ジェラートピケの失敗しない洗濯方法!洗う頻度や干し方、ふわふわ復活の裏ワザまで

ジェラートピケの洗濯に失敗してしまわないための、洗濯する正しい手順・洗濯する頻度・干し方・ふわふわを復活させる方法などご紹介します。ふわふわで優しい肌触りと着心地の良さが人気のジェラートピケ。パステルカラーが魅力のルームウェアですよね。自宅でもオシャレを楽しみたい!という女性から大人気です。そんなジェラートピケですが、洗濯する際には、ふわふわを失ってしまわないように注意したいですよね。

ジェラートピケの失敗しない洗濯方法

手洗いしている赤い衣服

用意するもの

  • おしゃれ着用の洗濯洗剤(中性洗剤)
  • 容器(バケツや洗面器など)
  • ぬるま湯

洗濯方法

ジェラートピケは「手洗い」が断然おすすめです。とてもデリケートな生地なので、洗濯ネットに入れて洗濯したとしても、洗濯機で洗濯することはおすすめしません。ふわふわを失ってしまったり、ゴワゴワの原因になってしまったりしてしまいます。ふわふわをキープしたいのであれば、手洗いをしましょう。

手順

  1. 容器に30℃くらいのぬるま湯を用意し、おしゃれ着の洗濯洗剤を入れます。洗剤の量は水量に合わせて適量を入れてください。
  2. ジェラートピケの衣類を裏返しにして、かるくたたみます。
  3. かるくたたんだジェラートピケの衣類を、ぬるま湯と洗濯洗剤を入れた容器に入れます。
  4. 汚れやニオイなどがあまり気にならない場合には、優しく押し洗いをします。
  5. 汚れやニオイなどが気になる場合には、優しくもみ洗いをします。
  6. 容器のぬるま湯をキレイなものに入れ替えながら、数回すすぎ洗いをします。すすぎ洗いをするときも優しく押し洗いをします。
  7. 最後に脱水をします。

脱水は、手で押し洗いをしたときと同じように、水分を押し出すようにします。もしくは、洗濯機の脱水機能を使用します。洗濯機の脱水機能を使用する場合には、ジェラートピケの衣類をかるくたたんだ状態で洗濯ネットに入れ、選択が可能であれば「弱」を選択し、1分程度で終えます。

ジェラートピケを洗濯する頻度はどれくらい?

ボトルに入った紫色の液体

ルームウェアやパジャマとして着用する方が多いジェラートピケを洗濯する頻度も気になりますよね。ルームウェアとし着用する場合には、目だった汚れや気になるニオイがないのであれば、週に2回から3回程度の洗濯で良いと思います。「2回着用したら洗濯する」など決めておくと良いのではないでしょうか。

パジャマとして着用する場合には、1週間に一回程度の洗濯で良いと思います。汚れやニオイが全く気にならない場合でも、汗や皮脂が付着しています。カビやダニが繁殖や増加してしまう原因になりますので注意しましょう。

ジェラートピケの干し方

シルバーのクリップ、干してある白いタオル

干す前にしっかりと形を整えておきましょう。ジェラートピケの衣類は、平干しをするのがおすすめです。平ら場所に広げて干す方法です。ハンガー等にかけて干してしまうと、跡がついてしまうことがあります。室内で干す、または陰干しをしましょう。日干しをしてしまうと、変色・日焼け・黄変・劣化などの原因になりますのでやめましょう。

平干しネットを使用して干す

平干しネットという便利なアイテムがあります。ホームセンターでは1,000円前後で購入することができます。もっと安価で使用したいのであれば、100円ショップでも販売されています。吊るして使用するタイプと置いて使用するタイプがありますので、お好みでお選びください。

ジェラートピケのふわふわを復活させる方法

白いボアフリースの生地のアップ

ブラッシングする

ジェラートピケは着用や洗濯を繰り返しているうちに、ふわふわが失われてしまい、ゴワゴワしてしまうことがあります。生地をよく見てみると、毛が絡まったり、毛がかたまってしまったりしているように見えます。

毛の絡まりやかたまりがある部分をブラッシングしてあげることで、ふわふわを復活させることができます。衣類用のブラシがありますので、ひとつ持っておくと便利です。

ジェラートピケのふわふわを復活させたいときの私のおすすめは、豚毛を使用した衣類用のブラシです。ちなみに、私は洗濯をする度にブラッシングをして整えています。

まとめ

パジャマを着た二人の女性、ピンクの背景

ジェラートピケの洗濯は手洗いが基本です。洗濯機では、洗濯ネットに入れてドライコースなどを選択した場合も、傷みやすく、ふわふわが失われやすいです。ジェラートピケのふわふわを失ってしまったら、もう、ジェラートピケ独特の肌触りと着心地の良さを感じられなくなってしまいますよね。正しい洗濯方法と干し方をしているのに、ふわふわがなくなってしまったときは、ぜひブラッシングをしてあげてくださいね。