五黄殺は大凶!不幸を呼ぶ方位の影響と災い回避の方法

五黄殺(ごおうさつ)は最悪の災いをもたらす方位だといわれています。五黄殺の方位に引っ越すと運が悪くなり病気や怪我をしたり財産を失ったり人間関係にトラブルがおきたり様々な凶作用がでてくるといわれていますが回避する方法はあります。今回は五黄殺とは何か?五黄殺の影響と災いの回避方法などをご紹介させていただきます。

五黄殺とは?

気学

五黄殺(ごおうさつ)は大凶の方位

九星気学(きゅうせいきがく)という占いにおいて五黄殺は大凶の方位とされています。

五黄殺は最悪の災いをもたらす方位で腐敗・破壊・暴力・犯罪・死などを引き寄せ、大きな事故や重い病気など大きな不幸がおきるといわれています。九星気学は方位盤を使って占いますが、方位盤で五黄土星の入っている方位が五黄殺になります。

もともと九星気学では、方位盤で位置を見るとわかりやすいと思いますが、真ん中に中宮があり、中宮の周りに八つの宮が囲み、一年ごとに一つずつ移動します。五黄殺の正反対側の方位は暗剣殺といわれ五黄殺と同じ大凶方位です。

五黄殺と暗剣殺は2大凶方位といわれています。五黄殺は生年月日に関係なく誰にとっても最悪の大凶の方位で何をやってもうまくいかず自滅する方位になります。

ただし、五黄殺は方角にだけ凶作用しますので五黄殺の方角に移動しなければ問題ありません。もし五黄殺の方角に旅行の予定や引越しの予定があるならば、五黄殺が無い時期に変更しましょう。
尚、方位とは自宅からの方位で自分が寝ている場所から方位を調べましょう。

五黄殺の方位の調べ方

その年の五黄殺の方位や吉・凶方位を調べるには九星気学による方位盤を見ればすぐわかります。

スマホでは九星気学の方位盤がわかるアプリが出ていますし、インターネットのGoogle検索などで「五黄殺 2020」と入力すると2020年の五黄殺の方角について書かれているサイトがたくさん出てきますので参考にしてみてください。

五黄殺の影響はどんな事があるの?

交通事故

五黄殺の気は腐敗・破壊・暴力・犯罪

五黄殺は自分のせいで災いがおこります。五黄殺の災難はじわじわ時間をかけておきていきますので自分では気づかないうちにすでに災難は始まっています。

五黄殺の怖いところは最初のうちはものごとがスムーズに運び運が良くなったように感じることが多いため、実際はその裏で災いがゆっくり始まっていることにまったく気がつかないことです。

5年くらいたって災難が起こっていることに気がついたときは既にどろ沼にはまっている状態で必死に抜け出そうと思ってあがけばあがくほど沈んでいくのが五黄殺の怖いところです。

五黄殺の基本的な凶作用

  • 財産を無くす
  • 借金地獄にはまる
  • 社会的信用を無くす
  • 事業に失敗する
  • 受験を失敗する
  • 自然災害や火事で家や財産を失う
  • 自分が原因で離婚や一家離散する
  • 命に関わる大病や大事故をする
  • 後遺症が残るほどの大きな怪我をする
  • 精神が病んでくる

五黄殺の方角に移動しなくても移動を計画しただけでも災難がやってきます。そして自分ではまったく意図していなことや偶然の巡りあわせでなぜか五黄殺の方位にきてしまったということもあります。

五黄殺は最悪の大凶の方角ですので、引越し、旅行、結婚式、マイホームの購入、開業、独立、お店の移転、などは絶対やってはいけないといわれています。

五黄殺でやってはいけないこと

足の怪我

引越し

五黄殺の大凶の運気は方位だけに影響しますので、五黄殺の方向を避けることでトラブルから回避できます。例えばその年の五黄殺の方位が南だとしたら南に引っ越してはいけません。それ以外の方位は大丈夫です。

でも、引越し先をどうしても変更できずに五黄殺の方位になってしまった場合は、全ての運気が悪くなり、知らない間、忘れた頃に災いがじわじわやってきますので注意が必要です。五黄殺は節分の時期に方位がかわりますので、それまで引越しをしないことをおすすめします。

引越しによるトラブル例

ご近所付き合いでトラブルがおきる、火災にあう、自分の評判が悪くなる、財産を無くす…など

旅行

五黄殺の方角に旅行すると事故や病気、災難にあうといわれています。どうしても行かなくてはいけない場合の対処法として、自分の自宅から見て良い運気の方角にいったん移動し、1時間ほど過ごした後、旅行先に行けば大凶作用はおこらないそうです。また、五黄殺の方角から自宅に帰る方角は気にしなくても大丈夫です。

旅行によるトラブル例

旅行先で病気になる、事故にあう、一緒に行った人と喧嘩になる…など

転職

五黄殺は方角のみに災いがおきますので転職する行為には問題はありませんが、転職先の会社が五黄殺の方角の場合、転職はおすすめしません。転職して初めてのころは仕事も人間関係も順調にいくかもしれませんが、そのうちじわじわと悪い状況になっていきます。

転職によるトラブル例

仕事で大きな失敗をする、職場の人間関係が悪くなる、病気や怪我をする…など

結婚

結婚そのものに関しては何も問題はありませんが、結納、結婚式、新婚旅行、新居など結婚に関わる場所を五黄殺にしないよう注意しましょう。

結婚によるトラブル例

結納で揉め事がおこる、結婚が破談になる、結婚式のトラブル、夫婦仲が悪くなる、離婚するなど…

五黄殺を回避する方法

方位盤

五黄殺の方位に絶対行かない

1番の回避方法は五黄殺の方位に絶対行かない、行く計画を立てないなどで、徹底して五黄殺の方位を避けることです。とは言え、仕事や用事などで五黄殺の方位に行かなければならないことは当然あると思いますので、その時のために「吉方位取り」で回避する方法をご紹介いたします。

吉方位取りで五黄殺を回避

カメラ女子

吉方位取りとは、吉の方位で良いエネルギーを体に取り込み運気を上げることで五黄殺の大凶作用を回避する方法です。

吉方位取りは、一人で自宅から吉方角の場所に移動し、その場所で最低2時間ほど滞在します。滞在後は自由に帰宅してOKです。

吉方位取りのポイント

  • 必ず一人で行います。
  • 方位とは自宅からの方位です。
  • 出発する時間は午前中6時~11時の間がおすすめです。
  • 自宅から出発します。
  • 滞在場所は吉の方位であればどこでもOKです。
  • 最低2時間は滞在してください。理想は6時間以上で宿泊もおすすめです。
  • 吉方位の場所に行く際の経由地は吉方位取りとは関係ありませんので考えなくてOKです。
  • 吉方位の場所の理想は自宅から直線距離で20km以上離れている場所です。自宅から遠ければ遠いほど効果は高いですが近くても効果は十分ありますので大丈夫です。
  • 滞在する場所は屋外・屋内どちらでもかまいません。リラックスできる、ゆっくり休める、好きな場所、癒される場所にします。

吉方位取りは1ヶ月に1回がベストですが、少なくても年3回ほど実践しましょう。1回の吉方位取りの効果は90日~120日ほどです。

吉方位取りは、場所・土地のエネルギーを取り入れるのでは無く、方位の吉作用を取り入れて開運や運気をアップさせますので、場所がパワースポットであるかは関係ありません。滞在場所としてファミレス、散策、温泉、スパ、美術館などが人気のようです。

吉凶方位の利用の注意点

大凶印

九星気学の吉方位や凶方位を知って事前に災難から回避することができれば良いですが、あまりに神経質になりすぎると外出先でも方位が気になって自由に行動できない、家族との外出も方位を優先して喧嘩になる、などの問題が続けば精神的なストレスになってしまいますので注意しましょう。家族の健康や幸せを願って吉凶方位を守っているのに逆に病気になったら意味ないですよね。

まとめ

方位盤

五黄殺はやっぱり怖いですね。最初は運が良くなったと思わせて「最近運が悪いかも…」と思った時にはもう遅い!災難でがんじがらめになってもがいても助からない。まさにあり地獄ですね。

でも凶方位が全て災いを及ぼすとは言い切れません。たとえば、宝くじは吉方位で買うと当たるといのが基本ですが凶方向で当たったという人もたくさんいていったいどっちなんだろ?と思うこともありますが、その時に自分が持つパワーによって差が出てくるのかもしれませんね。

とはいえ、災いからは身を守る必要がありますので吉方位取りを取り入れながら上手に九星気学を利用しましょう。

CATEGORY記事カテゴリ

すべてみる