ドライアイスの安全な捨て方!知っておきべき危険性や注意点とは

ドライアイスとスプーン

ドライアイスの安全な捨て方をご存知ですか?アイスやケーキなどを購入した時に持ち歩く際に入れてくれるドライアイスは実はとても危険なものなのです。今回はドライアイスの知っておくべき危険性や安全な捨て方や捨てる時の注意点を詳しく紹介します。また捨てる前の活用法を合わせて紹介するので参考にしてください。

ドライアイスの知っておくべき危険性

ドライアイス

ドライアイスの安全な捨て方の前に、間違った捨て方で起こりうる危険性について説明します。

ドライアイスはアイスやケーキなどを購入した時に持ち歩く時に冷たく冷やしてくれる便利なものですが、ドライアイスはどんなものかしっかり理解していないと、とても危険なものです。

まずはドライアイスの安全な捨て方の前に、ドライアイスの危険性を知っておきましょう。

素手で触ると凍傷に

ドライアイスはマイナス78℃という超低温なので、素手で触ってしまうと凍傷を起こしてしまう恐れがあります。どうしても触らなければならない場合は乾いている皮手袋を必ず着用して触るようにしましょう。

密閉してはいけない

ドライアイスは溶けると氷と違い水にならずに気体になります。これを昇華と言います。

ドライアイスを密閉できる容器に入れてしまうと溶けて気体になりますが、その体積はドライアイスの時の750倍にもなります。ドライアイスを密閉してしまうと容器の内側にかかる圧力が増加して容器が破裂してしまう恐れがあります。

実際にごみ袋やペットボトルに入れてごみとして捨てようとして破裂させてしまったという事故もあります。ドライアイスは密閉させないように注意しましょう。

換気できない場所で取り扱わない

ドライアイスが気化すると二酸化炭素になり低い場所で溜まってしまいます。換気が十分にできない場所でドライアイスが溶けて気化した場合には酸素が足りない状態になってしまいます。

その場所に滞在してしまうと意識障害を引き起こしてしまう恐れがあります。

海外の話になりますが、アイスクリームのセールスマンが所持していた車に、仕事で使用するドライアイスを積んでいたところ、運転中に車内にドライアイスが気化した二酸化炭素によって車内の酸素が不足し意識障害を起こして死亡してしまったという事故もあります。

二酸化炭素は低い場所に溜まってしまう性質があるので、小さなお子様が遊んでいたり、お昼寝している部屋では特に注意してください。ドライアイスの捨て方を間違えると、とても危険なので取り扱いにはくれぐれも注意してくださいね。

《 ポイント 》

  • ドライアイスはマイナス78℃という超低温なので素手で触ると凍傷になってしまう恐れがあります。また溶けると気化して二酸化炭素になります。
  • ドライアイスを密閉できる容器に入れておくと内圧によって容器が破裂してしまうことがあったり、換気のできない場所では酸素が足りなくなって意識障害を引き起こす危険性があります。

ドライアイスの安全な捨て方

発泡スチロールの箱

買ってきたアイスに付いていたドライアイスで、小さい場合はそのまま常温の室内に放置して気化させても身体に影響が出るほどの二酸化炭素を出すことはありませんが、大量にドライアイスがある場合は注意が必要です。

ドライアイスの正しい捨て方や、安全に早く処分するためのドライアイスの捨て方を紹介します。

ドライアイスの安全な捨て方1:ベランダや外に放置する

ドライアイスの安全な捨て方はベランダや室外に放置する事です。

ドライアイスは溶けると気化するので屋外の玄関先や庭などかベランダに置いておけば、換気をする必要もなく自然に溶けてなくなります。ドライアイスが1kgあったとしても2~3時間で溶けてなくなります。

但し、ドライアイスを外に放置する捨て方で注意することは、雨が降ってきて濡れてしまうと火事で白い煙が出ているように見えてしまうことがあるので、火事では?と騒ぎになってしまうことも考えられるので雨が降っても濡れない場所に置いておくようにしてください。

ドライアイスの安全な捨て方2:発泡スチロールの箱に入れておく

ドライアイスの簡単な捨て方は発泡スチロールの箱に放置する事です。食品の宅配サービスを利用していた場合や魚を購入した場合に発泡スチロールの箱にドライアイスと共に配達されることもあります。

その場合は中に入っている食品類を取り出したら、そのまま放置しておくだけでドライアイスは自然に溶けて無くなります。

ドライアイスの安全な捨て方3:早く処理したい場合は水の中に入れる

ドライアイスを早く処理したい捨て方は水の中に入れる事です。

ドライアイスを放置しておく場所に困っていたり、子供が触って遊んでしまいそうで怖いという場合は洗面器やボウルに水を張って、その中にドライアイスを入れましょう。

もくもくと白い煙が大量に出てきますがそれは溶けている証拠です。何もせず放置しておくよりも早い捨て方でドライアイスを溶かして処理することができます。

小さなお子様がいるご家庭の場合、煙にも興味を持って触りたがってしまうので、お風呂場に置いて扉を閉めておくことで安心できますが密室になってしまうと溶けだした二酸化炭素がお風呂場に充満して大変危険なので、必ず換気扇を回しましょう。

《 ポイント 》

  • ドライアイスの安全な捨て方はベランダや外に放置することです。
  • 食品の宅配サービスを利用して冷凍食品を頼んだときには食品を取り出したらそのまま放置しておけば自然にドライアイスは溶けて無くなります。
  • ドライアイスを触る時は乾いた皮手袋をして取り扱うようにしましょう。ドライアイスを少しでも早く処理したい時は水の中に入れることで早くに処理することができます。

ドライアイスの絶対NGな捨て方

ビックリマーク

ドライアイスの捨て方で絶対にやってはいけないことがあるので確認しておきましょう。

お湯をかけて溶かすことは絶対にNG

ドライアイスを早く処理したい捨て方は水の中にいれるというお話をしましたが、水よりもお湯をかけたほうが早く溶けるのでもっと早く処理できる捨て方なのでは?と考えてしまうかも知れませんが、ドライアイスにお湯をかけることは大変危険です。

水とお湯では温度が違います。お湯を100℃と考えるとドライアイスはマイナス78℃なので温度差は約180℃となります。

ドライアイスは気化する時に体積が750倍になるという話をしましたよね?

ドライアイスにお湯をかけてしまうと急激な温度変化によって一気に気化してしまい大量の二酸化炭素を発生させるので、熱湯やドライアイスが飛び散ってしまう恐れがあり大変危険です。絶対にやめてください。

シンクの素材に注意

ドライアイスの捨て方で簡単に処理できると考えてキッチンのシンクにドライアイスを入れてしまった場合、排水溝に入れる時にシンクの素材によってはシンクが破裂してしまう恐れがあります。

少量でしたら影響はないと言われていますが、急激な温度変化があるためステンレスが傷んでしまい亀裂ができる原因となってしまう恐れがあります。

排水溝に使われている素材も塩化ビニルというプラスチックが多く使われていますが、この部分も超低温によってひび割れてしまうことがあります。

このことからシンクでドライアイスを処理する捨て方は絶対にやめておきましょう。

《 ポイント 》

  • ドライアイスはマイナス78℃という超低温なので、お湯をかけてしまうと急激な温度変化によってドライアイスや熱湯が飛び散ってしまう恐れがあります。
  • シンクの素材であるステンレスや排水溝で使われている素材の塩化ビニルも急激な温度変化によって破損してしまう恐れがあるので、そのような場所でドライアイスを処理する捨て方は絶対にやめましょう。

ドライアイスの活用法3選

ドライアイス

ドライアイスの捨て方で溶かしてしまえば安全に処理することができますが、ドライアイスは上手に利用することで楽しく活用することができます。

しゅわしゅわ食感フルーツ

ドライアイスの捨て方で楽しく処理するのでしたら、クーラーボックスなどにフルーツと一緒にドライアイスを入れておくと、フルーツが二酸化炭素を吸収してしゅわしゅわの炭酸のような食感のフルーツにすることができます。

アウトドアでBBQをするときでしたら冷たく冷えて食感も楽しいフルーツを楽しむことができます。

シャーベットを作る

好きなジュースをコップに注いで、その中にドライアイスを入れて練ればシャーベットを作ることができます。冷凍庫でシャーベットを作ろうとしても時間がかかってしまいますが、ドライアイスを入れると早くシャーベットを作ることができます。

ウイスキーシャーベット

子供を楽しませる以外でも大人が楽しめるドライアイスの活用法としてウイスキーシャーベットがあります。作り方はドライアイスをビールジョッキに入れてそこにウイスキーを注ぐだけ。

これだけでキンキンに冷えてジョッキから冷気があふれるおしゃれなお酒を楽しむことができます。

《 ポイント 》

  • ドライアイスは食用に作られてはいないので、他の食材を冷やしていた場合には雑菌が付いてしまっている可能性があります。
  • ドライアイスは超低温のため菌が死滅していると考えられます。
  • 魚を冷やしていたドライアイスは避けできる限り清潔なものを使って楽しみましょう。

最後に

ドライアイスとボウル

今回はドライアイスの捨て方で知っておくべき危険性や安全に捨てる時の注意点を詳しく紹介しました。

ドライアイスの捨て方で注意することは、正しく処理をしなければ危険になる可能性があることです。そのことをしっかり理解した上で、上手に利用すればドライアイスを楽しく活用することもできます。

ドライアイスの捨て方は、取り扱いに注意して、二酸化炭素が発生するものなので酸欠に注意して換気することを忘れないでください。

ドライアイスとスプーン

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる