寝室でやってはいけないNG行為10選!ヤバイ置物やテレビの設置が運を下げてるかも?

皆さんの寝室はどのようなレイアウトになっていますか。また、寝室でどのような行動をしていますか。今回は寝室でやってはいけないNG行為を風水の観点からご紹介します。これを参考に、寝室での行為を見直してみましょう。

風水的に『寝室』はエネルギーを蓄える重要な拠点

寝室

1日が終わると、体を回復するため、寝室へ足を向けますよね。平均的な睡眠時間が約6~7時間だとすると、単純計算で、人は人生の1/4、もしくは1/3を寝室で過ごしているということになります。それを踏まえて考えると、寝室は非常に重要な部屋ですよね。

風水においても同様です。寝室はエネルギーを蓄える場所として考えられているため、人間にとって非常に重要な場所です。寝室で眠ることで、新しいエネルギーを蓄え、次のステップへの活力を見出すのです。

風水的にNG!寝室でやってはいけないNG行為10選

新しいエネルギーを生み出し、蓄える重要な場所である『寝室』。しかし、ある行いをしていると、エネルギーを上手く生産・蓄えることができず、運気ダウンに繋がってしまいます。では、風水の観点から見た時、どのような行為が寝室においてNGなのでしょうか。

1.ぬいぐるみをたくさん置く

ベッドに置かれたぬいぐるみ

風水において、ぬいぐるみや人形は人の『生の気』を吸い取るとされています。そのため、エネルギーを蓄える寝室にぬいぐるみをたくさん置いていると、ぬいぐるみたちに新鮮なエネルギーを吸い取られてしまい、エネルギーを蓄えることができません。

その結果、溜まった疲れを取ることができず、疲労が蓄積してしまい、健康運や仕事運、恋愛運など、さまざまな運気に悪影響を及ぼすのです。

2.窓を開けたまま寝る

窓を開けたまま寝る

夜は『陰の気』と呼ばれる悪い気が漂っているため、悪い影響を受けやすい時間帯とされています。基本的に寝室は夜に使う部屋なので、その点に配慮して使わなければいけません。

夜、寝室で眠る際、窓を開けたまま寝てしまうと、陰の気が寝室に入り込んでしまうため、NGです。夏場など蒸し暑い日は、「窓を開けたまま寝よう」と思いがちですが、良いエネルギーが悪い気に邪魔されてしまい、疲れを十分にとることができません。

3.日中に窓を閉めっぱなし

閉めっぱなしの窓

夜には窓を閉めて眠るべきですが、日中であれば異なります。日中は日光が差し込み、良い気が漂っているため、積極的に寝室のカーテンや窓を開け、良い気を中に入れておくべきです。

日中に窓を閉めっぱなしにしていると、気が寝室内で停滞してしまい、さまざまな気が入り交じり、悪い気に変換されてしまいます。そのまま就寝してしまうと、良質な睡眠を取ることができず、エネルギーを蓄えることができなくなってしまいます。

日中は必ずカーテンと窓を開け、しっかり良い気を寝室へ入れ、良い気が充満している寝室で、夜は就寝するようにしましょう。

4.鏡をベッドの横に置く

寝室に置かれた鏡

古来より、鏡はとても神聖な物とされています。良い気も悪い気も運ぶ鏡は、運気を吸い取ったり、放出したりする力すらも持っていると言われているのです。日本に伝わる三種の神器の中にも鏡が含まれていますが、そのためです。

風水において非常に重要な意味を持つ鏡ですが、ベッドの横に置くことはNGとされています。ベッドの横に鏡を置いてしまうと、自分の寝姿がそのまま鏡に映ってしまいます。

先ほどもお話しした通り、鏡は気を吸い取る力を持っています。そのため、せっかく蓄えた生気を吸い取られてしまい、次の日の朝に活力を取り戻すことができなくなってしまうのです。

寝室に鏡がある場合は、寝姿が映らない場所に移動させるか、鏡に布を被せるなどし、自分の寝姿が映らないよう工夫しましょう。

5.ドライフラワーを置く

寝室に置かれたドライフラワー

生花はエネルギーを象徴するアイテムのため、風水においてはとても良いアイテムとされています。しかし、ドライフラワーや造花は、風水において『死んでいる花』『生きていない花』と考えられているため、NGです。

エネルギーを蓄えるための部屋である寝室にドライフラワーを飾ってしまうと、『死』のエネルギーによって阻害されてしまいます。アンティーク感や華やかさを出すには非常に良いインテリア雑貨ですが、寝室には飾らないようにしましょう。

6.布団をフローリングに直接敷く

フローリングに敷かれた布団

風水において、地面はエネルギーを得る場所とされています。それは、人間が直接足を着け、踏みしめることによってエネルギーをもらえると考えているからです。実は、現代のフローリングも地面と同じ扱いとなります。

「フローリングがエネルギーを得る場所と考えられているなら、布団を直接敷くことは良いことなのでは」と考えてしまいがちですが、あくまでエネルギーをもらえるのは『足裏』です。そのため、足裏以外の物を床に直接置く、あるいは敷くことはNGとされています。

しかし、畳は例外です。畳は布団と相性が良く、い草を使っていることから、上手にエネルギーを得ることができると考えられているからです。

7.枕を南側に向ける

南向きに置かれた枕

「北枕はダメ」と子どもの頃に教わったという方も多いでしょう。しかし、風水の観点から見ると、「南枕はダメ」なのです。

風水において、北は良い気が入ってくる方角とされています。反対に位置する南は、気を排出する場所と考えられているため、南に枕を配置してしまうと、自らの頭から良い気を放出してしまうことになります。

特に集中力やひらめき力などが出て行きやすいと言われているため、仕事運が下がりやすいです。仕事に悪い影響を出さないためにも、南枕は避けましょう。

8.寝る前にスマホを使う

ベッドでスマホを使う女性

ついやりがちな就寝時のNG行為です。眠る直前まで暇つぶしにスマホをいじってしまう人は多いですよね。しかし、スマホは電波を飛ばしている機器です。良い運気を乱し、睡眠を阻害してしまいます。

実際、医学的にも就寝時にブルーライトを浴びることで、良質な睡眠が摂れず、健康に悪影響を及ぼすと言われています。寝る直前のスマホは、風水的にも医学的にも良くないので、寝室でのスマホ使用は控えましょう。

9.掃除をしない

寝室を掃除するのも重要

皆さんは、どのくらいの頻度で寝室を掃除していますか。また、寝室は綺麗に片付いていますか。寝室がゴチャゴチャしていたり、掃除をせず埃が溜まっている状態の場合、悪い気が充満しています。

悪い気が充満していると、良いエネルギーも打ち消されてしまい、良質なエネルギーを取り入れることが難しくなってしまいます。

また、健康面でもさまざまな悪影響が出ます。埃が溜まっていると、ハウスダストによって喉を始め、体のさまざまな部位が体調不良を引き起こします。寝室は常に綺麗な状態に保つように心掛けておきましょう。

10.寝室を真っ暗にして眠る

真っ暗な寝室

良く熟睡できるようにと寝室を真っ暗の状態にして眠る人は多いです。しかし、暗闇は風水において悪い気を呼び寄せると言われているため、寝室を真っ暗の状態にして眠ることはNGです。

しかし、明かりを煌々と点けた状態で眠ることは、睡眠を妨げる原因にもなります。そのため、豆電球や足下にフットライトを取り付けるなどし、真っ暗の状態を回避する形で就寝するようにしましょう。

寝室でのNG行為をやめて明日への力をチャージしよう

寝室

寝室はエネルギーを蓄える重要な場所です。このような場所に悪い気が集まってたり、さまざまな気が入り乱れていたりすると、新しいエネルギーを十分に蓄えることが難しくなってしまいます。そのため、今回ご紹介したNG行為をやめ、エネルギーを上手にチャージすることを心掛けましょう。

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる