排水溝のつまりの原因と直し方!台所、浴室、洗面所の対処法!

排水溝のつまりほど厄介なものはないですよね。悪臭もするし、水はけも悪いし、早急にどうにかしなくてはなりません。けれど、すぐに業者を呼ぶことはありません。よほど深刻なつまりでなければ、自分の力で解決することができます。今回は、排水溝のつまりを直す方法をみなさんに紹介していきます。

台所の排水溝のつまりの直し方

排水溝の髪の毛

排水溝がつまる原因

台所の排水溝がつまるのは、端的に言って食べかすや油、洗剤のかすなどがパイプに蓄積してしまうからです。ゴミ受けをすり抜けてパイプに流れてしまったそれらのゴミが、パイプの途中に堆積していき、それがつまりの原因になってしまうのです。

これを放置していると、排水がうまくできなくなり、やがて悪臭がしてきます。非常に不衛生なので、すぐさま対処したほうがいいでしょう。

排水溝のつまりの直し方

まずは、目視できる範囲でパイプのゴミを取り除きます。ゴム手袋などをして直接手で行いましょう。もしかすると、目に見える部分のゴミを除去するだけで問題が解決するかもしれません。

しかしそれは幸運なケースです。多くの場合は、目の届かない奥深いパイプに厄介なゴミが蓄積しています。そうした場合は、パイプクリーナーなどの専用洗剤でゴミを溶かしてしまいましょう。

パイプクリーナーは排水溝のつまりとなっている原因に対処するだけでなく、これからつまりの原因になり得るゴミを溶かしてくれます。固形化した頑固な汚れのカタマリを“溶かす”溶剤なので、皮膚や目に付かないように注意してください。

パイプクリーナーの用法用量をよく守り、所定の手続きに従って洗剤を排水溝に流し込みましょう。あとは、しばらく放置すればOKです。だいぶ改善されているはずです。しかし、それでも状況が変わらないというのであれば、潔く水道業者に頼んだほうがいいでしょう。

つまり、最終手段です。これに関しては、諦めるしかありません。プロの専門業者に助けを借りてください。

排水溝のつまりの予防

排水溝がつまらないようにするには、定期的にパイプクリーナーを流し込んで、“つまり予備軍”のゴミやかすを溶かしておくことです。

しばしば勘違いされるのですが、パイプクリーナーは、排水溝のつまりが起こってから使用する洗剤ではなく、普段からつまりの原因となり得る汚れを除去するのがメインの仕事なのです。

また、基本中の基本ではありますが、食べかすや油かすなどのゴミが排水パイプに極力流れ込まないようにするのも対策のひとつです。目の細かい「ゴミ受け」皿を設置しつつ、残飯をフル活用しましょう。

食べ終わったあとのお皿は、残飯の上で洗うようにしましょう。すると、お皿に残った食べかすが洗い流されて、そのまま残飯に落ちてくれますよね。こうした工夫をコツコツ行えば、深刻なパイプつまりとはほぼ無縁の生活を送ることができるでしょう。ぜひ実践してみてくださいね。

浴室の排水溝のつまりの直し方

バスルームの排水溝

排水溝がつまる原因

風呂場の排水口は、髪の毛・シャンプー・ボディソープ・洗顔料・石鹸カス・人の垢・剥がれた皮膚・水垢などが流れ込み、やがて固形化します。それが排水口のつまりとなってしまうわけです。とくに髪の毛は厄介です。

髪の毛は丈夫で絡まりやすい構造をしており、排水口に詰まった髪の毛が、シャンプーや石鹸かすを“キャッチ”してしまうのです。すると、本来は下水まで流れるはずだったゴミたちが、余計な場所に堆積して固形化する羽目になります。まさに、悪循環としか言いようがありませんね。

準備する物

よほど深刻な状態でなければ、髪の毛の詰まった排水口は自分でも対処可能です。以下に、準備するものや手順について説明していきましょう。

マスク

排水口を掃除するときは、ほぼ間違いなく嫌な臭いがします。臭いを直接かぐと気分が悪くなったり掃除のモチベーションにも影響しますので、マスクの着用は必ずしておきましょう。

手袋

排水口は腐敗したゴミなどがこびりついていますので、かなりヌメヌメしています。とても不潔なので、マスクと一緒にゴム手袋も着用しておきましょう。

ゴミ袋

取り除いたゴミを捨てる袋は必須です。小回りの利く小~中くらいのサイズがよいですね。掃除が終わったあとは、臭いが漏れないようにしっかりと口を結びましょう。

新聞紙

臭いがゴミ袋から漏れないようにするために、あらかじめゴミを新聞紙に包むことをオススメします。掃除中は取り除いた髪の毛やゴミを広げた新聞紙の上に置き、掃除が終わったらそれを包んでゴミ袋に入れればOKです。臭い漏れのリスクがかなり軽減されますよ。

割り箸

排水口のフタに絡まった髪の毛や、パイプ入り口付近の髪の毛を絡めとるために、割り箸やそれに準ずるものを用意しておきましょう。手で取るよりも楽な場合があります。

手順

1.目に見える範囲の髪の毛やゴミを処理する

まずは手で処理できるところから着手しましょう。排水口のフタを取り、フタに絡まった髪の毛や、パイプの手前に詰まっている髪の毛やゴミを取り除きます。風呂場であれ、洗面所であれ、作業中は臭いがたちこめます。換気扇をしっかり回しておきましょう。

近くに窓があるなら、ついでに開けておきましょう。換気をしないと、掃除後に生臭い臭いがこもってしまいます。気を付けてくださいね。

2.洗剤をたっぷりつけてブラシでこする

排水口のフタや、パイプ入り口付近をブラシでこすりましょう。強くこすってもたいていは傷つく心配はありませんが、気になるなら力加減を調整して様子をみてください。ブラシでこする際は、洗剤を多めにつけておきましょう。

付着した汚れはヌメリ、水垢、カビなど様々です。汚れ方に応じて洗剤も変えると良いですね。このタイミングでクエン酸や重曹を使用してください。

ただし洗剤を変えるときは、他の洗剤と混ざって有害な気体が発生する場合がありますので、くれぐれも注意してください。洗剤を変える時は、一度洗い流してからにしましょう。

3.専用洗剤でパイプ中のゴミを処理する

目に見える範囲の髪の毛を取り除き終わったら、最後はパイプ中の見えないゴミを処理します。いよいよ専用洗剤の出番です。使用するパイプ洗剤の用法用量をよく確認して、所定の手続きに従って掃除しましょう。

排水溝のつまりの予防

排水口の髪の毛を頻繁に処理する

排水口のパイプまで流れてしまった髪の毛はどうすることもできませんが、排水口のフタに絡まった髪の毛や、フタのすぐ下のパイプ入り口付近の髪の毛は手軽に処理可能です。

なので、お風呂に入った時や洗面所に立つ際には、排水口のゴミを頻繁に処理するようにすると深刻な詰まりトラブルを回避できます。

パイプ専用洗剤を定期的に使用する

パイプの詰まりが深刻になる前から専用洗剤でパイプを掃除するのも大切です。あまりにひどい詰まりの場合は、業者に頼まざるを得ない場合があります。それでは費用負担が大きいので、そうなる前から手を打つのが得策だと言えますね。

洗面所の排水溝のつまりの直し方

洗面台の掃除

排水溝がつまる原因

洗面所の排水溝がつまる原因は、基本的にお風呂場のシチュエーションとそう変わりません。髪の毛、石鹸かす、洗顔料、口の中の食べかす、歯磨き粉などが排水パイプで詰まってしまうのです。

排水溝のつまりの直し方

目に見える範囲でゴミを取り除いた後、パイプクリーナーでゴミを溶かしましょう。手順や方法は、お風呂場のケースを参考にすれば問題ありません。

排水溝のつまりの予防

定期的に髪の毛を除去したりパイプクリーナーでメンテナンスするのがベターなやり方です。排水パイプに余計なゴミが流れ込まないように、ゴミ受けを設置するのもいいでしょう。

排水溝のつまりの修理を業者に依頼する

配管業者

どうしても自分だけでは解決しない排水溝のトラブルは、プロの専門業者に任せるしかありません。相場はどれくらいのものでしょうか? 業者の費用は、修理費用の他に出張費や見積もり料などがもろもろ加算されるので、相場はマチマチです。

しかし、排水パイプのつまりを解消するだけなら、5,000円~1万円程度を目安と考えればいいでしょう。ただし、極めて頑固な汚れを高圧洗浄機で除去するような大掛かりな作業を伴う場合は、1万円を超える料金が請求される可能性があります。その点に関しては、留意しておいてください。

最後に

洗剤をもった女性

さて、みなさんいかがでしょうか。排水溝のつまりは放置しておくと深刻なトラブルを引き起こしてしまいます。日頃からゴミを除去したり、定期的にパイプクリーナーを使用するのがもっともベターなメンテナンスです。ぜひ実践してみてくださいね。

浴室の排水口

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる