洗濯ネットに入れるものまとめ!正しい使い方や効果から選び方まで

洗濯のとき、みなさんが洗濯ネットに入れるものって、どんなものですか?洗濯表示にネット使用と表示されているもの、傷みやすいもの、大切な衣類などでしょうか。女性なら下着は必ず洗濯ネットに入れて洗濯している、という方も多いかもしれません。洗濯のとき、洗濯ネットに入れるもの、洗濯ネットに入れて洗濯するべきものについてご紹介します。また、洗濯ネットを使用することでの効果や、洗濯すること以外での使い方についてもお話したいと思います。

洗濯ネットに入れるもの

キャミソールや下着、レースのついたもの

ハンガーにかけられたキャミソール

キャミソールやブラジャーなど、レースがついているものも多いですよね。レースのついている下着をそのまま洗濯機に入れて洗濯すると確実に傷みます。

1回や2回ではあまり傷みを感じないかもしれませんが、洗濯するうちにレースが破れて穴が広がってしまったり、千切れてしまったりしてしまうことがあります。

また、キャミソールやブラジャーのヒモは伸びてしまうと着ることができなくなってしまいますよね。そういったことも洗濯ネットに入れて洗濯することで防ぐことができます。

ニットやセーター

古着のセーター

ニットやセーターなどは、洗濯することで型崩れして毛玉ができてしまいやすい素材です。そのまま洗濯機に入れて洗濯してしまったら、たった一度の洗濯でも型崩れしてしまうでしょう。ニットやセーターを洗濯するときは必ず洗濯ネットに入れ、おしゃれ着用の洗濯洗剤を使用します。

コースを選択することができる場合には、ドライコースやおしゃれ着コースなどを洗濯し、優しく洗います。また、洗濯ネットに入れるときは脱いだままのニットやセーターをそのまま投げ入れるのではなく、かるくたたんでから入れるとより良いです。

ストッキングやタイツ

冬の快適な室内

ストッキングやタイツは他の洗濯物と一緒に洗濯すると絡みやすいです。また、洗濯のときに伝線してしまったら履くことができなくなってしまいますよね。

ストッキングやタイツは、洗濯機で洗濯するときはもちろんなのですが、手洗いをするときも洗濯ネットに入れて洗濯するのがおすすめです。手洗いのときも洗濯ネットに入れて洗濯すれば、爪を引っかけて伝線してしまうことも防げます。

洗濯ネットを使用する効果

洗濯ネットに入った洗濯物

洗濯ネットに入れて洗濯することで、どのような効果があるのでしょうか。

  • 型崩れを防ぐことができる
  • 毛玉を防ぐことができる
  • 生地や素材が傷みにくくなる
  • 他の洗濯物と絡まない
  • シワを防ぐことができる
  • 時短になる

傷みやすい素材を洗濯するとき、洗濯機で洗濯しても良いけど、少しでも傷みにくくするために手洗いをしているという方も多いのではないでしょうか。

服のタグに書かれている洗濯表示に洗濯機のマークがあれば洗濯機で洗濯してOKです。いちいち手洗いしていては面倒です。洗濯ネットに入れて洗濯することで時短にもなると思います。

洗濯ネットの選び方

グレーの洗濯ネット

洗濯したいものの生地や素材、大きさなどに合わせて洗濯ネットを選ぶと良いです。小さな洗濯物なのに大きな洗濯ネットに入れて洗うと、シワになりやすくなり、洗濯ネットに入れて洗濯したのに傷みやすくなってしまうことがあります。

洗濯ネットは100円ショップやホームセンターなどで安価で購入することができるもので構いません。高価なものでなければ意味がない、なんてことはありません。

下着を洗濯したいときは下着用の洗濯ネット、靴下を洗濯したいときは靴下用の洗濯ネットを使用すると良いです。女性ならブラジャー用の洗濯ネットもあります。

出典:amazon.co.jp
Miuphro
洗濯ネット ランドリーネット Miuphro 洗濯袋セット 6枚入 洗濯ボール付き ランドリー バッグ 型崩れ防止/絡み防ぎ/傷み防止 細かい網目 丈夫 旅行収納袋 家庭用 ブラジャー/下着/Tシャツ靴下小物 洗濯機用最適 終身交換承り
¥ 1,280(税込)
Amazonで見る
出典:amazon.co.jp
ダイヤコーポレーション
ダイヤコーポレーション 洗濯ネット AL ドーム型 ブラジャーネット ホワイト 直径18x高さ12cm やさしく洗える クッションメッシュ使用
¥ 956(税込)
Amazonで見る
出典:amazon.co.jp
ダイヤコーポレーション
靴下専用洗濯ネット
¥ 758(税込)
Amazonで見る

まとめ

洗濯ネット

  • キャミソールや下着、レースのついたもの
  • ニットやセーター
  • タイツやストッキング

この3つは自宅で手軽に洗濯できるものなのですが、必ず洗濯ネットに入れて洗濯することをおすすめします。洗濯ネットに入れて洗濯することでより傷みにくくなり、長く愛用することができます。

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる