アクリルの洗濯方法!素材が伸びない洗い方や干し方

冬の寒い季節に大活躍してくれるアクリル。アクリル素材のニットやセーターや手袋などありますが、自宅で洗濯すると伸びてしまいやすいですよね。ふんわりとやわらかく、カビや害虫に強い素材なので、正しく洗濯することができれば何年も長く使い続けることができます。アクリルの型崩れや伸びてしまうことを防ぎながら自宅で洗濯する方法をご紹介します。

アクリルを洗濯機で洗濯する方法と手順

たたんで積み上げられた衣類

用意するもの

  • おしゃれ着用の洗濯洗剤
  • 柔軟剤
  • 洗濯ネット

洗濯方法と手順

  1. ニットやセーターや手袋などの裏返すことができるものは裏返しにします。内側には皮脂汚れも多いため、裏返すことで汚れが落ちやすくなります。
  2. 裏返した洗濯物をかるくたたみます。
  3. たたんだものを洗濯ネットの中に入れ、ファスナーをしっかり閉めてください。ファスナーの強度が弱いと、洗濯中に衣類が飛び出してしまうことがあります。
  4. 洗濯機に入れたら、手洗いコースやドライコースを選択します。洗剤はおしゃれ着用の洗濯洗剤を使用します。柔軟剤入りの洗濯洗剤を使用しても良いですし、別で柔軟剤を使用しても良いです。
  5. 脱水は短時間で済ませます。1分ほどで良いです。脱水の時間を設定することができない場合は、1分ほどでストップさせましょう。

アクリルを手洗いで洗濯する方法と手順

手洗い

用意するもの

  • バケツや洗面器などの容器
  • おしゃれ着用の洗濯洗剤
  • 柔軟剤
  • 水またはぬるま湯
  • ゴム手袋
  • バスタオル

洗濯方法と手順

  1. 容器に水またはぬるま湯を用意し、おしゃれ着用の洗濯洗剤を溶かし入れます。ぬるま湯を使用する場合は30℃くらいの温度がおすすめです。
  2. 裏返すことができるものは裏返しにし、おしゃれ着用の洗濯洗剤を溶かし入れた水またはぬるま湯の中に入れます。
  3. 優しく押し洗いを繰り返します。汚れやシミが気になる部分は優しくもみ洗いや擦り洗いをしても構いません。素材が傷んでしまわないように注意しながら行います。
  4. 容器の水またはぬるま湯をキレイなものに入れ替えながら、すすぎ洗いをします。このときも優しく押し洗いをします。柔軟剤を使用する場合は一度目のすすぎ洗いのときに入れると良いです。
  5. 脱水も優しく押し洗いをするようにします。かるく脱水をしたらバスタオルに包み、水分を吸い取るようにします。(洗濯機の脱水機能を使って1分ほど脱水しても良いと思います)

洗濯したアクリルの型崩れや伸びを防ぐ干し方

広げたピンクのセーター

私はアクリルを自宅で手洗いし、いろんな干し方を試しました。最も型崩れや伸びを防ぎながら乾かすことができた方法は「平干し」でした。平な場所に広げて置いて干すという方法です。最近では平干し用のハンガーなどが売られていますので、ひとつでも持っておくと便利です。

アクリルは風通しの良い場所で陰干しをします。日干しをしてしまったとき、素材を傷めてしまったことがあり、それ以来ずっと陰干しをするようにしています。陰干しだと乾くまでに時間がかかってしまうので、よく晴れたお天気の良い日に洗濯するのがおすすめです。

伸びてしまったアクリルを縮ませる裏ワザ

ランドリールーム

洗濯して伸びてしまったアクリルの衣類を縮ませる裏ワザがあります。これは私がよくやっている方法なのですが、決して正しい方法ではありません。応急処理のようなものです。衣類が傷んでしまっても仕方がない、という感じでやっている裏ワザです。

その方法とは「乾燥機で乾かす」です。自宅の乾燥機でも出来ますし、コインランドリーの乾燥機でも出来ます。伸びてしまったアクリルの衣類を乾燥機で乾かすだけです。セーターを洗濯したときに伸びてしまい、袖が伸びて長くなってしまいました。

そのときに乾燥機で乾かしたら、袖が元の長さに戻ったのです。伸びていないときに乾燥機で乾かすと、長袖だったセーターが七分丈のように縮んでしまったこともあります。

本当に正しい方法ではなく、私が応急処置としてやっている方法です。部屋着などの傷んでしまっても後悔しない衣類で試してみるのは良いと思います。

まとめ

赤いアクリルの服

アクリルは洗濯すると必ず伸びてしまいます。ちょっとだけ伸びてしまうこともありますし、着られなくなってしまうほど伸びてしまうこともあります。汚れてしまったときには、汚れてしまった部分のみを手洗いし、全体を濡らしてしまわないように洗濯すると型崩れや伸びを予防することができます。

赤いアクリルの服