引越しで運気を上げるコツ3選!やってはいけないNG行為まで

体調不良や別離、転職などアクシデントが重なるときは、思い切って引越しをすることで運気が変わる可能性があります。スピリチュアル的には良い引越しは環境を変えることになり、運気アップのひとつの方法と言われています。それでは一体どのような引越しが運気上昇につながるのでしょうか。運気を上げる引越しのコツや避けたい事項について紹介します。

引越しで運気を上げることはできる

引越し準備中の夫婦

そもそも引越しは、新しい土地に移ることにより取り巻く環境も景色も人間関係や職場など多くのことが変化します。環境が変わることにより、今まで抱いていた問題が解決することも実際あるでしょう。また新しい人間関係により、素敵な出会いが訪れる可能性も出てきます。

以前よりも住みやすい土地、気候の場所へと移ることで健康面にプラスに作用するかもしれませんよね。良い引越しをすることは、運気アップに大いにつながると言えます。

大切なポイントは、「良い引越し」をすることです。中には、方角や物件選びを間違った「悪い引越し」になってしまうケースがあるのも確かです。良い引越しをすれば、運気を上げることができるのです。

運気を上げる引越しのコツ

家探しをする家族

1.引越しでの開運は方角や物件選びが重要

運気アップの良い引越しのコツとして、引越す際には移転先の方角や物件を慎重に選ぶことが大切です。建物が新しくて見た目が綺麗というだけで決めてしまうのは良くありません。

いくら近場で新築の物件でも、凶の方角に建っている良くない物件であれば、運気は下がってしまいます。新しさや安値だけに惑わされず、しっかりと方角や物件についても調べるようにしましょう。

2.引越しする日取りもチェック

運気の良い引越しをするならば、昔の暦の六曜を確認して縁起の良い日取りに行動することも大切です。やはり大安に引越すことが最も縁起が良くて安心と言えます。仏滅の引越しは避けたほうが良いでしょう。また先勝は午前中が吉、先負は午後が吉なので、それに合わせて吉の時間に引越すのもひとつです。

3.不用品を捨てること

引越しするにあたって、不用品を捨てて断捨離することも良い運気を取り入れるためには重要です。使わない物や古い汚れた物には邪気が集まりやすくなります。

移転先にもたくさんの不用品を持って行ってしまうと、せっかく良い場所であっても良い気が入れません。旧居において、荷造りの時点でしっかりと断捨離して荷物を少なくしておきます。

運の種類別!引越しのポイント

四つ葉のクローバー

金運を上げたい場合

引越しで金運アップしたいのであれば、引越し先の方角は西か南、もしくは南西が吉です。南西は仕事運が良くなり南はスキルアップできる方角なので、出世して金運も上げるには南や南西に引越すと良いでしょう。西方角は、思いがけない収入が入ってきたり経済的に今よりも豊かになれたりする吉方角とされています。

恋愛運を上げたい場合

恋愛運を上げたい人は、人間関係が円満になる方角に引越したいものです。おすすめの方角としては、北や南東が挙げられます。北方面に引越すと友人関係が良くなり自分の周りに人が集まってきて人付き合いがうまくいきます。

夫婦関係においても、喧嘩なく穏やかで愛情溢れる関係を期待できるのではないでしょうか。また南東方面への引越しは、「縁」に関して運気がアップします。夫婦の縁をより強くすることができます。

方角以外では、バラなどの花を育てることができる庭付きの家に引越して花に囲まれた生活をすることでも恋愛運がアップします。日当たりの良い部屋を選ぶことも大切です。

健康運を上げたい場合

何をするにも体が資本であり、健康運が良くなければ始まりません。運気を上げる引越しをすることで、体調不良が改善されることもあります。健康運アップの鍵を握るチェック項目に、家の間取りが挙げられます。

物件案内の際には、トイレが南西で浴室が東もしくは東南に位置する間取りが理想的です。また階段がある家の場合、できるだけ明るく直線の階段が良いでしょう。間取りは勿論、後からリフォームで変更することもできますが、お金もかかりますし無理なケースもあります。案内の時点で良く見極めておきたいものですね。

また方角的には、北西への引越しが健康運をアップしてくれます。心身共に元気になってやる気もみなぎり、活き活きと充実した暮らしを送ることができる方角です。

運気が下がる!引越しのNG行為とは?

止めている女性

方角に関するNG事項

毎年、すべての人にとって凶とされる方角のことを五黄殺と呼びます。引越しをする際には、その年の五黄殺の方向には行かないように気を付けたいものです。また五黄殺の反対方向を暗剣殺と言い、暗剣殺の方位も引越しは控えたほうが良いですね。

破壊運を持つ「歳破」の方角も調べておきましょう。凶の方角に引越すと、病気や災難、別離といった不運に悩まされることになります。

風水上、良くない物件を選んでしまう

引越すにあたって物件探しをしますが、建物によっては体調不良や不運を引き起こす所もあります。物件案内の際には風水上で良くないとされる点がないかどうかもチェックしておきたいものです。

例えば、周りの建物よりも1つだけ飛び出している高層マンションの上階への引越しは避けましょう。周りよりも高い位置にある部屋で過ごすことで気圧も異なり、精神的に不安定になりがちで不眠などに悩まされやすいとされています。

高層マンションは、大地のパワーを得ることができないというデメリットもあります。線路沿いの物件や、行き止まりに建つ家などもあまり良いとは言えません。住宅街でも最も奥の突き当りに位置する家は、邪気が抜けずに溜まってしまうのです。

過去の環境が良くないのはNG

そのほか、昔に池や墓地があった場所に建っている物件も運気は良くないです。沼地や池などを埋め立てた土地は、スピリチュアルでは地に足が付きにくい場所とされています。実際に、埋め立て地は地震や水害が起きたときに被害に遭いやすいと言えるでしょう。過去の周辺環境を確認することも大切です。

引越し後に運気を上げる細かい工夫

開放感のあるリビング

空間を清潔に保つのが重要

方角や物件を選んで良い引越しができたなら、部屋を清潔に保ち植物を吉方向に置くなどの工夫でさらに運気はアップします。

トイレや浴室などの方角が運気上昇につながると述べましたが、せっかく良い方向にあっても清潔に保てていなければ邪気が滞ってしまいます。水廻りは特に、こまめに掃除をしてすっきりと片付けておきましょう。

また良い運気は玄関から入ってくるので、玄関にたくさん靴を並べているのも良くありません。靴はできれば表からは見えないように、収納スペースに仕舞うのがベストです。

インテリアカラーも意識して

そのほか、どのようなインテリアや家具を置くかも運気上昇に関係してきます。例えば恋愛運をアップしたいのであれば、ピンクのインテリアを取り入れましょう。ピンクのカーテンやソファーなどを置くことで女子力も上がり、夫婦円満になれるはずです。

不眠症やイライラに悩む人は、寝室にブルーを取り入れると良いですし、玄関に黄色のインテリアを置くと金運が上がります。引越した後は運気アップの部屋作りもトライして開運へとつなげたいものですね。

引越しで開運したいなら焦りは禁物です

引越し準備をする女性

引越しするにあたって、吉と凶の事項が分かりました。引越しは言うなれば人生の大きな転機にもなるわけです。

運気を上げるためにも、移転先の場所や物件選びは決して焦らず、慎重に行いたいものですね。不動産の人に聞くのも良いですし、自分自身で物件周辺を歩いて見て回ることも大切です。納得のいく引越しができればきっと、新しい土地で運気もアップするはずです。