黒ずみを無理に取るのは逆効果!いちご鼻の原因になるNGケア4選

386000413

毛穴が黒ずんでいちごのようなブツブツの鼻の状態のことを「いちご鼻」と言います。気持ち悪いからと無理やりに毛穴の汚れを取ろうとするとかえって逆効果になることをご存知でしたか?この記事では「いちご鼻」の状態を悪くしてしまうNGケアについてご紹介します。

1.黒ずみを押し出す

254634520
いちご鼻に見える黒いブツブツの正体は毛穴につまった角栓です。皮膚のバリア機能が低下し、乾燥することで皮膚のターンオーバーが正常におこなわれず、アカとしてはがれ落ちるはずだった細胞が毛穴につまってしまったものです。

この黒ずみを押し出すアイテムが売られていますが、毛穴につまっているからといって無理やり角栓を押し出そうとするのはNGです。肌を傷めてしまうだけでなく毛穴を広げてしまい角栓がつまる原因となってしまいます。

無理に押し出すのではなく、クレンジングの前に蒸しタオルをあてて毛穴につまった脂をゆるめて毛穴の中に隙間をつくるようにしましょう。メイクと一緒に角栓も落とすことができます。

2.ゴシゴシ洗う

222232109
強い力でゴシゴシと洗って黒ずみを落とそうとすると、必要な皮脂が洗い流されて皮膚のバリア機能が低下して乾燥してしまい、余計に黒ずみができやすくなって悪循環となってしまいます。

ゴシゴシこすらず、指の腹をつかってやさしく洗うようにしましょう。

3.毛穴パックのやりすぎ

308584543
角栓をとるには毛穴パックが効果的と考える人も多いでしょう。しかし、やりすぎると毛穴のまわりが炎症してしまい角栓だけでなく必要な角質まではがれてしまいます。毛穴の周りに炎症がおきるとメラニンが異常に蓄積され、黒く変色してしまうのもいちご鼻の原因です。

毛穴パックは多くても週に1回程度です。肌の調子を見ながら使い、やりすぎには注意しましょう。

4.ファンデーションを厚く塗る

135109458
いちご鼻を隠そうとしてファンデーションを厚く塗りすぎてしまう人は多いかもしれません。

ファンデーションを重ねすぎると皮脂がくずれやすくなり、毛穴が広がりかえって目立ってしまいます。毛穴を隠すなら、毛穴をカバーできる化粧下地でし肌を整えてからファンデーションを塗るのがおすすめです。

脱・いちご鼻で若々しく健康的な見た目に

108109925

いちご鼻の黒ずみを悪化させてしまうNGケアについてご紹介しました。

正しいケアをすれば毛穴の黒ずみも取れて、若々しく健康的な肌を目指すことができます。NGケアをやってしまっていると気づいたら、ぜひ改善してみてくださいね。

386000413

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる