シチューの味が薄い時の対処法!味の調整方法やとろみの付け方について

ホワイトシチューと木製スプーン

具材から出た水分によってシチューが薄くなってしまうことがあります。ホワイトシチューならホワイトソース、ビーフシチューならカレーのルーがよく合います。しかし、食べたい時に買うことがほとんどですよね。今自宅にある物でも対応することができます。シチューが薄い時の対処法、とろみをつける方法、隠し味におすすめの食材や調味料をご紹介します。

シチューの味が薄い時の対処法

塩コショウを加える

シチューの味が薄い時は塩コショウを少量ずつ加えてみてください。コショウのピリッとした感じが苦手であれば塩だけでも良いです。少量でも味がしっかりつきますので、塩辛くなってしまわないよう注意が必要です。

コンソメを加える

シチューが薄い時はコンソメを加えてみてください。顆粒タイプのコンソメなら少量ずつ、味を確認しながら加えます。固形タイプのコンソメなら半分加えて味を確認し、物足りないようであればもう半分も加えてみます。包丁でかるく半分に切り分けることができますが、粉々になりやすいのと、小さいのでケガに注意してください。

醤油を加える

シチューが薄い時は醤油を加えてみてください。濃口醤油はホワイトシチューの色を変えてしまいますが、薄口醤油ならほとんど色は変わりません。大さじ1(15mlくらい)を加えて味を確認しつつ加える量を調整してみてください。

味噌を加える

シチューが薄い時は味噌を加えてみてください。赤味噌は熟成期間が長いためコクがあります。その分、塩分濃度が高いため塩辛くならないように注意してください。

白味噌は麹の糖分によって甘味があるためシチューによく合います。また、赤味噌はホワイトシチューに少し色がついてしまうかもしれません。白味噌であればほとんど色は変わりません。

ケチャップを加える

シチューが薄い時はケチャップを加えてみてください。ケチャップはホワイトシチューにもビーフシチューにもよく合います。野菜や肉との相性も良いですよね。

ホワイトシチューにケチャップを加えたトマトクリームシチューもレシピとして人気です。ケチャップの酸味が気になる時はよく煮詰めてみてください。煮詰めることで酸味が目立たなくなります。

もし、酸味がお好きなのであれば、生のトマトがあれば一緒に加えてみてください。さらに新鮮な酸味も加わってより美味しく味わえます。

余ったルーを加える

カレーのルーは余っていませんか?シチューが薄い時はカレーのルーを加えてみてください。余ったカレーのルーってなかなか料理に使う機会がないので、シチューが薄い時こそ使い切るチャンスです。

パスタソースを加える

パスタソースの買い置きはありませんか?シチューが薄い時はパスタソースを加えてみてください。とくにカルボナーラはよく合います。ミートソース、バジルソース、海老クリーム、ペペロンチーノもおすすめです。

1人前のパスタソースであれば全ての量を加えても濃くはなりにくいですが、2人前だと量が多いので使いきれずに余ってしまう可能性が高いです。

シチューがサラサラになりすぎた時の対処法

大きなシルバーの鍋で調理する女性

シチューがサラサラになってしまう主な原因は水を入れ過ぎてしまったこと。もしくは、野菜や肉の下ごしらえが不十分だったため余分な水分が出てしまったことです。

よく煮詰める

水の入れ過ぎや野菜や肉から出た水分が原因でない場合、シチューがサラサラなのは煮詰めることが足りていないからです。シチューがサラサラになりすぎたと感じた時は、まずはよく煮詰めてみてください。

鍋の底が焦げてしまわないよう弱火にし、まずは5分。まだサラサラだと感じるならさらに5分。それでもシチューがサラサラなままなのであれば、水分が原因である可能性が高いですので他の方法を試してみてください。

小麦粉+水でとろみをつける

容器に小さじ2の小麦粉と小さじ2の水を入れてよく混ぜ合わせます。シチューがグツグツと沸騰したら加えます。鍋の底が焦げてしまわないよう弱火で10分くらい煮詰めます。

この時、ゆっくりかき混ぜながら煮詰めてください。煮詰めてもまだシチューがサラサラだと感じる時は、小さじ2の小麦粉と水をさらに加えて煮込んでみてください。

小麦粉+バターでとろみをつける

小さじ2の小麦粉に溶かしたバターを加えてよく混ぜ合わせます。シチューがグツグツと沸騰したら加えます。鍋の底が焦げてしまわないよう弱火で10分くらい煮詰めます。

この時、ゆっくりかき混ぜながら煮詰めてください。バターを加えることでコクが増します。量はお好みで構いません。煮詰めてもまだシチューがサラサラだと感じるけれどバターは追加したくない時は、小さじ2の小麦粉と水をさらに加えて煮込んでみてください。

片栗粉+水でとろみをつける

片栗粉と水を1:1の割り合いで混ぜ合わせます。片栗粉がよく溶けたらしばらく置きます。しばらく置くことでシチューのとろみが持続しやすくなります。

すぐにシチューに加えるとダマになりやすいので注意してください。水に溶いた片栗粉をシチューに加えたら鍋の底が焦げてしまわないよう弱火で10分くらい煮詰めます。

この時、ゆっくりかき混ぜながら煮詰めてください。片栗粉でとろみをつけたシチューは冷めるとサラサラに戻ってしまいやすいです。とろみのついた出来立てを食べるのがおすすめです。

シチューの隠し味におすすめの食材・調味料

4種類のチーズと横にフォーク

チーズ

シチューにチーズを加えて煮詰めると濃厚さが増します。馴染み深いプロセスチーズも良いですが、シチューにもよく合う4種類のチーズをおすすめします。

  • カマンベール:クリーミーで熟成が進んでいると濃厚な味わいのチーズです。
  • クリームチーズ:なめらかで酸味のあるチーズです。
  • マスカルポーネ:クリーミーでコクと甘みのあるチーズです。
  • ゴルゴンゾーラ:ブルーチーズの一種で芳醇な甘みのあるチーズです。

ベーコン

肉の旨味がギュッと詰まったベーコンは、下ごしらえとしてフライパンでサッと焼いておくのがおすすめです。2人~3人前のシチューには薄切りベーコン5枚~10枚くらいが目安です。入れすぎると塩辛くなってしまうことがあります。

味噌

シチューのコクを増したい時の隠し味には味噌がおすすめです。よりコクがあるのは赤味噌、コクプ+甘味があるのは白味噌です。味噌は塩分濃度が高めです。2人~3人前のシチューの隠し味としては小さじ1~2くらいが目安です。

無塩バター

シチューと相性の良い隠し味にはバターがおすすめです。まろやかにもなりますし、コクも増します。シチューの味がしっかりと濃いのであれば無塩バターが良いです。2人~3人前のシチューであれば大さじ1が目安です。

ホワイトチョコレート

ホワイトシチューの隠し味にはホワイトチョコレートがよく合います。チョコレートの脂肪分によってまろやかさが増しますし、ホワイトチョコレートならシチューの色を変えてしまうことがありません。

ミルクチョコレートやブラックチョコレートでも隠し味になります。チョコレートはすぐに溶けてしまいますので、シチューを煮詰めた後、火を止めてから加えてよく混ぜ合わせてください。

まとめ:シチューが薄いと感じるのはよく煮詰めていないから!

チェック柄と背景、ブロッコリーとニンジンのシチュー

シチューが薄いと感じる主な原因は3つあります。

  • よく煮詰めていないこと
  • 水を入れすぎたこと
  • 野菜や肉の下ごしらえが不十分で余分な水分が出てしまったこと

何かを加える前にまずはとにかくよく煮詰めてみてください。それでもどうしても味が薄い時には塩コショウや醤油など今ある物を使って対処してみましょう。

サラサラになりすぎた時は小麦粉や片栗粉を使ってとろみをつけます。いつもとは少し違ったシチューを味わいたい時は、ぜひ隠し味もお試しください。

ホワイトシチューと木製スプーン

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる