加湿空気清浄機にしてはいけない『NG行為』4選

リビングの加湿器と椅子

加湿空気清浄機は、室内を加湿しながら空気をきれいにしてくれる一台で二役になってくれる優秀家電です。特に、乾燥しがちでウイルス感染が増える冬場には重宝します。しかし、扱い方を間違えると、逆効果となってしまう恐れも…。今回は、便利な加湿空気清浄機にしてはいけないNG行為を解説します。

冬場には大活躍する『加湿空気清浄機』

加湿器のボタンを押している女性

冬になると、空気が一気に乾燥し、ウイルスが蔓延することで風邪もひきやすくなりますよね。そんな乾燥した室内を潤し、空気を浄化してくれる便利家電が『加湿空気清浄機』です。毎年冬場になると加湿機能を搭載した空気清浄機の需要が高まります。

最新の加湿空気清浄機は、スリムでおしゃれなインテリアとしても優秀な商品が多く、音も静かなものが多いです。また、フィルター掃除も従来に比べると簡単になったため、より使い勝手が良くなったと感じる人も多いでしょう。

絶対ダメ!加湿空気清浄機にしてはいけないNG行為4選

部屋に置かれた空気清浄機

冬場に大活躍してくれる加湿空気清浄機ですが、使い方を間違えると逆効果となり、肌や健康に悪影響を及ぼすこともあります。また、扱い方が悪いと寿命を縮めることもあるため、ここで紹介するNG行為は控えてください。

1.フィルターを定期的に掃除しない

加湿空気清浄機の空気清浄機能は、部屋の中の空気を吸い込み、フィルターで埃や細かい汚れをキャッチして、きれいな空気として再度送り出しています。そのため、空気清浄機能のフィルター部分は、多くの汚れが溜まっているのです。

このフィルター部分を定期的に掃除していないと、フィルターに汚れが蓄積され、取り込んだ空気をきれいに浄化して送り出すことができなくなります。

最悪の場合、汚れがフィルターに溜まっていることで、送り出された空気に悪臭が混ざり、室内に異臭が漂ってしまう恐れもあります。フィルターは、取扱説明書に記載されている通り、定期的に掃除してください。

2.タンク内の水を入れっぱなしにする

加湿空気清浄機の場合、加湿機能を使うことが想定されています。加湿機能を使う際は、水タンクの中に水を入れて、その水を蒸発させることで室内を加湿します。

しかし、タンクに入れた水を入れっぱなしにして、何日も同じ水を使っていると、タンクの水の中で雑菌が繁殖してしまい、繁殖した雑菌ごと室内に送り出されることになります。

せっかく空気清浄機能で室内の空気を清潔にしているのに、加湿機能で菌を送り出しては意味がありません。タンク内の水は、必ず毎日取り替えるようにしましょう。また、使わない日は溜めずに捨ててください。

3.夜寝ている間も加湿機能をつけっぱなし

つけっぱなしの加湿器

夜、寝ている間に寝室の空気が乾燥すると嫌だからと、加湿機能をつけっぱなしにしている人は多いです。特に女性は、肌の乾燥を気にして加湿機能をつけっぱなしにしている人がいますが、寝ている間に加湿機能をつけっぱなしにする行為は、基本的にNGです。

暖房をつけている場合は、加湿機能をつけて乾燥を防ぐべきですが、エアコンの暖房機能を使っていないにもかかわらず、加湿機能をつけっぱなしにしていると、寝室の湿度が必要以上に上がってしまいます。

すると、窓を中心にカビが発生し、寝室の空気を汚してしまうため、空気清浄機能が意味を成さなくなってしまうだけでなく、健康に悪影響を及ぼすことになります。

冬場は乾燥しがちですが、寝ている間に暖房をつけていない場合は、加湿機能をつけっぱなしにせず、必ず消してから就寝してください。

4.水タンクに水道水以外の水を入れる

加湿空気清浄機の取扱説明書を読むと、水タンクには水道水を入れるようにと指示があるはずです。水タンクに水道水以外の水を入れてしまうと、タンク内で雑菌が繁殖してしまったり、加湿空気清浄機本体の故障原因にもなります。

また、アロマに対応している機種でない限り、アロマなどを加えることも禁止です。対応していない加湿空気清浄機のタンクにアロマを加えてしまうと、正常に機能しなくなったり、アロマ成分が本体に影響を及ぼし、故障してしまう恐れがあります。

加湿空気清浄機のお手入れはどのくらいの頻度が理想?

空気清浄機にフィルターの汚れ

加湿空気清浄機の機能を正常に稼働させるためには、定期的に加湿空気清浄機のお手入れをする必要があります。では、加湿空気清浄機のお手入れは、どのくらいの頻度で行うのが理想なのでしょうか。以下に目安を記載しているので、参考にしてください。

  • 本体の外側:汚れが気になる度に乾拭き
  • フィルター:2週間に1回
  • フィルター交換目安:約10年

メーカーや機種によっても多少異なるので、フィルターのお手入れ方法やお手入れ頻度は、再度取扱説明書を確認してみてください。

加湿空気清浄機は定期的なお手入れで効果を発揮して

空気清浄機のボタンを押している子供の手

加湿空気清浄機は、加湿器と空気清浄機能が同時に備わった優れものです。しかし、それゆえにフィルターが汚れやすかったり、カビが内部に生えやすいといった注意点もあります。必ず説明書に記載されている通り、定期的にお手入れをして、最大限の効果を発揮させましょう。

リビングの加湿器と椅子

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる