冷蔵庫を壊してしまう『絶対NGな使い方』5選

冷蔵庫のNGな使い方とは

1つ前に使っていた冷蔵庫が、予想外に早く壊れてしまったという方は、もしかすると冷蔵庫の使い方に問題があった可能性があります。そのまま間違った使い方を続けていると、現在の冷蔵庫の寿命を縮めてしまう恐れも…。今回は、冷蔵庫を壊してしまう絶対NGな使い方を解説します。

冷蔵庫の寿命は意外と短い?目安は約9年

意外と短い冷蔵庫の寿命

多くのご家庭に必ずと言っても過言ではないほど、生活必需品となっている冷蔵庫は、一般的に約9~10年ほどで寿命を迎えることが多いです。メーカーでは、商品の部品を約9年間保存しておく義務があるため、この9年が1つの目安となるでしょう。

しかし、国税庁のホームページには、電気冷蔵庫の耐用年数が約6年と記載されています。たしかに、10年を迎える数年前から「冷え方が弱くなってきた」「たまに異音が聞こえる」といった異常が現われるご家庭も多いです。

したがって、冷蔵庫の不調が現れ始めるのは約6年、買い換える必要があるのは約9年と考えた方が良さそうです。

冷蔵庫を壊してしまう絶対NGな使い方とは?

冷蔵庫に不具合が生じ始める約6年を迎えずに壊れてしまった場合は、持ち主の使い方に問題がある可能性があります。ここでは、寿命を迎える前に冷蔵庫を壊してしまうNGな使い方をいくつか紹介していきます。皆さんは当てはまっていませんか。

1.規定容量以上の食品を詰め込む

詰め込みすぎはNG

冷蔵庫に無理矢理多くの食品を詰め込んでいませんか。庫内に規定容量以上の食品を詰め込んでしまうと、それらの食品を冷やそうと、冷蔵庫のコンプレッサーに必要以上の負荷がかかってしまいます。

コンプレッサーに負荷がかかると、その分、冷蔵庫本体にも負荷がかかり、寿命が縮まる原因となります。冷蔵庫内はできるだけ余裕を持って食品を入れるように意識してください。家族の人数が増えたり成長したりしたことで、冷蔵庫が小さいと感じる場合は、買い換えを検討しましょう。

2.ドアを乱暴に開け閉めしている

冷蔵庫を開け閉めする時、「バン!」と大きな音が立つくらい強く開け閉めをしていませんか。ドアを乱暴に開け閉めしてしまうと、冷蔵庫に衝撃を与えてしまい、冷蔵庫が壊れる原因となります。

また、冷蔵庫のドアが取り付けられている部分が弱まってしまい、徐々にドアが開け閉めしにくくなったり、しっかり閉まらないといった不具合を引き起こしたりします。冷蔵庫のドアを開け閉めする際は、できるだけ優しく丁寧に行いましょう。

3.ドアを必要以上に開け閉めしている

必要以上の開け閉めはNG

ドアを不必要に開け閉めしてはいませんか。特に子どもがいるご家庭では、子どもが意味もなく開け閉めしてしまうことがありますよね。しかし、この行為も冷蔵庫に負荷をかける行為なので、寿命が縮まる原因となります。

冷蔵庫はドアを開けることで、冷気が外に逃げ出してしまい、冷気が逃げ出した庫内をより冷やそうとコンプレッサーが必要以上に稼働する仕組みです。つまり、コンプレッサー部分に負荷をかけ、壊れる原因を作ってしまっているのです。

4.冷蔵庫周りに電化製品を置いている

冷蔵庫は、庫内を冷やすために、周囲へ熱を放出しています。しかし、冷蔵庫の周りに電化製品などを置いていると、上手く熱を放出することができず、庫内がなかなか冷えない原因となります。

庫内が冷えなければ、ここまでお話ししたように、より庫内を冷やそうと冷蔵庫が稼働します。すると、必要以上の負担がかかってしまい、早く寿命が訪れてしまうのです。

冷蔵庫周りに電子レンジなどの家電製品を置いているご家庭は、他の電化製品の配置場所をもう一度検討してみてください。

5.温かい料理を熱いまま冷蔵庫に入れる

作ったばかりの温かい料理を熱いまま冷蔵庫に入れて保存する人がいますが、熱いまま冷蔵庫に入れてしまうと、冷蔵庫内に熱気が入り込んでしまい、他の食品を傷めてしまったり、庫内が冷えなくなってしまったりします。

庫内が冷えなくなってしまうと、冷蔵庫が必要以上に稼働し始めるため、電力を消耗し、壊れる原因となります。料理は常温程度まで冷ましてから冷蔵庫に入れるようにしましょう。

定期的に庫内を掃除することも大切!

冷蔵庫は清潔にするべき

また、冷蔵庫をできるだけ長持ちさせるためには、定期的に庫内を掃除することも大切です。下記の手順を3ヶ月に1度行い、冷蔵庫内をきれいに保ちましょう。

  1. 食品をすべて使い切る、または外に出して電源を切る
  2. 庫内を除菌用アルコールスプレーなどで水拭きする
  3. 別のふきんなどで乾拭きする
  4. 製氷機のフィルター部分などに霜が付いていないか確認

冷蔵庫内が清潔であれば、食品が衛生的に保たれますし、汚れによる負荷が不具合が冷蔵庫にかかりにくくなります。

もしも冷蔵庫が壊れてしまったら…買い換え?修理?

買い替えすべき?

もしも冷蔵庫が壊れてしまった場合、修理に出すか、または買い換えるか迷ってしまいますよね。その場合は、購入してからどのくらい経過しているかを目安にすると良いでしょう。

最初にお話ししたとおり、冷蔵庫の部品は約9年間、メーカーで保存されています。そのため、8年以内であれば、一度メーカー側に相談し、修理費用を見積もってもらった上で修理してもらいましょう。

しかし、9年を超えると、徐々に冷蔵庫の部品の在庫が少なくなってきます。すると、修理費用も高額になったり、中には修理が難しい商品も出てきます。

この場合は、すぐに最新の冷蔵庫に買い替えてください。最新の冷蔵庫であれば、省エネ機能も性能が上がっているため、電気代も抑えられますよ。

冷蔵庫は正しく使ってできるだけ長持ちさせよう!

冷蔵庫は正しく使おう

今回は冷蔵庫を壊してしまうNG行為を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。冷蔵庫は正しく使い、定期的にお手入れをすることで、約10年ほど長持ちさせることも可能です。しかし、9年前後で不具合が生じた場合は、買い換えを検討しましょう。

冷蔵庫のNGな使い方とは

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる