冬服をクリーニングに出さないとどうなる?コートやジャケットへの悪影響3選

ハンガーにかかったコート

冬物のコートやジャケット類は、アウターとして着用するものなので汚れていないと思い込んでしまうのはNG!クリーニングに出さないままクローゼットに収納してしまうと、1年後にはシミや虫食いができてしまっているかもしてません。冬物をクリーニングに出さなければ起こる可能性のあるをチェックして、衣替えに取り掛かりましょう。

コートやジャケットをクリーニングに出さない理由

コートのお手入れ

コートやジャケットは、寒い冬を乗り切るために欠かせないお出かけアイテムです。アウターとして着用する機会が多いため、クリーニングは必須!クリーニングに出さない人には、以下のような心理が働いています。

  • 出しに行くのが面倒
  • クリーニング代がかかる
  • 汚れていないと思いこんでいる

クリーニングに冬物のアウターを出さないと、思いがけない事態を招いてしまう可能性があります。

冬服をクリーニングに出さなかったときの悪影響3選

白いコート

冬服をクリーニングに出さないと、以下のようなことが起こってしまいます。

1.シミや黄ばみが発生

アウターは肌に直接触れていないから汚れないと思い込むのは、絶対NG!

  • わずかな汗もシミになる
  • 皮脂を放置すると黄ばみになる
  • 汚れの放置は悪臭の原因につながる

アウターやジャケットの襟や脇は、皮脂や汗が付着しやすい部分です。手で触れた部分は皮脂や汗が微量であっても付着するため、黄ばみや悪臭の原因になります。

2.虫食い被害に遭いやすい

アウターの汚れを放置してしまうと、以下のトラブルを招きやすくなります。

  • 汚れには虫が湧きやすい
  • 長期間放置することで穴が大きくなりやすい

虫食いに合った洋服は、修繕が難しく、購入時と同じ状態に戻すのは至難の業といえます。お気に入りのジャケット類に虫食い穴を作らないためにも、クリーニングを行ってきれいな状態にしてクローゼットに収納しましょう。

3.カビが発生する

コートやジャケットにしみ込んだ汗などの湿気は、カビを呼びこむ大きな要因です。カビが衣類にできてしまうと、臭いも発生してしまうため最悪の場合破棄することになるかもしれません。

コートやジャケットをクリーニングに出すタイミング

クリーニング

ジャケットやコートなどの冬物衣類をクリーニングに出すタイミングは、以下の通りです。

  • 汚れたとき
  • 季節の変わり目
  • オフシーズンに入った段階

アウターであれば汚れる可能性は低いので、真冬の寒い時期しっかり着用できます。セーターなどの普段使いや外出時に着用して、頑固な汚れが付着してしまった場合は、できるだけ早くクリーニングに持参するのがおすすめ!

汚れの放置は、頑固汚れにつながります。真冬であっても、汚れが付着した場合はできるだけ早くクリーニングに出して染み抜きなどを行ってもらいましょう。

まとめ

冬物のアウターや衣類は、着用しなくなった時点でクリーニングに出しましょう。クリーニングで汚れを除去しないと、衣替えをしてクローゼットにしまい込んでいる間に衣類の形状が変わってしまっているかもしれません。

この記事のタイトルとURLをコピーする
ハンガーにかかったコート

カテゴリから記事を探す

すべてみる
カテゴリを見る