カーボンヒーターの電気代をさらに安くするコツ!他の暖房器具と比較して考えよう!

カーボンヒーターの電気代は意外に安いのをご存知ですか?それはカーボンヒーターの消費電力が少ないからです。カーボンヒーターは300Wあれば十分暖かくなりますので1時間約8円ちょっとの電気代ですみます。今回はカーボンヒーターの電気代を他の電気器具と比較しながらご紹介したいと思います。また、ハロゲンヒーターの電気代の節約のコツなども参考にしてくださいね。

カーボンヒーターと他の暖房器具の電気代比較

カーボンヒーター

カーボンヒーターの電気代は短時間の使用であれば他の電気ストーブと比較して約半額近く安くなりますが、長時間使用すると割高になります。短時間の使用が安くなる理由は、カーボンヒーターの性能が良く消費電力が少なくてすむからです。

カーボンヒーターは他の電気ストーブの約半分の消費電力で同じ温度になります。例えば、カーボンヒーターの仲間にハロゲンヒーターというものがありますが、ハロゲンヒーターが600W使って出した熱と、カーボンヒーターが300W使って出した熱は同じ温度になります。つまり、消費電力が約半分ですむので電気代も半額になるわけです。

カーボンヒーターを1時間使用した場合の電気代をワット数別に出してみました。

ワット数:1時間あたりの電気代

  • 300W:8.1円
  • 400W:10.8
  • 500W:13.5円
  • 600W:16.2円
  • 700W:18.9円
  • 800W:21.6円
  • 900W:24.3円
  • 1000W:27円

注)1kwhは27円で計算しています。

カーボンヒーターの使用状況と電気代

カーボンヒーター

短時間の使用の場合

キッチンなどで足元に置いて使用する場合、足元や下半身を暖めるには消費電力は300Wあれば十分です。キッチンでの使用が一日2時間あったとして、1日の電気代は16.2円、1ヶ月で486円ですので割安ですね。

長時間使用の場合

犬や猫などのペットのために、一日10時間使用していた場合、300Wで1日の電気代は81円、1ヶ月で2,430円となり割高になります。

エアコンの場合は1ヶ月約2,000円前後、こたつの場合は1ヶ月約1,400円前後に抑えることができますので、カーボンヒーターを長時間使用すると他の暖房器具より高くなることがお分かりになると思います。

カーボンヒーターに限らず、電気ストーブ・ヒーターは長時間の使用は割高になります。電気代を節約するために、他の暖房器具の電気代はどのくらいか知っておいた方がいいと思います。
他の暖房器具の電気代をカーボンヒーターと比較してみました。

カーボンヒーター

1時間あたりの電気代の比較※1

  • カーボンヒーター:13.5円
  • ハロゲンヒーター:27円
  • セラミックファンヒーター:27円
  • エアコン:6.48円 ※2
  • こたつ:4.6円
  • ホットカーペット:8.5円
  • 電気毛布:1.3円
  • ブランケット:1.4
  • オイルヒーター:35円 ※3

※1)カーボンヒーターの消費電力500Wを基準にして算出
※2)エアコンの場合は、設定温度になるまでは電力を多く使いますが、設定温度になるとその温度を維持するだけですので、電力をあまり消費せずに稼動します。暖まるまでの時間がさまざまですので、エアコンの電気代を消費電力から正しく計算することは難しくなります。
今回はダイキンのルームエアコンの数値を参考に、1時間あたりの平均消費電力の目安を240Wとして算出しました。
※3)オイルヒーターはDBKハイブリッドオイルヒーター(ドイツ製)参考

カーボンヒーターの特徴

カーボンヒーター

出典:amazon.co.jp
山善(YAMAZEN)
[山善] 遠赤外線カーボンヒーター(900W/450W 2段階切替) 自動首振り機能付 ホワイト DC-S097(W) [メーカー保証1年]
¥ 6,080(税込)
Amazonで見る

遠赤外線を使用している電気ストーブ

カーボンヒーターは「電気ストーブ」の一種です。遠赤外線を使用していますので「遠赤外線ヒーター」の分類になります。電気をエネルギーとして動いていますので給油や換気などは不要で安全な暖房器具です。

発熱体は「カーボン(炭素化合物)」

カーボンヒーターは炭素繊維に電気を流して暖めていますので、熱効率が非常に高くなっています。

熱効率が2倍

カーボンヒーターの炭素繊維の赤外線放射量はハロゲンヒーターの約2倍ですので、同じ温度にするまでに、カーボンヒーターはハロゲンヒーターの半分の消費電力ですみますので、費用対効果が高い暖房器具です。

電気代が安く利用できる

カーボンヒーターは消費電力が300Wあれば十分暖かくなりますので割安です。ハロゲンヒーターで同じ温度にするには、2倍の消費電力・600Wがかかります。つまりカーボンヒーターはハロゲンヒーターの約1/2の電気代ですみます。

暖める範囲はピンポイント

カーボンヒーターは広い空間での暖房能力は低く、部屋全体ではなくスポットを暖めるのに向いています。遠赤外線は足元から体の芯を暖めることができますので冷え性の方におすすめします。

暖まるスピードが速い

カーボンヒーターはスイッチをONにするとすぐ暖かくなります。すぐ暖まるのは遠赤外線ヒーターの特徴です。

カーボンヒーターとハロゲンヒーターの違い

電気ストーブ

ハロゲンヒーターはカーボンヒーターと同じ「電気ストーブ」の一種で、「遠赤外線ヒーター」の分類になります。カーボンヒーターとハロゲンヒーターの大きな違いは「発熱体」と「消費電力」です。カーボンヒーターの発熱体は「炭素化合物」で、ハロゲンヒーターの発熱体は「ハロゲンランプ」です。

「ハロゲンランプ」より「炭素化合物」の方が遠赤外線放出量が2倍ありますので、カーボンヒーターはハロゲンヒーターの2倍暖かくなります。

カーボンヒーターとハロゲンヒーターの違い
カーボンヒーターの発熱体は「炭素」です。(炭素繊維化合物)
ハロゲンヒーターの発熱体は「ハロゲンランプ」
カーボンヒーターはハロゲンヒーターより効率よく暖かくなる
カーボンヒーターはハロゲンヒーターの1/2の消費電力で同じ温度になる
カーボンヒーターはハロゲンヒーターより電気代が安い
カーボンヒーターの赤外線放出量はハロゲンヒーターの約2倍
カーボンヒーターはハロゲンヒーターに比べて本体の価格が若干高い
カーボンヒーターとハロゲンヒーターの同じ部分
カーボンヒーターはハロゲンヒーターと同じにポイント暖房に向いている
カーボンヒーターとハロゲンヒーターは「遠赤外線ヒーター」

カーボンヒーターの賢い使い方

電卓を持って笑顔の女性

カーボンヒーターは長時間使用すると電気代が割高になってしまいますので、他の電気器具と組み合わせることで電気代を抑えることができます。どの電気器具と組み合わせるかを考えるために、電気器具ごとに1ヶ月の電気代を出してみました。

1日8時間使用した場合の電気代
カーボンヒーター:5,832円
エアコン:目安1,555円~3840円程度
こたつ:1,104円
ホットカーペット:2,040円
電気毛布:312円
ブランケット:336円
セラミックファンヒーター:6,480円

カーボンヒーターとエアコンを組み合わせ

エアコンで室内が暖まるまでカーボンヒーターをつけておく場合の電気代

1.カーボンヒーター 300W1時間:243円
2.エアコン8時間:目安1,555円~3840円
合計:1,798円~4,083円

※エアコンをつけっぱなしにするか、こまめに切るかで電気代は大きく変わります。エアコンをつけっぱなしの方が電気代は安くなります。

カーボンヒーターとこたつの組み合わせ

こたつが暖まるまでカーボンヒーターをつけておく場合の電気代

1.カーボンヒーター 300W1時間:243円
2.こたつ強8時間:1,104円
合計:1,347円

まとめ

カーボンヒーター

カーボンヒーターの電気代についてご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか?カーボンヒーターの電気代は他の暖房器具と組み合わせることで大きく節約できますね。その組み合わせを平日と休日で変えることでさらに節約できるかもしれませんね。

私は電気代の節約のために、長時間外出する時以外はエアコンをつけっぱなしにしていますので、1時間以上カーボンヒーターを使うことがないのでカーボンヒーターの電気代は節約できています。こまめにエアコンを切ったりつけたり、部屋が暖まるまでカーボンヒーターをつけたり…そのころに比べるとかなり電気代が節約できています。ご自分の生活にあった暖房器具の組合せで電気代を節約しながら上手に使ってくださいね。

カーボンヒーター