セーターの上手な収納方法と型崩れしない畳み方

セーターやニットは、あたたかく冬には定番のアイテムですが、かさばるので収納にはスペースを取られがちです。コンパクトに収納すると折りじわが気になったり、ハンガーにかけてスッキリさせると形が変わってしまうこともあります。そんなデリケートな洋服のセーター類ですが、ポイントを抑えれば、型崩れをおさえて収納できます。畳み方や収納方法をご紹介します。

セーターは畳んで収納する

キレイに畳まれたセーター

セーターはハンガーにかけると、セーターの重さで伸びてしまったり、型崩れしてしまうので、畳んで収納することをおすすめします。

シワが付きやすいデリケートな衣類ですが、正しい畳み方で収納すれば、セーターにダメージを与えずに、キレイに着ることができます。シワが付きやすいので、ざっくりとふんわり畳むようにしますが、厚みが出る素材なので、畳み方には工夫が必要です。

重なる部分を少なくして、できるだけ厚みが出ないように意識した畳み方だとボリュームを抑えられ、収納がしやすくなります。

セーターの胸元にシワを残さないたたみ方

ピンク色のセーター

  1. セーターを後ろ向きに広げて置き、シワを伸ばします。襟の形が見えるように畳みましょう。畳みはじめる前に、全体を軽く伸ばして、網目を整えてください。
  2. 収納するケースの幅に合わせ、両端を内側に折り、畳み上りが四角い形になるよう、左右のラインはまっすぐに揃えます。
  3. 長さも収納するケースに合わせて、裾のほうから上に向けて折っていき、表に返して形を整えます。タートルセーターは最後に、首部分を手前に折曲げます。

ポイント

薄手のセーター、ニット類など、折りじわが目立ちやすいものは、畳むとき間にタオルや上質紙を入れると、シワが軽減でき、形がキレイになります。また、収納する洋服はできるだけコンパクトにしたいので、手で押さえながら空気を追い出すようなイメージで畳んでみて下さい。

セーターの上手な収納方法

ケースに入れたセーター

立てて収納

浅い引き出しに立てて収納すると、シワになりにくく素早く取り出せます。平たく四角く畳んだ最後に、くるくると丸めると立てて収納できます。引き出しの中に、ぎゅうぎゅうに詰め込むと、シワになりまので余裕をもって収納しましょう。

吊り下げホルダーを使う

セーターやニットの収納には、吊り下げホルダーがとても便利です。クローゼットのポールに簡単に固定できて、ホルダーのマスの中にそれぞれ収納できます。この時も、詰め込みすぎずに余裕を持たせて収納してくださいね。

そして、生地の柔らかいセーターと硬いセーターで分けて、もし1つのマスに重ねる時は、軽く柔らかいものを上に、厚く硬いセーターを下にして収納してください。

出典:amazon.co.jp
東和産業
東和産業 吊り下げ 衣類ラック クローゼット 奥行38cm 取り付け簡単 HOME CODE
¥ 1,642(税込)
Amazonで見る

深型の引き出しに収納

深型の引き出しや収納ボックスに積み上げて収納する時は、重みで下に置いたものがつぶれてしまうことがあります。ふんわりした素材や、湿気に弱いウールやカシミヤの天然素材は、つぶれやすいので上に置くようにしまいましょう。

出典:amazon.co.jp
天馬(Tenma)
天馬 衣装ケース フィッツケース 押入れ用 ロング カプチーノ 幅39×奥行74×高さ23cm
¥ 2,351(税込)
Amazonで見る

ハンガーを使う場合のかけ方

ロングカーディガンなどはハンガーにかけるのがおすすめですが、ジャケットのようにかけると型崩れしてしまいます。そこで、畳むときと同じように身頃と袖を折りたたんだ状態で、縦に半分折りにして、ハンガーに掛ける方法があります。

または、縦に袖を重ねるよう真ん中で2つ折にします。脇の部分を中心に合わせて、脇の下にハンガーが当たるよう、おおうようにかける方法もおすすめです。

オフシーズンは圧縮袋を利用

シーズンが終わったセーターは、キレイに畳んで圧縮袋に入れて、押し入れなどで保管するのが良いでしょう。ボタンやファスナーが付いているものは、内側に来るように畳み、空気を抜いて入れてください。また、洋服を裏返すことで、縫い代部分が外側になり、よりコンパクトに畳めます。

出典:amazon.co.jp
ラッキーシップ(Lucky-ship)
【Amazon.co.jp限定】 衣類圧縮袋 Mサイズ 5枚組 (Bon Voyage)日本製
¥ 799(税込)
Amazonで見る

セーターを収納する時の注意点

畳まれた複数のセーター

ボリュームの出やすいセーターでも、重なる部分が少なくなるように畳むと厚みをおさえられますが、かさばるのを防ぐために押しつぶさないよう注意して下さい。

また、収納する際は、湿気と虫食い対策を行いましょう。汚れが残っているとシミや虫食いの原因になるので、オシャレ着洗いやクリーニングでキレイにして、防虫剤や防湿剤と一緒に収納してくださいね。

まとめ

子供用のセーター

ハンガーにかけると、形が変わってしまいやすいセーターですが、ハンガーのかけ方で、型崩れも防止でき、クローゼットにコンパクトにかけられるのですね。

引き出し収納だと、折りじわが気になりますが、ふんわりと空気を抜くように畳んだり、重ねる順番を工夫すれば、折りじわも気にならずに収納できます。オフシーズンの時は、防虫・防湿対策をしっかりとして収納しましょう!

畳まれた4着のセーター

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる