ネクタイの収納!シワにならない3つの方法とメリット、デメリット

ネクタイの収納に頭を悩ませている家庭は多いのではないでしょうか。上手な収納法でシワになるのを防ぎたいですよね。ネクタイの素材や置く環境に気を付ければシワを防ぎ長持ちさせることができます。これから、3つの収納方法を紹介しますので、参考にしてください。それぞれのメリット、デメリットを把握して、最適と思われる収納方法を選びましょう。

ネクタイの収納(平置き)

平置きされたネクタイ

1つ目の方法は、平置き収納です。ネクタイを販売している店舗と同じ状況です。店舗を訪れて、収納方法を参考にしてみましょう。しかも、専用のカバーを活用すれば、ネクタイに埃が付着したり、シワが発生したりすることを防げます。以下で平置きの優れた点や気になる点をご紹介します。

平置き収納のメリット

平置き収納のメリットとして、ネクタイの生地に対するダメージが少ないことが挙げられます。愛用しているネクタイを長持ちさせたい場合には、平置き収納が適しています。

高級ブランドのネクタイを大切に使い続けたい方におすすめです。また、平置き収納は一目で見やすいところも、大きなメリットです。

平置き収納のデメリット

平置き収納のデメリットは、長時間ネクタイを収納する場合には、折りジワがつきやすくなることです。そのために、平置きにしたままにしないで、こまめにネクタイを着用することがコツです。

頻繁に使うネクタイがあるならば、平置き収納にしましょう。また、定期的にアイロンをかければ、ネクタイの折りジワを予防することができます。さらに、所有しているネクタイの本数が多いと、平置きにした場合に広いスペースが必要になることもあります。

収納スペースを確保できない場合には、あまり適していません。自宅のスペースに応じて、ネクタイの収納方法を選択しましょう。

ネクタイの収納(丸める)

丸めたネクタイ

2つ目は、ネクタイを丸めて収納する方法です。まずは、生地に折り目がつかないように、ネクタイの真ん中で二つに折ります。その後に、余った小剣を大剣の内側に通してから、ネクタイの先端が外側になるように丸める収納方法です。

丸める収納のメリット

ネクタイを丸める収納方法のメリットとして、柄が見やすいので、選びやすいことが挙げられます。忙しい朝など、ネクタイをスムーズに選ぶことができますから、とても便利です。

さらに、ネクタイを丸める方法は、収納場所が少なくて済むこともメリットの一つになっています。ネクタイを収納するスペースが限られている場合におすすめです。

丸める収納のデメリット

丸める収納のデメリットは、ネクタイの生地によってはシワや傷がつきやすくなることですから、気をつけましょう。大切に愛用しているネクタイがあるなら、収納方法について配慮することが大事です。

とりわけシルクなど、デリケートな生地で作られたネクタイは慎重に取り扱うことがポイントになります。ネクタイの生地が傷むことを避けたいなら、ほかの収納方法を選びましょう。

ネクタイの収納(吊るす)

吊るしてあるネクタイ

3つ目は、ネクタイを吊して収納する方法です。ただし、ネクタイを一本ずつかけられるハンガーを使用することがコツです。

一つのハンガーに複数のネクタイを重ねると、取り出しにくいので不便です。また、ネクタイが重なってしまうと、柄を判別することができなくなりますから、選びにくくなってしまいます。

吊るす収納のメリット

一本ずつかけることができるハンガーを利用すれば、お目当てのネクタイをすぐに取り出せますので、利便性の高い収納方法です。しかも、ネクタイを吊すことによって、コンパクトな収納を実現できるというメリットがあります。そのために、省スペースを活用してネクタイを収納したい方にぴったりです。

吊るす収納のデメリット

尚、吊して収納する方法を行いたいなら、ネクタイの素材について吟味する必要があります。

なぜなら、素材の重さによってネクタイの生地が伸びてしまうというデメリットがあるためです。木綿が混じっているネクタイは重みがありますから要注意です。ほかに、ウールが混じっているネクタイも重さがあるので気をつけましょう。

吊している間にネクタイが伸びて、形が崩れてしまう怖れがあるからです。ただし、シルクやポリエステルならば、軽い素材ですからネクタイを吊して収納する方法がぴったりです。素材に応じて、ネクタイの収納方法を区別することはとても重要です。

ネクタイを収納する前の注意点

敷き詰められたネクタイ

ネクタイを長持ちさせたいなら、収納する前に工夫することが重要です。手入れの仕方が間違っていると、ネクタイの劣化が進むからです。ここではネクタイを長く愛用できるためのポイントをご紹介していきます。

陰干しで湿気を取り除こう

まずは、収納する前にネクタイをハンガーに掛けて、陰干しを行いましょう。風通しの良い日陰に、半日以上ハンガーに掛けたまま、ネクタイを干して置く方法はおすすめです。

風を通すことによって、ネクタイの湿気などを取り除くことができるからです。曇りの日は効果が半減しますので、あらかじめ天気予報をチェックしておくことがポイントです。

尚、日当たりの良い場所でネクタイを干すと、紫外線の影響を受けますから注意しましょう。ネクタイが変色する危険性があります。

ネクタイは洗った方がいいの?

また、ネクタイを頻繁に洗うと、生地が傷んでしまいます。糸がほつれたり、ネクタイが色褪せたりしますので、洗濯の回数には配慮しましょう。

洗濯機を使わずに、優しく手洗いをする方法がおすすめです。さらに、外食をした後は、ネクタイに匂いが染みつきやすいので要注意です。

もしもネクタイに付着した匂いが気になる時は、除菌および消臭の効果があるスプレーを使用する方法が適しています。ネクタイに吹き付けるだけで、気になる匂いが取れますから、とても便利です。

ネクタイ保管のコツ

たくさんのネクタイ

ネクタイを保管する場合には、いくつかのコツがありますから把握しておきましょう。

色ごとに分けて保管

まずは、ネクタイを色柄別にそろえる方法がおすすめです。見た目ですぐに分かりますから、ネクタイをスムーズに取り出しやすくなります。

スーツやワイシャツとコーディネートがしやすくなりますので、色柄別にそろえておけば、着替えの時間を短縮できます。赤系統や青系統、黒や水玉など、ネクタイを色柄ごとに分けておきましょう。

季節に合わせるのもGOOD

さらに、季節別でネクタイを保管する方法も便利です。夏は、麻など風通しの良い生地が適しています。冬は保温性が高いウールがぴったりです。

季節感あふれるコーディネートを楽しむことができます。尚、ネクタイは埃や湿気に弱いという特徴がありますので注意しましょう。特に、湿気には気をつけることが重要です。

その理由は、湿気が多いところで保管すると、ネクタイにカビが生えたり、虫がついたりするからです。大事なネクタイを守るためにも、湿気の対策には十分に配慮しましょう。ネクタイを保管する場合には、除湿剤を入れて収納すれば安心です。

ネクタイはデリケートなファッションアイテム

ネクタイはデリケートなアイテムなので、長く愛用するためには収納方法について配慮することが大事です。折りジワがついたり、生地が傷んだりすることを避けたいなら、慎重に取り扱いましょう。

洗濯の回数や、陰干しの方法などについて気をつけることも大切です。ネクタイの生地によって、収納方法を分けることもおすすめです。