テレビが止まる原因とは?画面が固まってフリーズする時の対処法

テレビとリモコン

テレビの映像がフリーズしてしまうと、面白い番組を見ていたとしても、興醒めしてしまうこともあるはずです。もしも、定期的に画面が固まり不快に感じるならば、対処法があるのでやってみましょう。原因を知って対処法を実行してみて、それでも駄目だったのなら、修理や買い替えをおすすめします。チェック法も対処法も簡単なものなので、テレビのフリーズに困っているのなら試してみてください。

テレビが止まる原因

故障したテレビ

地デジに対応する液晶テレビのスペックはいろいろとあるので、それぞれの映像の美しさには違いがあります。しかし、普通ならばフリーズをすることはありません。何かしらの理由があり止まっているはずなので、こちらでは素人でも確認しやすい、いくつかの原因を紹介します。

ケーブルに不調がある

アンテナとテレビを繋ぐケーブルに不具合がある場合は、信号が上手く伝わらないため映りに影響があります。また、接続端子が壊れていても同じことが起こります。

アンテナレベルが低い

デジタル化したデータをテレビが受信することで、地デジを見られるようになっています。アンテナレベルが低いと、データの受け取りが上手くいかず、ブロックノイズがでてフリーズの原因になります。

B-CASカードの装着が上手くできていない

B-CASカードに関する文字が画面上に表示されているのなら、装着が上手くいっていない証拠です。B-CASカード自体の不調かもしれませんし、読み取る側の問題かもしれません。

DVDやハードディスクが原因

DVD再生や録画した番組の視聴に問題があるのなら、内部のハードディスクやDVDドライブが故障しています。使わなければ問題ないので、分かりやすい原因だといえます。

突然消えるなら故障

突然電源が切れた状態になるのなら、多くの場合は液晶テレビの内部パーツが故障しています。今は電源を入れ直せたとしても、そのうち完全に動かなくなる可能性もあります。

テレビが一瞬止まる原因

映らないテレビに困る男性

一瞬止まる場合は、少しだけアンテナレベルが低くなっているのかもしれません。アンテナレベルは一定ではなく上下するので、普段は大丈夫でも、低くなったタイミングでテレビが一瞬止まってしまいます。もちろん、内部パーツが不調を起こしている場合も、一瞬止まる原因になります。

フリーズしたら?テレビが止まる時の対処法

壊れたテレビとハンマーを持つ人

テレビを分解しなくても、フリーズを解消できる場合があります。難しい方法は紹介していないので、困っているのなら、とりあえずでも試してみてください。

アンテナレベルをチェックする

ソニーのブラビアでも東芝のレグザでも、種類に関係なくアンテナレベルを確認できます。もしも、数値が低かったのなら、それが原因なので、高くするための対策をしましょう。

アンテナレベルを増幅するブースターを使うか、業者にアンテナの調整をしてもらうとよいです。また、ケーブルの外見が大丈夫でも、中身が断線している可能性があるので交換するのもおすすめです。

初期化を試してみる

テレビには出荷状態に戻すための初期化機能が備わっています。内部情報をリセットすることで、直る不具合もあるので試してみましょう。初期化はリモコンから簡単に行えます。

Huluなどのネット番組が止まる時の対処法

テレビを抱える女性

テレビをオンラインに繋いで、HuluやU-next、Netflixなどのネット番組を楽しんでいる方もいますよね。もしも、地デジが問題なく見られるのに、ネット番組だけ見られないなら、契約している回線が原因である可能性が高いです。回線は外部の問題なので、インターネット用の機器を調整しましょう。

回線のスピードを測る

ネット番組はストリーミング形式で配信しているため、ある程度の回線スピードがなければ、途切れ途切れの映像になってしまいます。ネットにはスピードを測れるサイトがあるので、まずはそちらで確認しましょう。

結果をメモしたら、次はHuluやu-next、Netflixの公式ホームページを訪れます。そして、ヘルプページに移動して、推奨環境を確かめてみましょう。そこには必要なスピードが載っているので、その数値と結果を比較してみるとよいです。下回っている場合は、快適に見るのが難しいので、スピードが速いサービスとの契約を考えましょう。

ルーターを再起動させてみる

ルーターが原因でスピードが遅くなっている可能性があるため、再起動を試すのもよいです。電源を切って2分か3分待ち、電源を入れれば再起動は終了です。あとは計測サイトを訪れて、スピードが早くなっていないか確かめましょう。

テレビが止まるのは故障のサイン?買い替え時期は?

テレビのリモコンを持つ女性

対処法を試してみても止まるなら、内部が故障している可能性がとても高いので、新しいテレビの購入を考えましょう。耐用年数は5年といわれているため、それを過ぎているのならば買い替え時期だといえます。

まとめ

リビングでテレビを見る女性

故障かもしれないと思ったとき、保証があるならメーカーや販売店に連絡をして修理を頼みましょう。しかし、保証が切れているのなら、修理費用がとてつもない金額になる可能性があります。そのため、メーカーや販売店に修理を丸投げにするのではなく、事前に見積もりをだしてもらうことが大切です。

もしも、修理費用に納得できなかったら、買い替えを考えたほうがよいです。耐用年数の5年が過ぎているのなら、例え修理したとしても、他の箇所が新たに壊れる可能性があるので注意しましょう。

テレビとリモコン

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる