこすったり、たわしで引っ掻いたりする行為はやめてください。

3.油汚れが付いた服をゴシゴシこする

シミの付いた洗濯物

油汚れが服に飛び散り、付着してしまうこともよくありますよね。しかし、その際、油が付着した部分を急いでゴシゴシとこすっていませんか。経験のある方はお分かりだと思いますが、こすってしまうと余計に汚れが広がってしまいます。

応急処置としては、ティッシュで軽くポンポンと油を拭き取り、その後、濡らしたティッシュで再度トントンと叩きます。この時、石鹸などを含ませてあげると、より効果が表れますよ。最後に水で洗い流して完了です。

絶対に力任せにゴシゴシとこすって落とそうとすることはやめましょう。油汚れが広がり、シミが余計に染みこんでしまい、落とせる油汚れも落とせなくなってしまいます。

放置しないで!油汚れの正しい落とし方は?

重曹と掃除道具

油汚れは絶対に放置してはいけません。基本的には、油汚れが付着したら、すぐに拭き取ることを心がけましょう。

しかし、すでに油汚れがこびりついてしまったという場合には、重曹がとても効果的です。小さじ1杯の重曹に、100mlほどのお湯を混ぜ、重曹スプレーを作ります。この重曹スプレーを使い、以下の方法で落としてください。

  1. 重曹スプレーを吹きかけて、しばらく置く
  2. ふきんで拭き取る

コンロ周りはこれだけです。重曹スプレーはあらゆる場所に使えるので、1本作っておくと便利ですよ。

また、レンジの場合は上記のように重曹水を作り、レンジ対応の容器に入れて、レンジ庫内で加熱させます。2〜3分過熱させたら、そのまま20分ほど扉を閉めた状態で放置し、その後過熱した重曹水をふきんに含ませて、レンジ庫内を濡れ拭きしましょう。最後に乾拭きして完了です。

油汚れは時間をおかずに正しく落とすことが大切

キッチンを掃除しているところ

いかがでしたでしょうか。油汚れは時間をおいてしまうと、余計に落ちにくくなってしまいます。常に重曹スプレーを用意しておくことで、コンロ周りやレンジ庫内の油汚れにすぐ対応することができますよ。

この記事のタイトルとURLをコピーする
油汚れで汚れているガスコンロ

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる