クローゼットでやりがちな『NG収納』4選!入れるべきではない物や片付けるコツを解説

きれいなクローゼット

クローゼットは収納するスペースが多いからこそ、空間を上手に使い切れずにものを押し込んでしまいがちです。クローゼット内がものでパンパンだと、湿気や害虫が沸いてしまうかもしれません。今回は、クローゼットのNGな収納方法についてご紹介します。クローゼット内をきれいに保つコツも紹介していますよ。

クローゼットに入れるべきではないものとは

クローゼットの中

クローゼット収納は、扉を閉めてしまえば中が多少汚れていても目立たないのが特徴です。ついいろんなものを詰め込んでしまいがちですが、以下のようなものをクローゼットに仕舞うのはよくありません。

  • 脱ぎたての服
  • 着なくなった服
  • 破れている服
  • 使わない毛布や布団

上記のものは、クローゼット内に湿気を呼び、害虫が発生する原因になります。そのほかのNGな収納方法や、片付けのコツを把握して、クローゼット内の環境を整えましょう。

クローゼットでやりがちな『NG収納』4選!

考え込む女性

クローゼットの中は、整理整頓が疎かになりがち。ついやりがちな、NG行動をご紹介します。

1.衣類を詰め込みすぎ

クローゼットはたっぷり収納できるスペースがあるからこそ、どんどん衣類を詰め込んでしまいがちです。

必要な服を取り出したら、隣の服がハンガーからずり落ちたり、一緒に服が出てきてしまう場合は、衣類を詰め込みすぎている状態。湿気や害虫を防ぐためにも、衣類は詰め込みすぎないように注意してください。

2.とりあえず衣類をかけてしまう

脱いだ衣類や洗濯した衣類を、種類や家族別個に分けることなく、すぐにハンガーにかけてクローゼットに無造作に入れてしまうのはよくありません。

よく使う衣類を決まったクローゼットに収納しておかないと、いざ出かけるときに服を探す手間が発生します。服を探すときに周囲を散らかしてしまうこともあり、散らかった衣類などをクローゼットの中に押し込んでしまうとなると、クローゼットがあっという間に汚れてしまいます。

3.ハンガーから衣類が落ちていても無視

クローゼット内に衣類がたくさんかかっていると、服を取り出した拍子に周辺の服がハンガーから落ちてしまいますよね。それを無視してしまうと、床に服があることにいつの間にか慣れてしまいます。

床にものを置いても大丈夫と思ってしまうと、段ボールや小さなタンスなどを収納してしまい、いつの間にか収納できるスペースのないクローゼットになるかも。

4.収納ボックスになんでも入れる

家の整理整頓ができていないと、急な来客があったとき大きな収納ボックスにものを押し込んでクローゼットに押し込んでしまいがち。お客さんが帰宅した後は、収納ボックスにものを詰め込んだことを忘れてしまっているかもしれません。

また、気を使う相手が家にきた後となると、気疲れして片付けどころではなくなってしまいます。収納ボックスになんでも入れてしまう習慣がある人は、要注意!クローゼットに収納ボックスを押し込むクセがつきやすくなっているかもしれません。

クローゼット内を片付けるコツ

服を選ぶ女性

クローゼットをきれいに片付けるコツは、以下の通りです。

  • 個人のクローゼットを作り、収納する習慣をつける
  • 使わないものはリサイクルへ
  • ものを詰め込みすぎない
  • 頻繁に使う衣類は、取り出しやすい場所に置く

クローゼット内が服や物で充満すると、湿気や害虫の発生確率が上がります。一着服を増やしたら、着ていない服を減らす。急いでいるときであっても、とっさに衣類が取り出せるくらいの余裕を収納スペースに持たせておくことが重要です。

まとめ

たくさん衣類が入っているクローゼット

クローゼット内は、できるだけ整理整頓された状態を保ちましょう。定期的に必要な衣類を見直して入れ替えを行うと、散らかりにくくなりますよ。湿気や害虫の寄り付かない、風通しのよいクローゼットを目指しましょう!

この記事のタイトルとURLをコピーする
きれいなクローゼット

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる