展示品の冷蔵庫は買っても大丈夫?メリット・デメリットや購入前の注意点を解説

ドアが開いた冷蔵庫

展示品の冷蔵庫は基本的には買って大丈夫です。展示品の冷蔵庫を買うときのメリットとデメリットについて詳しく解説します。デメリットの中には“私は全く気にならないけどな…”というものもあります。展示品の冷蔵庫を買う前に注意してチェックしたい項目についてもご紹介しますのでぜひお役立てください。

展示品の冷蔵庫のメリット・デメリット

4タイプの冷蔵庫

展示品の冷蔵庫には、新品なのに展示品価格になっている冷蔵庫もあれば、昨日から展示が始まったばかりなのにもう処分価格になっているなんて冷蔵庫もあります。

展示品の冷蔵庫と聞くとずっと長い間その場に展示されていたのではないかと考えてしまいますよね。でも実際には全ての展示品の冷蔵庫がそうだというわけではないんです。

ですから、展示品の冷蔵庫を買うかどうか迷うときはメリットとデメリットを考えながら検討してみると良いです。

メリット

展示品なのですから当然、値下げされてお買い得な格安な値段で買うことができます。値札を見てみると、どれくらい値引きされたのか表示されています。

展示品の冷蔵庫を開けてみると中の電気が点いて光っています。しかしこれは冷蔵庫の中を見やすくするための演出であって、実際には通電されていないことがほとんどです。もし通電されていたのかどうか気になるのであれば店員さんに確認しておきましょう。

通電は機械的な劣化の原因になることがあるため、念のための確認をしておくことをおすすめします。そして気になる保証についてですが、展示品の冷蔵庫も保証期間付きで販売されていますのでご安心ください。

デメリット

展示品の冷蔵庫は不特定多数の人が手で触れます。扉を開け閉めしてみたり、操作ボタンを押してみたり、中には荒く扱う人もいるかもしれません。当然、指紋や手垢が付くわけです。潔癖症やキレイ好きな人にとってはう~んと悩まれるのではないでしょうか。

もちろん、店員さんによって常に清掃をするなどお手入れがされていると思いますが、やはり新品の冷蔵庫と比べると展示品の冷蔵庫には細かい汚れや傷が付いていることがあります。また、展示品の冷蔵庫が通電されていた場合、機械的な劣化も考えられるため、その分の寿命が短くなっていると考えた方が良いでしょう。

かなり細かな話ではありますが、展示されるときに箱や緩衝材が処分されていることがあります。購入し、自宅まで運ばれてくるとき、適切に梱包されて運ばれて来るとは思いますが、運ばれて来るときの汚れや傷が気になるという方がいらっしゃるかもしれません。

展示品の冷蔵庫の注意点

オレンジの灯りがついた冷蔵庫の中

テープが貼られていた箇所が変色している

展示品の冷蔵庫には色んな貼り紙がされていますね。テープを使って貼られていた箇所が黄ばんでいたり茶色くなるなど変色していることがあります。

“展示品限り”と色鮮やかな文字で書かれた貼り紙、商品をPRするための小さめのポスター、そして価格が表示された貼り紙などです。こればかりは実際に剥がして見てみなければ確認することができないため、展示品の冷蔵庫を買う前にチェック…ということが難しいかもしれません。

勇気がある方は「このテープの部分の変色が気になるのですが…」と店員さんに尋ねてみても良さそうです。もし変色があった場合には値引きの交渉にも繋がるかもしれません。

ゴムパッキンの劣化が心配

展示品の冷蔵庫の中にはゴムパッキンの劣化が心配な商品があります。冷蔵庫のゴムパッキンが劣化すると起こることは、ドアがしっかり閉まらない、そのため中がしっかり冷えない、といったことです。

展示品の冷蔵庫に必ずしも起こり得ることではありませんが、本来は5年ほど正常に使用できるはずが、ゴムパッキンの劣化で4年ほどで冷えづらくなった、なんてことが起こる可能性を考えることができます。

しかし、自分で冷蔵庫のゴムパッキンの状態を確認することは難しいでしょう。展示品の冷蔵庫を買う前にゴムパッキンの状態を店員さんに見てもらい、傷みや劣化がないか確認しておくと良いでしょう。

展示品の冷蔵庫を買ったら冷えない

展示品の冷蔵庫を買ったらいつまでも中が冷えなくて食品を入れることができない!という問題がよく起こります。

冷蔵庫を買ったとき、電源を入れてから直後に使用できるというわけではありません。電源を入れてから3時間くらい経って、やっと食品を入れることができます。冷蔵庫の中がしっかり冷えるまでに数時間はかかるのです。

しかし、展示品の冷蔵庫の場合、デモモードという機能によっていつまで待っても中が冷えないことが起こる可能性があります。デモモードは販売店向けの機能なので私たち購入者には全く関係のない機能なのですが、デモモードを設定して展示しており、販売するときに解除し忘れてしまったのではないかと思われます。

展示品の冷蔵庫を購入したときは、この可能性があるということを覚えておくと良いです。3時間くらい待っても冷蔵庫の中が冷えないときは、取扱説明書にデモモードの設定方法や解除方法について表示されていますので確認してみると良いでしょう。

展示品の冷蔵庫を購入する方法

Pink Interior with blue fridge 3D illustration

家電量販店の店舗で購入する

展示品の冷蔵庫の購入を検討するときは複数の家電量販店を見て回ると良いです。同じ型の冷蔵庫でも価格が大きく違うことがあります。汚れや傷の状態も違うかもしれません。店舗で直接購入すれば商品の状態をじっくり見て確認することができます。

家電量販店の公式通販サイトから購入する

展示品の冷蔵庫は家電量販店の公式通販サイトから購入することができます。実際に商品を見て購入することができない不安はありますが、どのような商品なのか詳しく表示されていますので確認して購入すると良いです。「店舗に在庫がある現品限りの展示品価格です」などと表示されています。

ヤフオ!クで購入する

ヤフオク!には展示品の冷蔵庫が多数出品されています。定額で出品されている商品もありますが、ほとんどがオークション形式での出品です。基本的には返品不可ですので、どのような商品なのか説明をよく読み、十分に注意して購入する必要があります。初期動作不良時のみ返品可という商品もあります。

アウトレットで購入する

アウトレットとは、在庫を大量に仕入れて格安で販売しているお店です。大手小売企業が運営しているアウトレットモールもあれば、地域密着型のアウトレットモールもあります。

家電量販店の展示品価格で買うよりもさらにお買い得な格安な値段で買うことができる可能性もあります。新品で未使用だけれどあまりにも在庫がありすぎるため処分品として販売されている展示品の冷蔵庫。新品で未使用だけれど展示品だったため汚れや傷や変色が気になる冷蔵庫。このような商品があります。

展示品の冷蔵庫はメリットとデメリットをよく知って買えば大丈夫!

The girl's hand with a white rag washes the refrigerator

展示品の冷蔵庫を買う最大のメリットはやはり価格なのではないでしょうか。どれくらい値引きされているのかを確認すると“新品でこんなにキレイな冷蔵庫なのに?”と驚くことがあります。

ただし、あまりにも格安である場合には、目立たない汚れや傷があるのではないか?と疑ってみる必要もあります。

展示品の冷蔵庫は不特定多数の人が手で触れています。展示されていたものがそのままトラックで運ばれて来る可能性が考えられます。アルコールなどを使って冷蔵庫の外も中もキレイにお手入れしてから使用されることをおすすめします。

使い始めたら全ての機能が正常に作動しているかどうか確認しましょう。展示品の冷蔵庫は操作ボタンも不特定多数の人が押しています。正常に作動しない可能性が考えられます。展示品の冷蔵庫は基本的には購入して大丈夫ですので、それほど神経質に考えてしまうことはないでしょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ドアが開いた冷蔵庫

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる