業務スーパーのスイーツは味よしコスパよし!家庭でこそ利用すべき

牛乳パックスイーツ3種類

業務スーパーの牛乳パックシリーズのスイーツは、テレビで話題にもなり、売り切れ続出の人気商品です。とにかくコスパの良さが最大の魅力で、シンプルな味わいのものが多くアレンジも豊富。一般家庭が買うべきおすすめ商品の1つです。

味よしコスパよしの牛乳パックのスイーツ

レアチーズ(業務スーパーの牛乳パックスイーツ)参照:youtube.com/watch?v=2vSaSXz5cAc

業務スーパーで売られている人気の牛乳パックシリーズのスイーツ。プリンやゼリー、水ようかんなどが、牛乳紙パックの容器に1㎏、約6、7人分の量がぎっしりと詰まっています。

種類によって異なりますが、200円~300円前後というコスパの良さに加え、アレンジもしやすいので大容量ですが飽きずに食べることができます。また、国内関連工場で製造されているため、安全安心なのも人気の一つです。

牛乳パックシリーズは10~20種類

牛乳パックスイーツ全種類

店舗によっては午前中で売り切れとなってしまうほど人気の牛乳パックシリーズのスイーツですが、時期や店舗によって、取扱いの種類は異なるようです。これまで販売されている牛乳パックシリーズのスイーツは約20種類くらいです。

  • 杏仁豆腐
  • 水ようかん
  • レアチーズ
  • カスタードプリン
  • マンゴープリン
  • 抹茶プリン
  • ほうじ茶ラテプリン
  • コーヒーゼリー
  • アセロラゼリー
  • オレンジゼリー
  • 白桃ゼリー
  • 巨峰ゼリー
  • 柚子のじゅれ
  • チョコババロア
  • バニラソフト&アイスミックス
  • チョコソフト&アイスミックス
  • シャーベットの素 りんご
  • シャーベットの素 パイン
  • シャーベットの素 ソーダ
  • シャーベットの素 グレープ

牛乳パックスイーツおすすめ3選

ガラスカップに入ったプリン

カスタードプリン(税別195円、100gあたり115kcal)

ふんわりとした甘味でクセのない、口当たりなめらかなプリンです。

カラメルソースを添えて

電子レンジで簡単にカラメルソースが作れます。

耐熱容器に砂糖大さじ2と水大さじ2を耐熱容器に入れて、600Wで2分温めます。色が薄かったら様子を見ながら10秒ずつさらに加熱します。

焦げ色がついてきたら、お湯大さじ1を足してスプーンでなめらかになるまで混ぜてください。最後のお湯大さじ1を足さないと固まってしまうので、忘れないようにして下さいね。

生クリームを加えてコクのあるプリンへ

生クリームとバニラエッセンスを加えれば、簡単に濃厚でコクのあるプリンにアレンジできます。おもてなしのデザートにもおすすめです。

用意する物

  • 牛乳パックカスタードプリン200g
  • 生クリーム50㏄
  • バニラエッセンスやラム酒など少々

作り方

カスタードプリンと生クリームを鍋に入れて、火にかけよく混ぜ合わせます。混ざったらお好みでバニラエッセンスやラム酒など数滴入れて、型に流しいれ冷やしてください。固まったらカラメルソースをかけて出来上がりです。

水ようかん(税別195円、100gあたり115kcal)

小豆の豊かな風味がしっかりと感じられ、程よい甘さの水ようかんは、そのまま食べてもとても美味しいと口コミでも人気です。実際に店舗での人気ランキングも上位の店舗が多いようです。パックから取り出すときは、ようかんと一緒にシロップも一緒に出てくるので気を付けてください。

温めればお汁粉に

適当な大きさにカットして電子レンジで温めれば簡単にお汁粉の出来上がりです。粒は入っていませんので、粒あんや白玉団子、栗などを入れれば豪華なお汁粉になります。

冷やしてアイスに

お好きな大きさにカットした水ようかんを、ラップで包み保存袋に入れて冷凍庫で冷やすと、小豆バーのようなアイスになります。食べきれない時にもおすすめな食べ方です。

巨峰ゼリー(税別195円、100gあたり70kcal)

ほどよく柔らかな食感で、国産巨峰の甘酸っぱい風味が広がるシンプルな巨峰ゼリーです。このゼリーも電子レンジで温めてから、好きな容器に入れ替えて食べるのがおすすめです。巨峰ゼリーの他にも、白桃ゼリーやアセロラゼリー、オレンジゼリーも同じようなアレンジで楽しめます。

アイスとフルーツを添えて

バニラアイスやカットフルーツを添えれば、さっぱりパフェの出来上がりです。

フルーツポンチ

フルーツと巨峰ゼリーを交互に容器に入れ、炭酸水を加えて混ぜればフルーツポンチが簡単にできます。

簡単アレンジで本格的スイーツが作れる

洋菓子

牛乳パックシリーズのスイーツは、そのまま食べても美味しいですが、アレンジすることで、簡単に本格的なスイーツが作れるのも魅力の1つです。紙パックの裏面にそれぞれのアレンジレシピが載っているので、参考にしてみてくださいね。

牛乳パックスイーツ3種類

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる