ズボンの干し方!室内でも早く乾かすコツ

洗濯物を干すとき、大きく乾きにくいのでズボンの干し方に困ったことはありませんか?ウエスト周りやポケット部分などは生地が重なっているので、乾くのに時間がかかりますよね。乾かすのに大変なズボンも、正しい干し方を知れば、早く乾かすことができます。ズボンの干し方と、室内でも早く乾かすコツをご紹介します。

ズボンの干し方の基本

裏返しで干されているズボン

裏返しにして干す

ポケット部分など生地が重なる裏面に、直接日光や風を当てることで、乾きが早くなるので裏返しにして干しましょう。外干しの場合も、この方法であれば日に焼けて色落ちすることも防げます。

ただし、自宅でも洗えるスーツのズボンなどは、裏返しで干すと折り目が無くなってしまうので、センタープレスのあるズボンは裏返さずに干した方が良いです。

ズボンを筒状にして干す

ズボンは筒状になっているので、内側まで風が通るように筒状に開いて干すと、より早く乾きます。筒状に干すためには、洗濯バサミが並んでついているピンチハンガーを使うと簡単に干せます。

ズボン専用のピンチハンガーはちょうど四隅に止められるようクリップがついていているので、キレイに筒状に干すことができます。小物を干す小さめのピンチハンガーでも代用できます。

逆さに吊るしてして干す

ズボンを逆さにして裾の部分を止めて干す方法も効率よく早く乾きます。両足を広げて吊るすので、風の通りがよくなります。また、腰回りは生地が多く集まって重みがあるので、逆さに吊るすことで、生地が伸びてシワを伸ばしながら乾かせます。

シワになりやすいチノパンなどを干すときにはこの干し方がおすすめです。折り目のあるスーツのズボンなどは折り目が消えないように、裏返しにはせず逆さに吊るしましょう。

ネットに入れて洗い、洗濯後はすぐに干す

洗う時も裏側にしてボタンやファスナーなどをしめ、キレイにたたんでネットに入れます。そして、洗濯後はすぐに洗濯機から取り出し干すことがとても大事です。シワがついたりや折り目が取れにくくならないよう干すことで、キレイに早く乾かせます。

ズボンを室内で早く乾かす干し方

部屋干し

扇風機を使う

部屋干しをするときは、扇風機で風を当てて湿気を飛ばすと早く乾きます。生乾きの嫌なにおいも防げますし、浴室衣類乾燥機などと比べて電気代もかかりません。注意する点は、部屋の隅や窓際、壁に近いところに干すと湿気がこもりやすいので、部屋の中央など風通しの良い場所に干しましょう。

浴室や洗面所で干す

部屋干しではにおいが気になるという場合は、換気設備がつている洗面所や浴室に干すのも良いでしょう。浴室で換気扇をつけて、さらに扇風機を併用すれば、湿気を逃がすことができ早く乾きます。浴槽に残り湯があるときは、湿気をもらさないために必ず浴槽のふたをしましょう。

ズボンを干す際に役立つグッズ4選

①エヌケー 洗濯ハンガー ジーンズ&小物干し

 エヌケー 洗濯ハンガー ジーンズ&小物干し 日本製

価格(Amazon):427円(税込み)

ズボンのウエスト部分を広げて干すことができるので、早く乾かせます。重たい男性用のジーンズでも外れたり、落ちたり、ピンチが取れることなくしっかりと干せます。45度ごとに固定される回転式グリップなので、ズボン以外の物に使用する時、干すものに応じて角度を変えることができるのも便利です。

②サワフジ 折りたたみ式 ジーンズハンガー

サワフジ 折りたたみ式 ジーンズハンガー 2本組 カラフル

価格(Amazon):905円(税込み)

コンパクトにズボンを広げて乾かせるハンガーです。ズボン以外にも、型崩れをしたくないセーターやジャケットなどのハンガーとしても重宝します。折りたたんで収納できるので、使わない時も邪魔になりません。

③ハンガー スラックス・スカート用 F-FIT 連結式

ハンガー スラックス・スカート用 F-FIT 連結式

価格(Amazon):1,089円(税込み)

スーツのズボンやスラックスなど、折り目をとらずシワを作りたくないズボンに最適なボトムクリッパーです。滑り止めがついているため、濡れて重くなっているズボンでもしっかりと挟めます。2本セットなので、それぞれの裾から下げて使えば、シワをつけず早く乾かせます。

④レック らくらく速乾ズボンハンガー 伸縮タイプ

レック らくらく 速乾 ズボンハンガー 伸縮タイプ

価格(Amazon):498円(税込み)

ズボンの裾部分を持ち上げて、W型で干せるので低竿のマンションのベランダでも、裾が地面につくことなく、広げて干せるので早く乾きます。スライドアームの伸縮で、大きいサイズのズボンでもしっかりと干すことができるのも便利です。

まとめ

おしゃれなズボン

ズボンの中でも、ジーンズやチノパンやスラックスなど、種類によって干し方を変えると、キレイに早く乾くのですね。ウエスト周りは生地が厚いので、乾くのに時間がかかってしまいますが、正しい干し方でズボンを干せば、早くしっかりと乾かせます。また、乾いた後のアイロンがけの手間が省ければ、主婦にとっては嬉しいことです。ぜひ、参考にしてみて下さい!